練馬春日町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
練馬春日町駅
Nerimakasugacho-Sta-A2.JPG
A2番出入口(2008年10月)
ねりまかすがちょう
Nerima-kasugacho
E 36 豊島園 (1.5 km)
(1.4 km) 光が丘 E 38
所在地 東京都練馬区春日町三丁目29-25
北緯35度45分4秒 東経139度38分27.8秒 / 北緯35.75111度 東経139.641056度 / 35.75111; 139.641056座標: 北緯35度45分4秒 東経139度38分27.8秒 / 北緯35.75111度 東経139.641056度 / 35.75111; 139.641056
駅番号 E37[1]
所属事業者 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 [1]大江戸線
キロ程 39.3 km(都庁前起点)
電報略号 練春(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
23,110人/日
-2019年-
開業年月日 1991年平成3年)12月10日
テンプレートを表示

練馬春日町駅(ねりまかすがちょうえき)は、東京都練馬区春日町三丁目にある、東京都交通局都営地下鉄大江戸線である。駅番号E 37。仮の駅名は「春日町」だった[2]

同駅地上の環八交差点は地上道路から富士山が望めるスポットとして知られ、練馬区の「とっておきの風景」にもリストアップされている[3]

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の地下駅

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 E 都営大江戸線 都庁前六本木(都庁前のりかえ)飯田橋方面
2 光が丘ゆき

(出典:都営地下鉄:駅構内図

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員23,110人乗車人員:11,591人、降車人員:11,519人)である[5]

開業以降の1日平均乗降・乗車人員推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[6]
年度 1日平均
乗降人員[7]
1日平均
乗車人員[8]
出典
1991年(平成03年) 2,611 [* 1]
1992年(平成04年) 2,890 [* 2]
1993年(平成05年) 3,030 [* 3]
1994年(平成06年) 3,148 [* 4]
1995年(平成07年) 3,063 [* 5]
1996年(平成08年) 3,132 [* 6]
1997年(平成09年) 3,679 [* 7]
1998年(平成10年) 5,496 [* 8]
1999年(平成11年) 5,861 [* 9]
2000年(平成12年) 6,619 [* 10]
2001年(平成13年) 7,345 [* 11]
2002年(平成14年) 15,161 7,688 [* 12]
2003年(平成15年) 16,236 8,194 [* 13]
2004年(平成16年) 16,931 8,534 [* 14]
2005年(平成17年) 17,617 8,905 [* 15]
2006年(平成18年) 18,067 9,116 [* 16]
2007年(平成19年) 18,560 9,370 [* 17]
2008年(平成20年) 18,721 9,463 [* 18]
2009年(平成21年) 18,365 9,268 [* 19]
2010年(平成22年) 18,415 9,280 [* 20]
2011年(平成23年) 18,575 9,368 [* 21]
2012年(平成24年) 19,217 9,665 [* 22]
2013年(平成25年) 19,943 10,033 [* 23]
2014年(平成26年) 20,478 10,279 [* 24]
2015年(平成27年) 20,892 10,481 [* 25]
2016年(平成28年) 21,535 10,794 [* 26]
2017年(平成29年) 22,260 11,161 [* 27]
2018年(平成30年) 23,000 11,537 [* 28]
2019年(令和元年) 23,110 11,591 [* 29]

駅周辺[編集]

周辺は閑静な住宅街である。近くの富士街道沿いに尾崎豊が幼少期に過ごした木造平屋や彼がよくギターを弾き語りした通称「ボロ公園」があった。

バス路線[編集]

駅付近に練馬春日町駅練馬春日町駅東のバス停が存在する。

練馬春日町駅
練馬春日町駅東

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

東京都交通局(都営地下鉄)
E 都営大江戸線
豊島園駅 (E 36) - 練馬春日町駅 (E 37) - 光が丘駅 (E 38)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  2. ^ 「ニューエスト」東京都区分地図(昭文社)1988年1月発行版巻頭の地下鉄路線図より。
  3. ^ 公益財団法人練馬区環境まちづくり公社みどりのまちづくりセンター「とっておきの風景」。
  4. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月6日閲覧。 
  5. ^ 各駅乗降人員一覧 - 東京都交通局
  6. ^ 練馬区統計書 - 練馬区
  7. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  8. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]