門前仲町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
門前仲町駅
3番出入口(2007年10月)
3番出入口(2007年10月)
もんぜんなかちょう
Monzen-nakacho
東京都江東区門前仲町一丁目4-8(東京メトロ)
北緯35度40分19.1秒
東経139度47分44.8秒

東京都江東区門前仲町二丁目5-2(東京都交通局)
北緯35度40分21.9秒
東経139度47分42.3秒
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
東京都交通局都営地下鉄
電報略号 モセ(東京メトロ)
門(東京都交通局、駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線(東西線)
1面2線(大江戸線)
乗降人員
-統計年度-
(東京メトロ)119,245人/日
(東京都交通局)87,957人/日
-2017年-
開業年月日 1967年昭和42年)9月14日
乗入路線 2 路線
所属路線 東京メトロ東西線
駅番号 T 12
キロ程 13.8km(中野起点)
T 11 茅場町 (1.8km)
(1.1km) 木場 T 13
所属路線 都営地下鉄大江戸線
駅番号 E 15
キロ程 14.5km(都庁前起点)
E 14 清澄白河 (1.2km)
(1.4km) 月島 E 16
備考 駅務管区所在駅(東京都交通局)
テンプレートを表示

門前仲町駅(もんぜんなかちょうえき)は、東京都江東区門前仲町にある、東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局都営地下鉄)のである。東京メトロの駅は門前仲町一丁目に、都営地下鉄の駅は門前仲町二丁目にある。

東京メトロの東西線と、都営地下鉄の大江戸線が乗り入れ、接続駅となっている。駅番号は東西線がT 12、大江戸線がE 15である。

歴史[編集]

  • 1967年昭和42年)9月14日 - 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)東西線の駅が開業。
  • 1999年平成11年)3月 - コンコース拡幅、乗換連絡通路新設等の東西線駅改良工事に着手[1]
  • 2000年(平成12年)12月12日 - 都営地下鉄大江戸線の駅が開業し、乗換駅となる[2]
  • 2001年(平成13年)3月 - 東西線の駅改良工事が完成。総工費約23億5000万円[1]
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄民営化に伴い、東西線の駅は東京メトロに継承。
  • 2014年(平成26年)3月15日 - ICカード利用者に対して、他方の改札内を通過可能にするサービスを開始[3]

駅構造[編集]

東京メトロ[編集]

中柱のある相対式ホーム2面2線を有する地下駅

改札口は2か所で、茅場町寄りにエスカレーターと大江戸線への連絡改札口・連絡通路が設置されている。また、エレベーターは4番出口に直結するビルとコンコースを連絡している。

大江戸線との乗り換え客で2番線ホームの中野寄りが混雑しているため、緩和策として2008年9月28日から停止位置目標を中野寄りに5m移動させた。さらに、木場寄りの改札口とホームを連絡するエレベーター設置工事と、ホーム中央部分を拡幅する工事が予定されている[4]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 T 東西線 浦安西船橋津田沼東葉勝田台方面
2 日本橋大手町中野三鷹方面

都営地下鉄[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅。

他の大江戸線の駅によく見られるように改札口は1か所のみの設置であるが、東西線の連絡改札が方面別に各1か所ずつある。

門前仲町駅務管区門前仲町駅務区として、勝どき駅 - 蔵前駅間を管理している(蔵前駅は大江戸線側のみ)。傘下に浅草線浅草橋駅 - 押上駅間を管轄する浅草橋駅務区を持つ[5]。なお、大門駅務管理所門前仲町駅務区だった当時は汐留駅 - 森下駅間を管理していた。

定期券発売所・定期券自動券売機設置駅である。

改札階とホームとの間は階段のほかエスカレーター・エレベーターで連絡している。地上とコンコースを連絡するエレベーターは、両国寄りの出口(赤札堂の近く)にある。

トンネルの壁パネルは青と白の2色で、駅名標周囲は江戸文字の角字で「門前仲町」の4字を配置している[6]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 E 都営大江戸線 両国上野御徒町春日方面
2 大門六本木新宿方面

利用状況[編集]

年度別1日平均乗降人員[編集]

近年の1日平均乗降人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降人員[乗降データ 1]
年度 営団 / 東京メトロ 都営地下鉄
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
2000年(平成12年) 96,231
2001年(平成13年) 97,985 1.8%
2002年(平成14年) 99,496 1.5%
2003年(平成15年) 99,533 0.0% 59,732 6.5%
2004年(平成16年) 98,286 −1.3% 58,290 −2.4%
2005年(平成17年) 99,196 0.9% 60,719 4.2%
2006年(平成18年) 103,372 4.2% 64,926 6.9%
2007年(平成19年) 106,733 3.3% 70,612 8.8%
2008年(平成20年) 106,578 −0.1% 72,998 3.4%
2009年(平成21年) 104,586 −1.9% 72,127 −1.2%
2010年(平成22年) 105,082 0.5% 72,800 0.9%
2011年(平成23年) 104,200 −0.8% 71,671 −1.6%
2012年(平成24年) 108,065 3.7% 75,400 5.2%
2013年(平成25年) 109,613 1.4% 77,756 3.1%
2014年(平成26年) 110,958 1.2% 80,043 2.9%
2015年(平成27年) 115,822 4.4% 84,431 5.5%
2016年(平成28年) 117,697 1.6% 86,178 2.1%
2017年(平成29年) 119,245 1.3% 87,957 2.1%

年度別1日平均乗車人員(1967年 - 2000年)[編集]

年度別1日平均乗車人員
年度 営団 都営地下鉄 出典
1967年(昭和42年) [備考 1]14,719

[東京都統計 1]
1968年(昭和43年) 16,978 [東京都統計 2]
1969年(昭和44年) 24,857 [東京都統計 3]
1970年(昭和45年) 29,510 [東京都統計 4]
1971年(昭和46年) 31,134 [東京都統計 5]
1972年(昭和47年) 31,751 [東京都統計 6]
1973年(昭和48年) 33,121 [東京都統計 7]
1974年(昭和49年) 35,959 [東京都統計 8]
1975年(昭和50年) 37,347 [東京都統計 9]
1976年(昭和51年) 38,726 [東京都統計 10]
1977年(昭和52年) 40,893 [東京都統計 11]
1978年(昭和53年) 40,871 [東京都統計 12]
1979年(昭和54年) 40,937 [東京都統計 13]
1980年(昭和55年) 42,219 [東京都統計 14]
1981年(昭和56年) 43,707 [東京都統計 15]
1982年(昭和57年) 44,726 [東京都統計 16]
1983年(昭和58年) 45,721 [東京都統計 17]
1984年(昭和59年) 47,378 [東京都統計 18]
1985年(昭和60年) 47,868 [東京都統計 19]
1986年(昭和61年) 49,005 [東京都統計 20]
1987年(昭和62年) 50,415 [東京都統計 21]
1988年(昭和63年) 48,403 [東京都統計 22]
1989年(平成元年) 46,882 [東京都統計 23]
1990年(平成02年) 47,151 [東京都統計 24]
1991年(平成03年) 47,434 [東京都統計 25]
1992年(平成04年) 48,014 [東京都統計 26]
1993年(平成05年) 48,307 [東京都統計 27]
1994年(平成06年) 46,896 [東京都統計 28]
1995年(平成07年) 45,426 [東京都統計 29]
1996年(平成08年) 44,970 [東京都統計 30]
1997年(平成09年) 44,633 [東京都統計 31]
1998年(平成10年) 44,874 [東京都統計 32]
1999年(平成11年) 43,511 [東京都統計 33]
2000年(平成12年) 44,216 [備考 2]16,773 [東京都統計 34]

年度別1日平均乗車人員(2001年以降)[編集]

近年の1日平均乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員[乗降データ 2]
年度 営団 /
東京メトロ
都営地下鉄 出典
2001年(平成13年) 49,318 23,808 [東京都統計 35]
2002年(平成14年) 49,444 26,737 [東京都統計 36]
2003年(平成15年) 48,740 28,533 [東京都統計 37]
2004年(平成16年) 48,299 29,266 [東京都統計 38]
2005年(平成17年) 48,586 30,452 [東京都統計 39]
2006年(平成18年) 50,370 32,529 [東京都統計 40]
2007年(平成19年) 52,686 35,342 [東京都統計 41]
2008年(平成20年) 52,912 36,600 [東京都統計 42]
2009年(平成21年) 51,942 36,095 [東京都統計 43]
2010年(平成22年) 52,110 36,493 [東京都統計 44]
2011年(平成23年) 51,879 36,036 [東京都統計 45]
2012年(平成24年) 53,505 37,715 [東京都統計 46]
2013年(平成25年) 54,405 38,899 [東京都統計 47]
2014年(平成26年) 55,068 40,010 [東京都統計 48]
2015年(平成27年) 57,464 42,231 [東京都統計 49]
2016年(平成28年) 58,427 43,073 [東京都統計 50]
2017年(平成29年) 43,878
備考
  1. ^ 1967年9月14日開業。開業日から翌年3月31日までの計200日間を集計したデータ。
  2. ^ 2000年12月12日開業。開業日から翌年3月31日までの計110日間を集計したデータ。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

路線バス[編集]

門前仲町[編集]

3番出口付近のマクドナルド前に降車停留所が設置されている。

門前仲町二丁目[編集]

  • 乗り場は一か所(清澄通り南行・首都高速高架下)

水上バス[編集]

八丁堀[編集]

当駅4番出入口から東京水辺ライン越中島発着場は徒歩約10分、駅南方の相生橋の手前の隅田川沿いにある。

建設時のエピソード[編集]

1967年6月11日、当駅の工事現場にて防空壕の跡が発見され、そこには抱き合った親子の遺骨があった。遺骨は東京大空襲の犠牲者のもので、付近からは最終的に大人4人と子供2人の計6人の遺骨が発見された。手にしていた位牌の文字から身元が判明し、遺骨は後に遺族に引き取られた。

隣の駅[編集]

東京地下鉄
T 東西線(東陽町以西は全列車が各駅に停車)
茅場町駅 (T 11) - 門前仲町駅 (T 12) - 木場駅 (T 13)
東京都交通局
E 都営大江戸線
清澄白河駅 (E 14) - 門前仲町駅 (E 15) - 月島駅 (E 16)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 帝都高速度交通営団史』 東京地下鉄株式会社、2004年12月、234頁。
  2. ^ “平成12年12月12日 地下鉄大江戸線全線開業!”. 江東区報 (江東区): p. 1. (2000年12月1日号) 
  3. ^ 門前仲町駅で改札通過サービスがご利用いただけるようになります 平成26年2月27日 東京都交通局 東京メトロ
  4. ^ “平成23年度(第8期)事業計画 主な項目” (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2011年3月30日), http://www.tokyometro.jp/corporate/profile/scheme/pdf/plan_h23_2.pdf 2012年1月18日閲覧, "p.4 東西線の混雑緩和、遅延防止を図ります。 門前仲町駅の改良(ホームの拡幅)" 
  5. ^ 東京都交通局駅務管区処務規程
  6. ^ ジャパンデザインネット「JDNリポート」門前仲町駅

出典[編集]

地下鉄の1日平均利用客数
地下鉄の統計データ
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]