津田沼駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
津田沼駅
JR Tsudanuma sta 009(cropped).jpg
南口(2012年3月)
つだぬま
Tsudanuma
所在地 千葉県習志野市津田沼一丁目1-1[* 1]
北緯35度41分28秒 東経140度1分14秒 / 北緯35.69111度 東経140.02056度 / 35.69111; 140.02056座標: 北緯35度41分28秒 東経140度1分14秒 / 北緯35.69111度 東経140.02056度 / 35.69111; 140.02056
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 ツヌ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 3面6線[1]
乗車人員
-統計年度-
76,886人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1895年明治28年)9月21日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 総武線(快速)[* 2]
駅番号 JO26
キロ程 26.7 km(東京起点)
JO 25 船橋 (3.5 km)
(9.2 km) 稲毛 JO 27
所属路線 総武線(各駅停車)[* 2]
駅番号 JB33
キロ程 26.7 km(東京起点)[1]
千葉から12.5 km
JB 32 東船橋 (1.7 km)
(2.9 km) 幕張本郷 JB 34
乗換 SL23 新津田沼駅[2]
新京成電鉄新京成線
備考 直営駅
みどりの窓口
  1. ^ 正式な所在地。ホームの西側は船橋市前原西二丁目にまたがる。
  2. ^ a b 正式な路線名は総武本線
テンプレートを表示
北口(2012年3月)

津田沼駅(つだぬまえき)は、千葉県習志野市津田沼一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線である[1]。京成津田沼駅、新京成新津田沼駅との区分の為、通常は「JR津田沼駅」と呼ばれる。運行系統としては快速線を走行する総武快速線緩行線を走行する総武緩行線の2系統が停車する。駅番号は快速線がJO 26、緩行線がJB 33新京成電鉄新京成線新津田沼駅は相互乗換駅である[注釈 1]

概要[編集]

南口駅前の様子・モリシア津田沼(2012年5月)
北口駅前の様子・津田沼パルコ(2007年2月)
上から津田沼駅、新津田沼駅、京成津田沼駅

当駅は習志野市の中心駅である。周辺は駅が密集しており、相互乗換駅である新京成電鉄新津田沼駅[注釈 1] を始め、前原駅京成電鉄谷津駅、新京成電鉄・京成電鉄京成津田沼駅が全て当駅から半径約2キロメートル(km)圏内に位置している。

駅舎及び改札は習志野市側にあるが、ホーム西側および北口西端の一部が船橋市前原西二丁目にまたがっている。そのため近くに船橋市との境があり、船橋市東部の玄関口としても機能している。1日の平均乗車人員は、千葉県内では船橋駅西船橋駅柏駅千葉駅に次ぐ第5位である。

乗り入れ路線[編集]

当駅に乗り入れている路線は、線路名称上は総武本線1路線のみである(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」参照)が、運転系統としては、快速線を走る総武快速線、および緩行線を走る中央・総武線各駅停車の2系統が停車する。

  • JO 総武線(快速):急行線を走行する総武本線の近距離電車。上り列車は東京駅を起点に横須賀線への直通運転も実施している。 - 駅番号JO 26
  • 定期列車の特急は通過するが、休日運転の「新宿わかしお」「新宿さざなみ」のほか、「日光」、「あやめ祭り」などの臨時特急が停車する。
  • JB 総武線(各駅停車):緩行線を走行する総武本線の近距離電車。平日の朝夕ラッシュ時のみ地下鉄東西線へ直通する列車も運行。 - 駅番号「JB 33

歴史[編集]

戦前は軍郷習志野への玄関口として賑わった。また、1907年明治40年)には駅周辺に陸軍鉄道連隊が転営し、「津田沼」はその所在地として知られるようになった。戦後、鉄道連隊の広大な敷地は千葉工業大学などの学校用地とされた他、松戸方面への旧演習線新京成電鉄新京成線に転用された。また、1960年代には千葉方面への旧演習線施設の一部を利用して陸上自衛隊第101建設隊が設置されている(1966年廃止)。

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム3面6線を有する地上駅[1]橋上駅舎を有し、エレベーターエスカレーターが設置されている。元は2面3線の構造で現在の北口側に駅舎が存在したが(後に南口を開設)、1972年の複々線化に合わせて現在の形に拡張され、橋上駅化された。改札付近にみどりの窓口と指定席券売機が設置されている。

日中の各駅停車の約半数は当駅で御茶ノ水・新宿・中野方面に折り返す。千葉方面に向かう場合で当駅止まりの電車はホームが異なるため、手前の東船橋駅での乗り換えを誘導する車内放送が流れる。また、快速も朝夕の通勤時間帯を中心に東京・品川横浜方面(横須賀線直通)への折り返し電車が多数存在する。また、平日ラッシュ時に限り各駅停車ホームから当駅始発として東京メトロ東西線直通列車が運転され、一部はメトロ線を経由して中央線(緩行線)の三鷹駅まで直通する。この関係で、平日の7時半〜9時の御茶ノ水方面の始発列車の設定はない。

当駅始発の東京方面の快速は大半は2番線から発車するが、一部は1番線から発車する。

2番線は東京方面の始発で使われる以外に、両方向での特急の通過待ちに使用することがある。ただし、同じく特急の通過待ちを行う市川駅と比較すると通過待ちを行う列車は少ない。

また、運転士・車掌の交代を行う場合もある。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 JO 総武線(快速) 下り 稲毛千葉方面 一部列車は2番線
2・3 上り 錦糸町東京方面 一部列車は1番線
4 JB 総武線(各駅停車) 東行 幕張本郷・稲毛・千葉方面
5・6 西行 西船橋・錦糸町・新宿方面 5番線は当駅始発専用
(地下鉄東西線直通はすべて5番線)

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 当駅の西側に大きく、同じく当駅の東側に1本、それぞれに総武線各駅停車専用の留置線があり、夜間滞泊などの留置運用が設定されている。かつては習志野電車区があったものの、現役車両が209系とE231系になってからは三鷹車両センター配置となっている。
  • 平日ラッシュピーク時に総武快速線当駅折り返し東京・横浜(横須賀線)方面行および東西線直通電車では整列乗車が行われる。

発車メロディ[編集]

発車メロディは櫻井音楽工房製と東洋メディアリンクス製が使用されている。メロディ導入初期は東洋メディアリンクス製でいろいろな変遷を経て今に至る。なお、旧4番線の「VerdeRayo 低音ver.」は現在は存在しない。

現在の発車メロディ
1・2 JO ホリデイV2(旧戸塚駅と同じVer.)
3 あざみ野
4 JB Gota del Vient
5・6 Verde Rayo(低音強調Ver.)
導入当初の発車メロディ
1・2 JO Gota del Vient
3 近郊地域18番(通称『拝島の叫び』)
4 JB Verde Rayo(低音Ver.)
5・6 Water Crown

利用状況[編集]

年度別1日平均乗車人員(1890年代 - 1930年代)[編集]

年度[備考 1]全体の乗車人員を365(閏日が入る年度は366)で除して1日平均乗車人員を求めている。

年度別1日平均乗車人員
年度 1日平均
乗車人員
出典
1897年(明治30年) 80 [千葉県統計 1]
1898年(明治31年) 104 [千葉県統計 2]
1900年(明治33年) 201 [千葉県統計 3]
1901年(明治34年) 325 [千葉県統計 4]
1905年(明治38年) 467 [千葉県統計 5]
1906年(明治39年) 398 [千葉県統計 6]
1907年(明治40年) 341 [千葉県統計 7]
1908年(明治41年) 518 [千葉県統計 8]
1909年(明治42年) 390 [千葉県統計 9]
1910年(明治43年) 377 [千葉県統計 10]
1911年(明治44年) 405 [千葉県統計 11]
1912年(大正元年) 388 [千葉県統計 12]
1913年(大正02年) 400 [千葉県統計 13]
1914年(大正03年) 400 [千葉県統計 14]
1915年(大正04年) 417 [千葉県統計 15]
1916年(大正05年) 441 [千葉県統計 16]
1917年(大正06年) 498 [千葉県統計 17]
1918年(大正07年) 548 [千葉県統計 18]
1919年(大正08年) 644 [千葉県統計 19]
1920年(大正09年) 701 [千葉県統計 20]
1921年(大正10年) 831 [千葉県統計 21]
1922年(大正11年) 837 [千葉県統計 22]
1923年(大正12年) 810 [千葉県統計 23]
1924年(大正13年) 923 [千葉県統計 24]
1925年(大正14年) 1,033 [千葉県統計 25]
1926年(昭和元年) 992 [千葉県統計 26]
1927年(昭和02年) 824 [千葉県統計 27]
1928年(昭和03年) 779 [千葉県統計 28]
1929年(昭和04年) 786 [千葉県統計 29]
1930年(昭和05年) 732 [千葉県統計 30]
1931年(昭和06年) 697 [千葉県統計 31]
1932年(昭和07年) 662 [千葉県統計 32]
1933年(昭和08年) 683 [千葉県統計 33]
1934年(昭和09年) 693 [千葉県統計 34]
1935年(昭和10年) 768 [千葉県統計 35]
1936年(昭和11年) 989 [千葉県統計 36]

年度別1日平均乗車人員(1953年 - 2000年)[編集]

近年の1日平均乗車人員の推移は下表の通りである。

  • 年度全体の乗車人員を365(閏日が入る年度は366)で除して1日平均乗車人員を求めている。2012年度以降の定期外と定期の値は、計算で生じた小数点以下の値は切り捨てているため、定期外と定期の和は必ずしも合計と一致しない。
年度別1日平均乗車人員[乗降データ 1][乗降データ 2]
年度 1日平均乗車人員 出典
定期外 定期 合計
1953年(昭和28年) 1,880 6,201 8,081 [千葉県統計 37]
1954年(昭和29年) 1,823 6,640 8,463 [千葉県統計 38]
1955年(昭和30年) 1,894 7,368 9,262 [千葉県統計 39]
1956年(昭和31年) 2,040 8,033 10,073 [千葉県統計 40]
1957年(昭和32年) 2,331 8,871 11,202 [千葉県統計 41]
1958年(昭和33年) 2,583 10,396 12,979 [千葉県統計 42]
1959年(昭和34年) 3,214 12,424 15,638 [千葉県統計 43]
1960年(昭和35年) 4,000 15,191 19,191 [千葉県統計 44]
1961年(昭和36年) 4,103 19,328 23,431 [千葉県統計 45]
1962年(昭和37年) 5,248 24,409 29,657 [千葉県統計 46]
1963年(昭和38年) 6,571 30,096 36,667 [千葉県統計 47]
1964年(昭和39年) 7,786 35,103 42,889 [千葉県統計 48]
1965年(昭和40年) 8,948 37,591 46,539 [千葉県統計 49]
1966年(昭和41年) 9,657 42,910 52,567 [千葉県統計 50]
1967年(昭和42年) 11,274 44,640 55,914 [千葉県統計 51]
1968年(昭和43年) 12,607 47,450 60,057 [千葉県統計 52]
1969年(昭和44年) 13,472 51,659 65,131 [千葉県統計 53]
1970年(昭和45年) 14,605 57,090 71,695 [千葉県統計 54]
1971年(昭和46年) 15,776 59,865 75,641 [千葉県統計 55]
1972年(昭和47年) 17,875 64,510 82,385 [千葉県統計 56]
1973年(昭和48年) 19,447 69,009 88,456 [千葉県統計 57]
1974年(昭和49年) 20,356 73,631 93,987 [千葉県統計 58]
1975年(昭和50年) 21,009 72,304 93,313 [千葉県統計 59]
1976年(昭和51年) 22,149 76,491 98,640 [千葉県統計 60]
1977年(昭和52年) 23,318 79,207 102,525 [千葉県統計 61]
1978年(昭和53年) 24,524 81,161 105,685 [千葉県統計 62]
1979年(昭和54年) 24,440 83,235 107,675 [千葉県統計 63]
1980年(昭和55年) 24,610 84,823 109,433 [千葉県統計 64]
1981年(昭和56年) 24,562 86,849 111,411 [千葉県統計 65]
1982年(昭和57年) 24,212 86,362 110,574 [千葉県統計 66]
1983年(昭和58年) 25,485 86,551 112,036 [千葉県統計 67]
1984年(昭和59年) 25,979 91,287 117,266 [千葉県統計 68]
1985年(昭和60年) 26,917 90,463 117,380 [千葉県統計 69]
1986年(昭和61年) 28,368 89,522 117,890 [千葉県統計 70]
1987年(昭和62年) 29,251 91,758 121,009 [千葉県統計 71]
1988年(昭和63年) 29,572 97,506 127,078 [千葉県統計 72]
1989年(平成元年) 30,510 99,996 130,506 [千葉県統計 73]
1990年(平成02年) 31,278 102,314 133,592 [千葉県統計 74]
1991年(平成03年) 32,984 103,801 136,785 [千葉県統計 75]
1992年(平成04年) 33,864 105,176 139,040 [千葉県統計 76]
1993年(平成05年) 34,436 104,404 138,840 [千葉県統計 77]
1994年(平成06年) 33,926 102,555 136,481 [千葉県統計 78]
1995年(平成07年) 33,782 101,314 135,096 [千葉県統計 79]
[注釈 2]1996年(平成08年) 30,778 87,959 118,737 [千葉県統計 80]
1997年(平成09年) 29,274 81,588 110,862 [千葉県統計 81]
1998年(平成10年) 29,682 78,431 108,113 [千葉県統計 82]
1999年(平成11年) 30,536 76,565 [JR 1]107,101 [千葉県統計 83]
2000年(平成12年) 30,319 74,886 [JR 2]105,205 [千葉県統計 84]

年度別1日平均乗車人員(2001年以降)[編集]

年度別1日平均乗車人員[乗降データ 1][乗降データ 2]
年度 1日平均乗車人員 出典
定期外 定期 合計
2001年(平成13年) 30,605 74,347 [JR 3]104,952 [千葉県統計 85]
2002年(平成14年) 30,686 73,715 [JR 4]104,401 [千葉県統計 86]
2003年(平成15年) 31,628 73,593 [JR 5]105,221 [千葉県統計 87]
2004年(平成16年) 30,958 74,021 [JR 6]104,979 [千葉県統計 88]
2005年(平成17年) 30,267 73,655 [JR 7]103,922 [千葉県統計 89]
2006年(平成18年) 30,059 73,353 [JR 8]103,414 [千葉県統計 90]
2007年(平成19年) 30,477 72,923 [JR 9]103,400 [千葉県統計 91]
2008年(平成20年) 30,548 72,905 [JR 10]103,453 [千葉県統計 92]
2009年(平成21年) 29,724 72,146 [JR 11]101,870 [千葉県統計 93]
2010年(平成22年) 29,169 72,078 [JR 12]101,247 [千葉県統計 94]
2011年(平成23年) 29,416 71,911 [JR 13]101,327 [千葉県統計 95]
2012年(平成24年) [JR 14]29,812 [JR 14]71,958 [JR 14]101,771 [千葉県統計 96]
2013年(平成25年) [JR 15]30,269 [JR 15]73,812 [JR 15]104,082 [千葉県統計 97]
2014年(平成26年) [JR 16]29,927 [JR 16]72,197 [JR 16]102,125 [千葉県統計 98]
2015年(平成27年) [JR 17]30,099 [JR 17]73,304 [JR 17]103,404 [千葉県統計 99]
2016年(平成28年) [JR 18]29,890 [JR 18]73,811 [JR 18]103,702 [千葉県統計 100]
2017年(平成29年) [JR 19]29,957 [JR 19]74,116 [JR 19]104,073 [千葉県統計 101]
2018年(平成30年) [JR 20]29,781 [JR 20]74,130 [JR 20]103,912 [千葉県統計 102]
2019年(令和元年) [JR 21]28,608 [JR 21]74,237 [JR 21]102,846 [千葉県統計 103]
2020年(令和02年) [JR 22]20,233 [JR 22]56,653 [JR 22]76,886
備考
  1. ^ 1897年・1898年・1900年・1901年・1905年・1906年については1月 - 12月の暦年

駅周辺[編集]

1948年(昭和23年)頃の省線・津田沼駅周辺の空中写真

駅からの主な動線整備としては駅北口及び駅南口に各主要施設を結ぶペデストリアンデッキ(歩行者デッキ)が整備されており、特に駅南口は津田沼公園、モリシア津田沼を経由し、津田沼ザ・タワー(奏の杜方面)へと続く大規模な駅前デッキ網として知られる[7]。また、駅周辺にはJR東日本ホテルメッツ津田沼、東横イン津田沼などのホテルがあるため、ビジネス利用や観光拠点としても適している[8]

当駅には千葉ステーションビル駅ビルであるペリエ津田沼(Perie)、北口には津田沼パルコA館(PARCO)及びB館(西友津田沼店、現:つだぬマルシェ)、ミーナ津田沼(mina)、イオンモール津田沼イトーヨーカドー津田沼店、津田沼OKビル(大和商事)などが立地しており、南口にはモリシア津田沼(ダイエー津田沼店、ヤマダ電機LABI津田沼など)、Loharu津田沼ユザワヤ津田沼店、丸善津田沼店)、奏の杜フォルテなど大型店舗が多数林立している。古くから津田沼戦争と呼ばれるほど駅周辺に大型店の進出や店舗同士での競争激化が相次ぐ関東有数の繁華街となっている[注釈 3]

北口商店街の大部分は船橋市前原西に属する。津田沼(旧称:久々田)の古くからの市街地は国道14号から京成津田沼駅周辺に位置し、当駅からは離れている。習志野市側では1960年代まで北口側・南口側共に戦前の陸軍鉄道連隊跡地を転用した施設(京成電鉄津田沼第二工場、千葉県立千葉工業高等学校千葉工業大学習志野市立第一中学校、国鉄官舎)などが広がっていた。北口側では、1960年代末に県立千葉工業高校などが移転した跡に新京成線新津田沼駅が移転し(藤崎台駅と統合)、1970年代にかけて両市域に跨る再開発事業が行われた。

南口側でも市立第一中学校の移転跡地の再開発が行われ、1978年に習志野サンペデック(現在のモリシア津田沼)が開業した。これらの再開発により、習志野市側においても駅周辺が市の中心街として成長するとともに大型商業施設間の激しい競争が展開した。

南口には学習塾が多く立地しており、千葉工業大学津田沼キャンパスなどもあるため、学生が多く利用する文教地区となっている。学習塾業界を物語とした森絵都による長編小説みかづき』(NHK総合テレビ土曜ドラマ枠)の舞台となっており、津田沼戦争(塾激戦区)という塾同士の熾烈な抗争があったことが取り上げられている[9]

また、南口では2007年から35haに及ぶ大規模な土地区画整理事業であるJR津田沼駅南口特定土地区画整理事業が実施されており[10]都市再開発超高層マンションの建設が進んでいる[11]。 将来的には7000人程度の定住人口を見込んでいる。街の入り口付近に商業施設(フォルテ)が開業するなど、今後の発展が期待される。この地域の旧町名は「谷津(やつ)」であったが、習志野市が開発プロジェクト名を採り入れた「奏の杜(かなでのもり)」という新町名を導入するにあたって、紛糾した[12][13][14]

南口にはほんの一部分だけ船橋市前原西の地域が存在する。駅の船橋方にある歩道橋は、船橋市内の小学校区通学の便を図るために設置されている。

新京成線の新津田沼駅までは東へ400m程のため、乗り換えが可能であるが、連絡通路が設置されていない。屋根もないため、乗り換え駅としては不便である。この乗り換えについては新津田沼駅を参照されたい。現在ではイトーヨーカドー隣の駐車場と程近くにあるバス転回場の敷地を利用して再開発を計画している。かつては貨物駅でもあり、当時は京成電鉄などの車両を搬出入する際に、当駅が使用されていた。

駅舎内の施設(駅ナカ・駅ビル)[編集]

駅ナカ商業施設として千葉ステーションビル駅ビルペリエ津田沼(Perie)」がある[15][16]

改札内にエキナカ、改札外にエキソトとフロアが分かれている。

[編集]

新津田沼駅とイトーヨーカドー津田沼店

半径約2キロメートル(km)圏内に位置する駅。

北口[編集]

習志野市津田沼[編集]

ミーナ津田沼

船橋市前原西・前原東[編集]

津田沼パルコ

南口[編集]

習志野市津田沼[編集]

千葉工業大学津田沼キャンパス

習志野市谷津[編集]

習志野市奏の杜[編集]

バス路線[編集]

北口は1 - 7番、南口は7 - 10番となる。

北口[編集]

京成バス京成バスシステムちばグリーンバスちばレインボーバス船橋新京成バスが運行する路線が発着する。

1番のりば(ちばレインボーバス)
2番のりば(船橋新京成バス)
  • <緑03> 八千代緑が丘駅行
  • <津16> 高津団地東口行
  • <津17>・<津18> 津田沼グリーンハイツ行
3番のりば(船橋新京成バス)
4番のりば
5番のりば
  • 京成バス
    • <津03> 日大実籾行
    • <津31> 八千代台駅東口行、ユトリシア行
    • <津31-1> 習志野出張所行
  • 京成バスシステム
6番のりば(船橋新京成バス)
  • <津10> 千葉病院前行
  • <津11> 公団東口行
  • <津13> 飯山満二丁目行
  • <津14> 東船橋駅
7番のりば(京成バス)
  • <津32> 習志野企業局行
  • <田喜野井線> 三山一丁目行【循環】

南口[編集]

京成バス・京成バスシステム・東京空港交通奈良交通富士急行観光が運行する路線が発着する。

7番のりば(京成バス)
8番のりば(京成バス)
  • <津41> 袖ヶ浦団地
  • <津42> 津田沼高校行 ※深夜バスのみ
  • <津43> 新習志野駅行 ※深夜バスのみ
  • <津46> 幕張メッセ中央行 ※平日の日中のみ
9番のりば
10番のりば
  • 京成バス
  • 京成バスシステム
    • <ら01> ららぽーと東口・南船橋駅
    • <ら01・東11> 東船橋駅行

平和交通は駅前バスロータリー先の津田沼公園の横に停留所があり、ららぽーとTOKYO-BAYへの路線バスを運行している。

  • ららぽーとTOKYO-BAY・海老川大橋下行き

銀座駅東京駅・兜町からの平和交通の深夜急行バスは南口・ユザワヤ前に到着する。

その他[編集]

バスターミナルには乗り入れていないが、習志野市ハッピーバス京成津田沼駅内陸ルートが駅の東側を通過しており、北口の津田沼一丁目公園前に津田沼一丁目停留所が設置されている。

また、新津田沼駅の北側に新津田沼駅北口、南側に新津田沼駅の2つの停留所があるが、前者は路線の始発・終着地点であるのに対して、後者は当駅発着路線における隣の停留所となっている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JO 総武線(快速)
通勤快速
通過
快速
船橋駅 (JO 25) - 津田沼駅 (JO 26) - 稲毛駅 (JO 27)
JB 総武線(各駅停車)・T 東西線直通
東船橋駅 (JB 32) - 津田沼駅 (JB 33) - 幕張本郷駅 (JB 34)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 新津田沼駅は 駅情報 に接続交通機関として掲載されている。連絡定期券も発売されている。
  2. ^ 東葉高速線開業年度(1996年(平成8年)4月27日に開業[6]
  3. ^ 特に昭和53年(1978年)を中心に新聞・雑誌に「津田沼戦争」「戦場にかける橋」(総武線上をかけただけでなく、当地にあった鉄道連隊もかけたと見られている) 、「津田沼も戦国時代」という見出しが現れた。 東武百貨店著『グッドデパートメント東武百貨店30年の歩み』船橋東武小史・P.177「激戦地、船橋・津田沼」より

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 三好好三 『総武線120年の軌跡』 JTBパブリッシング、2014年2月。ISBN 978-4533096310
  2. ^ ●JR線と連絡会社線との乗り換え駅 (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2020年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月26日閲覧。
  3. ^ 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、19頁。
  4. ^ “JR千葉支社 4駅にチャイム”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1996年7月15日) 
  5. ^ 営業施策について提案される! (PDF)”. JR東労組千葉地方本部 (2019年4月30日). 2020年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月27日閲覧。
  6. ^ “21世紀に向け“発進” 東葉高速鉄道 盛大に開業祝う”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 13. (1996年4月28日) 
  7. ^ ペデストリアンデッキの登場と駅前空間の変化│47号 つなぐ橋”. www.mizu.gr.jp. 2019年3月31日閲覧。
  8. ^ JR津田沼駅南口より徒歩1分「JR東日本ホテルメッツ 津田沼」”. www.hotelmets.jp. 2019年3月31日閲覧。
  9. ^ 「津田沼戦争」「谷津遊園」…懐かしさと戦後教育の問題描く長編『みかづき』(インタビュー・記事/金井元貴)” (日本語). だれかに話したくなる本の話 - 新刊JP. 2019年4月1日閲覧。
  10. ^ JR津田沼駅南口地区の土地区画整理事業について 習志野市ホームページ”. www.city.narashino.lg.jp. 2021年3月26日閲覧。
  11. ^ 人・まち・緑のシンフォニー 奏の杜”. www.kanadenomori.jp. 2019年3月26日閲覧。
  12. ^ 「習志野市、住居表示変更へ 津田沼駅南口の開発地、「谷津」から「奏の杜」」朝日新聞 2012年08月17日付 東京 朝刊 ちば首都圏
  13. ^ 「「谷津」から「奏の杜」への地名変更を否決 習志野市議会委員会」2012年09月20日付 東京 朝刊 ちば首都圏
  14. ^ 「「奏の杜」に町名変更 議案一転可決 習志野市議会」2012年09月29日付 東京 朝刊 ちば首都圏
  15. ^ フロアガイド|ペリエ津田沼” (日本語). 「ペリエ津田沼」公式サイト. 2019年3月27日閲覧。
  16. ^ [1]
  17. ^ “STATION WORK×リッチモンドホテルズ ホテルテレワークプランを開始します ~半日単位2,300円より、ホテルの客室があなたのテレワーク空間に~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2021年1月13日), p. 2, オリジナルの2021年1月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210113130007/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210113_ho04.pdf 2021年1月13日閲覧。 
  18. ^ 尾崎乕四郎 『房総地誌の研究 60年の軌跡』 古今書院、1985年3月。ISBN 978-4772213639
  19. ^ 津田沼線・秋葉原線・成田線 明日からリニューアル運行開始! - 富士急行観光”. www.fujikyukokanko.com. 2019年11月11日閲覧。
広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]
  1. ^ Suicaご利用可能エリアマップ(2001年11月18日当初) (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月24日閲覧。

利用状況[編集]

1日平均利用客数
  1. ^ 各駅の乗車人員 - JR東日本
JR東日本の1999年度以降の乗車人員
JR・私鉄の統計データ
  1. ^ a b 船橋市統計書 - 船橋市
  2. ^ a b 習志野市統計書 - 習志野市
千葉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]