富士街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富士街道

富士街道(ふじかいどう)とは、東京都練馬区から西東京市に至る道路の通称である。

構成路線[編集]

Japanese Route Sign Number 8.svg
東京都道8号標識

なお公的に設定されたものではないが、東京都道311号環状八号線(環八)板橋区の北町若木トンネル(旧川越街道との交差部を起点に、「下練馬の大山道道標」あり)から都営大江戸線練馬春日町駅付近、および東京都道441号池袋谷原線の練馬春日町駅付近から谷原交差点までが富士山が見える叉路に因み以前から歴史に定着した名称の「富士街道」と呼ばれている(後述)。

沿革[編集]

  • 1962年(昭和37年)4月25日 - 現在の富士街道を含む東京都道8号線の全線に目白通りの通称が設定される[1]
  • 1984年(昭和59年)5月1日 - 通称道路の改定が行われ、谷原交差点から西武柳沢駅付近までが富士街道と設定される。なお目白通りは谷原交差点から関越自動車道起点まで延長された。[2]

都市計画[編集]

石神井公園駅付近のみ練馬区画街路第4号線および第7号線となっている。

歴史[編集]

かつて下練馬村川越街道から分かれ(現在の北町若木トンネル上)、府中宿へ向かう往来が「ふじ大山道」、「富士街道」、「行者街道」の名で呼ばれるようになった。由来は相模国大山にある大山阿夫利神社富士山への参詣者が通ったことによる。ふじ大山道は江戸時代の呼称で、明治期からは富士街道と称された。現在も「下練馬の大山道道標・東高野山道標」(1753年,宝暦3年)が富士街道の起点、旧川越街道との交差部に置かれている。

参考文献[編集]

  1. ^ 東京都通称道路名設定公告(1962年4月25日)整理番号18
  2. ^ 『東京都通称道路名設定委員会報告書』東京都、1984年、101頁。

外部リンク[編集]