市ケ谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市ケ谷駅
外濠北側からのJR市ケ谷駅遠景(2005年7月)
外濠北側からのJR市ケ谷駅遠景(2005年7月)
いちがや - Ichigaya
所在地 東京都千代田区新宿区
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
東京地下鉄(東京メトロ・駅詳細
東京都交通局駅詳細
テンプレートを表示

市ケ谷駅(いちがやえき)は、東京都千代田区新宿区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局都営地下鉄)のである。

JR東日本と東京メトロの駅は「市谷」、都営地下鉄の駅は「市谷」と表記する。

所在地は、JR東日本が千代田区五番町、東京メトロが新宿区市谷田町一丁目、都営地下鉄が千代田区九段南四丁目である。

乗り入れ路線[編集]

JR東日本のほか、東京メトロと都営地下鉄による地下鉄各線が乗り入れ、接続駅となっている。

JR東日本の駅に乗り入れている路線は中央本線であるが、当駅には緩行線を走る中央・総武線各駅停車のみが停車する。また、特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属する。

地下鉄は、次の3路線が乗り入れており、各路線ごとに駅番号が付与されている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

当駅は3社局が乗り入れる駅であり、日本でも当駅だけの3社局全相互間の連絡改札口がある。東京メトロ - JR東日本間の連絡改札口はJR東日本の管理、都営地下鉄⇔東京メトロ・JR東日本間の連絡改札口は都営地下鉄の管理である。いずれも乗り継ぎ自動精算機が設置されている。

連絡改札自動化の実験として、2枚連続投入式(重ねて同時に投入するのではなく1枚ずつ続けて投入)の改札機の実用試験がJR東日本によって行われ、そのまま本採用となった(のちに更新されている)。また、東京都交通局 - 東京メトロ間の連絡改札口に自動乗り継ぎ精算機が設置されたのは当駅が最初である。

2013年3月16日より、都営地下鉄⇔東京メトロ間の連絡改札口を経由して相手方の駅構内を通過できる、駅構内通過サービスが導入された[1][2]

JR東日本[編集]

JR 市ケ谷駅
いちがや - Ichigaya
飯田橋 (1.5km)
(0.8km) 四ツ谷
所在地 東京都千代田区五番町2-1
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央・総武線(各駅停車)
(正式には中央本線
キロ程 5.8km(東京起点)
千葉から41.9km
電報略号 イチ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
60,673人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1895年明治28年)3月6日
備考 みどりの窓口
山区 東京山手線内東京都区内
テンプレートを表示

島式ホーム1面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。出口は新宿寄りに1か所ある。他に地下鉄各線への乗り換え口がある。

ホームは外濠の真横にあり、外濠には釣り堀もある。とくにが満開となる時期の景観は美しい。

2009年1月頃から、案内サインが新しいものに更新されている(目白駅と同時に実施)。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 中央・総武線(各駅停車) 西行 新宿中野三鷹立川高尾方面
2 東行 御茶ノ水東京両国千葉方面

(出典:JR東日本:駅構内図

現地では上記のように案内されているが、三鷹以西ならびに東京駅への直通は早朝・深夜のみであり、それ以外の時間帯は四ツ谷駅や御茶ノ水駅で中央線快速への乗換が必要となる。


東京メトロ[編集]

東京メトロ 市ケ谷駅
いちがや - Ichigaya
所在地 東京都新宿区市谷田町一丁目先
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
電報略号 イチ
駅構造 地下駅
ホーム 各1面2線(計2面4線)
乗降人員
-統計年度-
139,608人/日
-2015年-
開業年月日 1974年昭和49年)10月30日
乗入路線 2 路線
所属路線 Y 有楽町線
駅番号 Y 14
キロ程 17.5km(和光市起点)
Y 13 飯田橋 (1.1km)
(0.9km) 麹町 Y 15
所属路線 N 南北線
駅番号 N 09
キロ程 8.9km(目黒起点)
N 08 四ツ谷 (1.0km)
(1.1km) 飯田橋 N 10
テンプレートを表示

有楽町線、南北線それぞれに島式ホーム1面2線を有する地下駅で、有楽町線のホームには可動式ホーム柵が、南北線のホームにはフルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。構内に南北線 - 有楽町線間の連絡線が存在し、南北線および同線に乗り入れる埼玉高速鉄道の車両が、検査綾瀬工場などへ回送される際に使用される。半蔵門線用車両の更新工事では、東京急行電鉄各線と南北線を経由し、この連絡線を介して新木場CRへ回送する際にも用いられている。なお、当該連絡線設置に伴い2番線の停止位置目標は麹町側に移動した。

有楽町線の池袋方向に留置線(旧・二代目飯田橋検車区)があり、2008年6月14日のダイヤ改正以前に設定されていた当駅終着・始発列車が入線していた。

南北線 - 有楽町線間の連絡線部分には南北線用の留置線が5本あり、収容力が低く、5編成しか留置できない王子検車区を補完している。そのため始発列車が設定されている。また、埼玉スタジアム2002でのサッカー試合(主に日本代表戦)開催時に浦和美園発当駅終着の臨時列車が運転されることがある。

南北線ホームのエレベーターはホームの四ツ谷側端部に設置されているが、本来8両編成分のホームのうち飯田橋側6両分を使用しているため、エレベーターまでの部分は最低限の整備を施した仮設ホーム上を通行する(他駅などの通常の仮設ホーム部はホームドアが設置されていないが、ここでは設置されている)。

有楽町線のりばと南北線のりばを結ぶ連絡通路には、JR中央線と都営新宿線の乗り換え口側に動く歩道が設置されている。

南北線のコンコース中央には「江戸歴史散歩コーナー」と称するミニ博物館が設置されており、同線建設工事の際に発掘された石材を使って復元された石垣がある。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 Y 有楽町線 永田町有楽町新木場方面
2 池袋和光市森林公園飯能方面
3 N 南北線 飯田橋赤羽岩淵浦和美園方面
4 白金高輪目黒日吉方面
  • 有楽町線ホームにはカーブがかかっているため、終日駅員による立ち番がいる。


東京都交通局[編集]

東京都交通局 市ヶ谷駅
いちがや - Ichigaya
(大妻女子大学前)
S 03 曙橋 (1.4km)
(1.3km) 九段下 S 05
所在地 東京都千代田区九段南四丁目8-22
駅番号 S 04
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局都営地下鉄
所属路線 S 新宿線
キロ程 3.7km(新宿起点)
電報略号 市(駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
92,994人/日
-2015年-
開業年月日 1980年昭和55年)3月16日
備考 駅務管理所所在駅
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を有する地下駅。副駅名は、法政大学前だったが、2014年7月に「大妻女子大学前」に変わった。

改札は地下1階、ホームは地下2階にある。本八幡寄りに片渡り線があるが、非常時の折り返し運転用であり、現行の営業用としては使われていない。ただし、2008年に運転された臨時列車「都営新宿線開業30周年」号では、実際に当駅で折り返し運転をする際に使用された。

市ヶ谷駅務区の所在駅であり、新宿線の新宿駅新線新宿駅) - 岩本町駅間の各駅を管理している[3][4](ただし、新宿駅(新線新宿駅)は京王電鉄の管轄である。)。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 S 都営新宿線 新宿笹塚京王線方面
2 神保町大島本八幡方面

駅構内設備[編集]

利用状況[編集]

  • JR東日本 - 2015年度の1日平均乗車人員は60,673人である[利用客数 1]
    同社の駅の中では第73位。
  • 東京メトロ - 2015年度の1日平均乗降人員139,608人(前年度比4.0%増)である[利用客数 2]
    東京メトロ全130駅中21位。
  • 都営地下鉄 - 2015年度の1日平均乗降人員は92,994人(乗車人員45,492人、降車人員47,502人)である[利用客数 3]
    新宿線内では新宿駅、神保町駅、馬喰横山駅に次いで第4位。

年度別1日平均乗降人員[編集]

各年度の1日平均乗降人員数は下表の通り(JRを除く)。

年度別1日平均乗降人員[* 1][* 2]
年度 東京メトロ 都営地下鉄
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
1999年(平成11年) 108,614
2000年(平成12年) 113,715 4.7%
2001年(平成13年) 113,448 −0.2%
2002年(平成14年) 112,922 −0.5%
2003年(平成15年) 112,658 −0.2% 74,792 −0.2%
2004年(平成16年) 111,534 −1.0% 74,479 −0.4%
2005年(平成17年) 113,876 2.1% 75,787 1.8%
2006年(平成18年) 118,413 4.0% 78,403 3.5%
2007年(平成19年) 126,622 6.9% 85,169 8.6%
2008年(平成20年) 128,092 1.2% 86,426 1.5%
2009年(平成21年) 127,542 −0.4% 86,668 0.3%
2010年(平成22年) 126,997 −0.4% 85,756 −1.1%
2011年(平成23年) 124,197 −2.2% 83,435 −2.7%
2012年(平成24年) 126,846 2.1% 84,529 1.3%
2013年(平成25年) 131,363 3.6% 87.151 3.1%
2014年(平成26年) 134,206 2.2% 89,429 2.6%
2015年(平成27年) 139,608 4.0% 92,994 4.0%

年度別1日平均乗車人員(1953年 - 2000年)[編集]

各年度の1日平均乗車人員数は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員
年度 国鉄 /
JR東日本
営団 都営地下鉄 出典
有楽町線 南北線
1953年(昭和28年) 20,506 未開業 未開業 未開業 [東京都統計 1]
1954年(昭和29年) 23,797 [東京都統計 2]
1955年(昭和30年) 24,959 [東京都統計 3]
1956年(昭和31年) 27,060 [東京都統計 4]
1957年(昭和32年) 28,597 [東京都統計 5]
1958年(昭和33年) 30,932 [東京都統計 6]
1959年(昭和34年) 33,023 [東京都統計 7]
1960年(昭和35年) 36,042 [東京都統計 8]
1961年(昭和36年) 37,742 [東京都統計 9]
1962年(昭和37年) 41,307 [東京都統計 10]
1963年(昭和38年) 44,399 [東京都統計 11]
1964年(昭和39年) 48,595 [東京都統計 12]
1965年(昭和40年) 50,803 [東京都統計 13]
1966年(昭和41年) 53,171 [東京都統計 14]
1967年(昭和42年) 55,032 [東京都統計 15]
1968年(昭和43年) 57,290 [東京都統計 16]
1969年(昭和44年) 54,131 [東京都統計 17]
1970年(昭和45年) 56,159 [東京都統計 18]
1971年(昭和46年) 60,505 [東京都統計 19]
1972年(昭和47年) 60,090 [東京都統計 20]
1973年(昭和48年) 60,046 [東京都統計 21]
1974年(昭和49年) 62,910 [備考 1] 11,882 [東京都統計 22]
1975年(昭和50年) 58,628 16,656 [東京都統計 23]
1976年(昭和51年) 61,068 20,299 [東京都統計 24]
1977年(昭和52年) 62,882 23,019 [東京都統計 25]
1978年(昭和53年) 64,819 23,271 [東京都統計 26]
1979年(昭和54年) 63,612 24,704 [備考 2] 9,500 [東京都統計 27]
1980年(昭和55年) 57,296 31,222 18,449 [東京都統計 28]
1981年(昭和56年) 59,512 35,315 22,195 [東京都統計 29]
1982年(昭和57年) 61,145 36,962 24,060 [東京都統計 30]
1983年(昭和58年) 62,060 40,940 26,749 [東京都統計 31]
1984年(昭和59年) 63,438 44,614 32,082 [東京都統計 32]
1985年(昭和60年) 66,847 46,359 32,512 [東京都統計 33]
1986年(昭和61年) 67,036 47,792 33,600 [東京都統計 34]
1987年(昭和62年) 67,801 49,880 35,519 [東京都統計 35]
1988年(昭和63年) 69,751 53,775 37,767 [東京都統計 36]
1989年(平成元年) 69,586 55,608 37,515 [東京都統計 37]
1990年(平成02年) 69,901 56,942 40,427 [東京都統計 38]
1991年(平成03年) 71,478 56,541 40,664 [東京都統計 39]
1992年(平成04年) 72,268 56,655 23,085 [東京都統計 40]
1993年(平成05年) 70,260 56,181 41,567 [東京都統計 41]
1994年(平成06年) 69,408 55,458 41,641 [東京都統計 42]
1995年(平成07年) 69,536 54,861 [備考 3] 3,667 40,351 [東京都統計 43]
1996年(平成08年) 67,959 52,537 3,667 40,351 [東京都統計 44]
1997年(平成09年) 65,674 50,430 4,299 39,636 [東京都統計 45]
1998年(平成10年) 62,674 48,175 5,874 37,819 [東京都統計 46]
1999年(平成11年) [JR 1] 60,628 46,109 7,287 36,740 [東京都統計 47]
2000年(平成12年) [JR 2] 60,614 46,877 [備考 4] 8,805 36,932 [東京都統計 48]

年度別1日平均乗車人員(2001年以降)[編集]

年度別1日平均乗車人員[* 2][* 3]
年度 JR東日本 営団 / 東京メトロ 都営地下鉄 出典
有楽町線 南北線
2001年(平成13年) [JR 3] 59,827 45,304 10,805 36,153 [東京都統計 49]
2002年(平成14年) [JR 4] 60,036 44,573 11,277 36,458 [東京都統計 50]
2003年(平成15年) [JR 5] 58,551 44,041 11,817 35,809 [東京都統計 51]
2004年(平成16年) [JR 6] 58,009 44,055 12,723 35,740 [東京都統計 52]
2005年(平成17年) [JR 7] 58,799 44,592 13,211 36,351 [東京都統計 53]
2006年(平成18年) [JR 8] 58,982 45,984 13,701 37,444 [東京都統計 54]
2007年(平成19年) [JR 9] 60,746 49,090 14,751 40,951 [東京都統計 55]
2008年(平成20年) [JR 10] 60,301 48,531 16,307 42,010 [東京都統計 56]
2009年(平成21年) [JR 11] 59,680 47,936 16,709 42,257 [東京都統計 57]
2010年(平成22年) [JR 12] 58,386 47,491 16,902 41,834 [東京都統計 58]
2011年(平成23年) [JR 13] 56,956 46,233 16,639 40,759 [東京都統計 59]
2012年(平成24年) [JR 14] 57,555 47,147 17,087 41,349 [東京都統計 60]
2013年(平成25年) [JR 15] 58,900 48,758 17,759 42,686 [東京都統計 61]
2014年(平成26年) [JR 16] 59,080 49,743 18,232 43,821 [東京都統計 62]
2015年(平成27年) [JR 17] 60,673 45,492

備考[編集]

  1. ^ 1974年10月30日開業、153日間のデータ
  2. ^ 1980年3月16日開業、16日間のデータ
  3. ^ 1996年3月26日開業、6日間のデータ
  4. ^ 2000年9月26日、目黒駅 - 溜池山王駅間開業。

駅周辺[編集]

周辺は、学校やオフィスビルが多く立地する。周辺には番町麹町九段市谷などの地区がある。

施設・団体[編集]

バス路線[編集]

最寄りの停留所は「市ヶ谷駅前」である。

隣の駅[編集]

JR logo (east).svg東日本旅客鉄道
中央・総武線(各駅停車)
飯田橋駅 - 市ケ谷駅 - 四ツ谷駅
Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
Y 有楽町線
飯田橋駅 (Y 13) - 市ケ谷駅 (Y 14) - 麹町駅 (Y 15)
N 南北線
四ツ谷駅 (N 08) - 市ケ谷駅 (N 09) - 飯田橋駅 (N 10)
PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
S 都営新宿線
急行
新宿駅 (S 01) - 市ヶ谷駅 (S 04) - 神保町駅 (S 06)
各駅停車
曙橋駅 (S 03) - 市ヶ谷駅 (S 04) - 九段下駅 (S 05)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京の地下鉄のサービス一体化に向けた取り組みについて - 東京都交通局ニュースリリース 2011年11月2日
  2. ^ 平成25年3月16日(土) 東京の地下鉄がさらに便利になります - 東京都交通局ニュースリリース 2013年2月15日
  3. ^ 東京都交通局駅務管理所処務規程
  4. ^ ただし、神保町駅は管轄外である。

出典[編集]

JR・地下鉄の1日平均利用客数
  1. ^ 各駅の乗車人員 - JR東日本
  2. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  3. ^ 各駅乗降人員一覧 - 東京都交通局
JR東日本の1999年度以降の乗車人員
JR・地下鉄の統計データ
  1. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  2. ^ a b 新宿区の概況 - 新宿区
  3. ^ 行政基礎資料集 - 千代田区
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]