溜池山王駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
溜池山王駅
Tameike-Sanno-Station-Exit5.jpg
5番出入口(2018年11月10日)
ためいけさんのう
Tameike-sanno
右上は国会議事堂前駅
所在地 東京都千代田区永田町二丁目11-1
北緯35度40分19秒 東経139度44分29秒 / 北緯35.67194度 東経139.74139度 / 35.67194; 139.74139 (溜池山王駅)座標: 北緯35度40分19秒 東経139度44分29秒 / 北緯35.67194度 東経139.74139度 / 35.67194; 139.74139 (溜池山王駅)
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
電報略号 タメ
駅構造 地下駅
ホーム 各1面2線(計2面4線)[1]
乗降人員
-統計年度-
159,494*人/日
-2019年-
開業年月日 1997年平成9年)9月30日[2][1]
乗入路線 2 路線
所属路線 [3]銀座線
駅番号 G06[3]
キロ程 9.6 km(浅草起点)
G 05 赤坂見附 (0.7 km)
(0.8 km) 虎ノ門 G 07
所属路線 [3]南北線
駅番号 N06[3]
キロ程 5.7 km(目黒起点)
N 05 六本木一丁目 (0.9 km)
(0.7 km) 永田町 N 07
乗換 国会議事堂前駅(同一駅扱い)
M14[3]丸ノ内線
C07[3]千代田線
* 乗降人員は国会議事堂前駅も含む。
テンプレートを表示

溜池山王駅(ためいけさんのうえき)は、東京都千代田区永田町二丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)のである。

概要[編集]

銀座線駅番号G 06)と、南北線(駅番号:N 06)が乗り入れている。1997年(平成9年)9月に南北線が同駅まで延伸した際に開業した駅で、銀座線の駅についてもその際に新設された[2][1]。銀座線の駅としては最も新しい駅である。

丸ノ内線千代田線が乗り入れる国会議事堂前駅とは改札内でつながっており[2]、運賃計算上は当駅と同一の駅として扱われる[1]

当駅は、「霞ケ関駅務管区溜池山王地域」として近隣の駅を管理している[4]

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

当初の仮称駅名は「溜池駅」であったが、当駅が港区と千代田区の境界に建設されたことにより、港区側が仮称通り「溜池駅」の駅名を、千代田区側が「山王下駅」の駅名を希望したため[6]、両区が駅名を巡って対立することになり、駅名の決定が難航した。結局、両区の意見を取り入れ、地名を合成することで決着した。

「溜池」とは、かつてこの一帯にあったの名前に由来する。元々は湧水であり、堤を作って水を溜めるようにしたためこの名がある。その形から別名「ひょうたん池」とも呼ばれた。神田上水玉川上水が整備されるまではこの溜池の水を上水として利用しつつ、江戸城外濠の一部としても利用していた。溜池町(後の赤坂溜池町。現在の赤坂一・二丁目の各一部)という町名が住居表示が実施された1967年まで付近に存在していた。住居表示実施後は交差点の名称としてその名を留めているほか、かつて外堀通り上を走行していた都電の停留所の名称(溜池停留所、1967年12月廃止。その後都営バス(橋89→都01)の停留所・交差点名に継承)にもなっていた。

「山王」とは、付近にある山王日枝神社(千代田区永田町二丁目)に由来する。交差点の名称(山王下交差点)になっているほか、外堀通り上を走行する都電の停留所の名称(山王下停留所、1967年12月廃止。その後、都営バスの停留所に継承したが2000年12月に廃止。現在は港区コミュニティバスちぃばす赤坂ルートの停留所名として使用されている)でもあった。

駅構造[編集]

銀座線・南北線ともに島式ホーム1面2線を有する地下駅である[1]改札口は銀座線ホームの直下と南北線ホームの直上にある[1]。銀座線は当駅の設置を予定していなかったために地下浅い部分を通過しており、線路と地上との間にコンコースを設けるスペースが確保できないためにこのような構造となった。また同様の理由により、銀座線は駅建設時に本線をやや外側に移動し、旧本線部分に島式ホームを建設したため、ホームの幅員が広く取られている。銀座線ホームは港区、南北線ホームは千代田区に位置する。銀座線と南北線の乗り換え通路は、銀座線ホームの渋谷駅寄りと南北線ホームの目黒駅寄りを結んでいる[1]

南北線は六本木一丁目駅から都道412号(六本木通り)の地下を通り、溜池交差点の手前で港区道下を通って当駅に至る[16]。しかし、この区道は道幅が11 mと極めて狭く、作業方法の変更や作業時間に制限がされたことから、中柱のない特殊な2層構造の開削トンネルの施工を行った[16]。地下2階部は本線トンネル(目黒開業前は折り返し用の引き上げ線)として利用し、地下1階部は10 - 13番出入口方面(後に14番出入口を新設)への地下通路として使用している[16]。また、この通路の終端部(13番出入口付近)は狭くなっており、ここには南北線六本木一丁目 - 当駅間のトンネル中間換気室(赤坂福吉換気室)が設けられている[16]。このほか、銀座線側の外堀通り地上部に8・9番出入口を新設したほか、山王パークタワーと千代田線国会議事堂駅へ連絡する地下通路を新設した[17]

南北線ホームにはフルスクリーンタイプのホームドアが設置されている[1]。また、赤羽岩淵駅寄りは国会議事堂前駅に繋がっている[1]。ただし、銀座線ホームからは丸ノ内線までは徒歩で15分程かかるため、赤坂見附駅で乗り換えるよう掲示がされている。国会議事堂前駅とは同一駅の扱いのため、「溜池山王」発着の乗車券定期券で国会議事堂前駅の改札も利用可能(逆も同じ)[1]

銀座線ホームには「幸せと感動を運ぶパフォーマーたち」(提供:全日空ホテルズ〈全日空エンタプライズ〉)、銀座線と南北線の乗り換え通路には「森の梢」(提供:森ビル・森ビル開発)、南北線ホームには「自然との出会い、そのよろこばしい瞬間」(提供:JT)、溜池交差点方面改札外には「あみだくじ」の壁画が設置されている(提供:日本マクドナルド・後援:アメリカ大使館[18]

銀座線の浅草駅寄りホーム奥に2本の留置線がある[1][19]。夜間留置に使用され、車両は深夜に浅草駅と渋谷駅から回送される。翌朝の出庫は、渋谷方面は当駅始発渋谷行き列車として、浅草方面は隣駅の虎ノ門駅始発浅草行き列車(土休日は上野へ回送)となる。また、渋谷寄りには片渡り線があり[19]、渋谷駅改良のための同駅線路切替工事に際しての当駅 - 浅草駅間折り返し運転の際などに使用されている。

南北線の目黒駅延伸前は当駅が起点だったため、目黒側に渡り線が設置されている[1][19]。また、B線(目黒方面)のみ当駅始発列車が設定されている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 G 銀座線 赤坂見附渋谷方面
2 銀座浅草方面
3 N 南北線 飯田橋赤羽岩淵浦和美園方面
4 白金高輪目黒日吉方面

(出典:東京メトロ:構内図

発車メロディ[編集]

銀座線ホームではエピキュラス[20]、南北線ホームではスイッチ[21]制作の発車メロディ(発車サイン音)を使用している。

銀座線ホームのメロディは2012年10月30日[13]、南北線ホームのメロディは2015年3月13日に使用を開始した[14]

番線 路線 曲名 作曲者 制作会社
1 Logo of Tokyo Metro Ginza Line.svg 銀座線 (オリジナル曲) 鈴木ヤスヨシ エピキュラス
2
3 Logo of Tokyo Metro Namboku Line.svg 南北線 poco a poco 福嶋尚哉 スイッチ
4 天然水

利用状況[編集]

  • 東京メトロ - 2019年度の1日平均乗降人員159,494人である[利用客数 1]
    東京メトロ全130駅中19位。駅の構造上、国会議事堂前駅と合算して計上されている。
    • 東京メトロ線同士の乗換人員を含んだ、2018年度の路線別1日平均乗降人員は以下の通りである[* 1]。国会議事堂前駅の丸ノ内線、千代田線との乗換人員も含む。
      • 銀座線 - 131,567人 - 同線内では新橋駅日本橋駅、渋谷駅、表参道駅、赤坂見附駅、銀座駅上野駅に次ぐ第8位。
      • 南北線 - 133,004人 - 同線内では第1位。

年度別1日平均乗降人員[編集]

年度別1日平均乗車人員[編集]

開業以来の1日平均乗車人員推移は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員[* 2][* 3][* 4]
年度 銀座線 南北線 出典
1997年(平成09年) [備考 1]17,563 [備考 1]6,885 [東京都統計 1]
1998年(平成10年) 21,312 8,597 [東京都統計 2]
1999年(平成11年) 23,238 8,175 [東京都統計 3]
2000年(平成12年) 29,405 10,403 [東京都統計 4]
2001年(平成13年) 28,685 12,145 [東京都統計 5]
2002年(平成14年) 28,562 12,710 [東京都統計 6]
2003年(平成15年) 27,664 12,795 [東京都統計 7]
2004年(平成16年) 28,184 13,638 [東京都統計 8]
2005年(平成17年) 30,364 14,863 [東京都統計 9]
2006年(平成18年) 31,367 16,285 [東京都統計 10]
2007年(平成19年) 32,639 17,568 [東京都統計 11]
2008年(平成20年) 31,997 18,156 [東京都統計 12]
2009年(平成21年) 30,679 17,742 [東京都統計 13]
2010年(平成22年) 29,808 17,830 [東京都統計 14]
2011年(平成23年) 31,249 18,751 [東京都統計 15]
2012年(平成24年) 33,499 19,970 [東京都統計 16]
2013年(平成25年) 32,852 19,740 [東京都統計 17]
2014年(平成26年) 31,049 18,953 [東京都統計 18]
2015年(平成27年) 31,825 19,683 [東京都統計 19]
2016年(平成28年) 32,501 20,230 [東京都統計 20]
2017年(平成29年) 33,986 21,318 [東京都統計 21]
2018年(平成30年) 36,266 23,293 [東京都統計 22]
2019年(令和元年) 35,913 23,260 [東京都統計 23]
備考
  1. ^ a b 1997年9月30日開業。開業日から翌年3月31日までの計183日間を集計したデータ。

駅周辺[編集]

大使館
公共機関
教育
金融
  • 赤坂通郵便局
名勝
オフィス
ホテル
交通

バス路線[編集]

最寄りバス停留所は、ちぃばす赤坂ルートの溜池山王駅と、六本木通り上にある溜池となる。以下の路線バスが乗り入れ、フジエクスプレスおよび東京都交通局(都営)により運行されている。

溜池山王駅
溜池

このほか、ANAインターコンチネンタルホテル東京ザ・キャピトルホテル東急停留所に羽田空港行、成田空港行東京空港交通(リムジンバス)が発着している。

ANAインターコンチネンタルホテル東京
ザ・キャピトルホテル東急
  • 羽田空港行(リムジン)
  • 成田空港行(リムジン)

都営地下鉄大江戸線の全線開業(2000年12月12日)までは、東京都交通局により四80系統と反96系統[22](2011年現在とは異なる)が運行され、溜池停留所を経由していた。

その他[編集]

  • 当駅開業前の1997年5月には、営団地下鉄(当時)が主催していた映画試写会に使用された。
  • 当駅の南北線側改札と直結している山王パークタワーにはNTTドコモの本社が入居しており、銀座線と、南北線との連絡階段付近にはNTTドコモの大型の広告が掲示されている。

隣の駅[編集]

東京地下鉄(東京メトロ)
G 銀座線
赤坂見附駅 (G 05) - 溜池山王駅 (G 06) - 虎ノ門駅 (G 07)
N 南北線
六本木一丁目駅 (N 05) - 溜池山王駅 (N 06) - 永田町駅 (N 07)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 佐藤公一(帝都高速度交通営団運輸本部運輸部運転課)「平成9年9月30日、都心ネットワークがさらに充実! 営団地下鉄南北線 四ツ谷-溜池山王間延伸開業」『鉄道ファン』第37巻第12号(通巻440号)、交友社、1997年12月1日、 69 - 71頁。
  2. ^ a b c d e “人にやさしい、より便利な地下鉄を目指して 平成9年9月30日(火)南北線四ツ谷・溜池山王間 銀座線溜池山王駅が開業いたします。” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (1997年9月1日), オリジナルの1998年6月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/19980630203213/http://www.tokyometro.go.jp/news/97-17.html 2020年5月2日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  4. ^ 関田崇(東京地下鉄経営企画本部経営管理部)「総説:東京メトロ」『鉄道ピクトリアル』第66巻第12号(通巻926号)、電気車研究会、2016年12月10日、 17頁、 ISSN 0040-4047
  5. ^ a b “人にやさしい、より便利な地下鉄を目指して 南北線四ツ谷・溜池間、本年9月末開業へ。南北線四ツ谷・溜池間、駅名決まる。銀座線虎ノ門・赤坂見附間、新駅の駅名決まる。” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (1997年3月19日), オリジナルの1998年6月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/19980630203045/http://www.tokyometro.go.jp/news/97-03.html 2022年3月13日閲覧。 
  6. ^ a b “新駅名は溜池山王 地下鉄南北・銀座線”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 31. (1997年3月20日) 
  7. ^ a b “人にやさしい、より親しまれる地下鉄をめざして 「関東の駅百選」に溜池山王駅が選定されました。” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (1998年10月8日), オリジナルの2004年2月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20040205203215/http://www.tokyometro.go.jp/news/98-28.html 2020年5月2日閲覧。 
  8. ^ (監修)「鉄道の日」関東実行委員会 『駅の旅物語 関東の駅百選』(初版)人文社、2000年10月14日、38 - 39・227頁頁。ISBN 4795912807 
  9. ^ “平成12年9月26日 営団南北線 溜池山王・目黒間、都営三田線 三田・目黒間開業 東急目黒線との相互直通運転開始 開業区間の運賃及び相互直通運転に伴う運行形態を決定” (日本語) (プレスリリース), 帝都高速度交通営団/東京急行電鉄/東京都交通局, (2000年8月30日), オリジナルの2004年2月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20040205175209/http://www.tokyometro.go.jp/news/2000-s02.html 2020年5月2日閲覧。 
  10. ^ “営団南北線 都営三田線 9月26日に目黒延伸開業/都心の新動脈完成”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2000年2月9日) 
  11. ^ “「営団地下鉄」から「東京メトロ」へ” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (2004年1月27日), オリジナルの2006年7月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060708164650/https://www.tokyometro.jp/news/s2004/2004-06.html 2020年3月25日閲覧。 
  12. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月5日閲覧。 
  13. ^ a b “〜街にゆかりのあるメロディがホームを彩ります〜 銀座線の4駅に街のイメージに合った発車合図メロディを導入します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2012年10月24日), オリジナルの2019年5月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190511235621/https://www.tokyometro.jp/news/2012/pdf/metroNews20121024_ginzamelody.pdf 2020年3月7日閲覧。 
  14. ^ a b “南北線の発車メロディをリニューアル! 各駅に新しい発車メロディを導入します。” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2015年3月2日), オリジナルの2019年5月10日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190510120512/https://www.tokyometro.jp/news/2015/article_pdf/metroNews20150302_21.pdf 2020年3月25日閲覧。 
  15. ^ “東京メトロ×サントリーコーヒー「BOSS」 昭和・平成を走り続けた地下鉄の車両が自販機に再就職!?「THE VENDING TRAIN」〜2月22日(金)より東京メトロ銀座線溜池山王駅に設置開始〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄/サントリー, (2019年2月22日), オリジナルの2020年3月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200329093147/https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews2019022_g10.pdf 2020年3月29日閲覧。 
  16. ^ a b c d 東京地下鉄道南北線建設史、pp.516 - 520。
  17. ^ 東京地下鉄道南北線建設史、pp.333 - 336。
  18. ^ 東京地下鉄 『パンフレットで読み解く 東京メトロ 建設と開業の歴史』実業之日本社、2014年3月28日、198頁。ISBN 978-4-408-11060-8 
  19. ^ a b c 「線路略図」『鉄道ピクトリアル』第66巻第12号(通巻第926号)、電気車研究会、2016年12月10日、 巻末、 ISSN 0040-4047
  20. ^ 音楽制作”. エピキュラス. 2016年10月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年12月31日閲覧。
  21. ^ 「南北線」曲目リスト (PDF)”. 東京メトロ「南北線」が新駅メロディ採用 制作:株式会社スイッチ. スイッチ (2015年3月2日). 2019年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月28日閲覧。
  22. ^ 都バス路線案内図、1997年9月発行、東京都交通局

利用状況[編集]

地下鉄の1日平均利用客数
地下鉄の統計データ
  1. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  2. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  3. ^ 行政資料集 - 港区
  4. ^ 行政基礎資料集 - 千代田区
東京都統計年鑑

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]