本駒込駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本駒込駅
1番出入口(2010年5月)
1番出入口(2010年5月)
ほんこまごめ - Hon-komagome
N 12 東大前 (0.9km)
(1.4km) 駒込 N 14
所在地 東京都文京区向丘二丁目37-1
駅番号 N 13
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 N 南北線
キロ程 13.6km(目黒起点)
電報略号 ホコ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
22,409人/日
-2015年-
開業年月日 1996年平成8年)3月26日
備考 業務委託駅メトロコマース
テンプレートを表示
改札口(2015年6月)
ホーム(2015年6月)

本駒込駅(ほんこまごめえき)は、東京都文京区向丘二丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)南北線である。駅番号N 13

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅である。地上への出入口は3か所ある。東大前側の出入口からは改札まで若干の距離がある。ホーム階と改札階およびコンコース階と地上をそれぞれ連絡するエレベーターが設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 N 南北線 王子赤羽岩淵浦和美園方面
2 白金高輪目黒日吉方面

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員22,409人であり[1]、東京メトロ全130駅中122位。

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[4]
出典
[5]1995年(平成07年) 5,529 2,833 [* 1]
1996年(平成08年) 6,868 3,505 [* 2]
1997年(平成09年) 9,250 4,826 [* 3]
1998年(平成10年) 11,264 5,916 [* 4]
1999年(平成11年) 12,495 6,426 [* 5]
2000年(平成12年) 13,436 6,783 [* 6]
2001年(平成13年) 15,165 7,419 [* 7]
2002年(平成14年) 15,163 7,543 [* 8]
2003年(平成15年) 15,709 7,820 [* 9]
2004年(平成16年) 16,042 7,928 [* 10]
2005年(平成17年) 18,580 9,298 [* 11]
2006年(平成18年) 18,497 9,150 [* 12]
2007年(平成19年) 19,068 9,470 [* 13]
2008年(平成20年) 19,617 9,840 [* 14]
2009年(平成21年) 20,245 10,179 [* 15]
2010年(平成22年) 20,314 10,191 [* 16]
2011年(平成23年) 19,428 9,748 [* 17]
2012年(平成24年) 19,986 10,013 [* 18]
2013年(平成25年) 20,755 10,394 [* 19]
2014年(平成26年) 21,094 10,539 [* 20]
2015年(平成27年) 22,409

駅周辺[編集]

当駅のある文京区本駒込と、隣駅の駒込駅のある豊島区駒込は、江戸時代には「駒込」という一つの町であった。しかし、1878年に郡区町村編制法が施行され、駒込の一部は本郷区に、それ以外は北豊島郡のエリアに所属することとなった。北豊島郡巣鴨町から豊島区となった部分の地名は、「駒込」が引き続き使われているが、文京区となった部分は旧本郷区に位置していたため、「本駒込」となった。

周辺には東洋大学をはじめとした学校が多いため、ラッシュ時は通学する学生・生徒で混雑する。

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
N 南北線
東大前駅 (N 12) - 本駒込駅 (N-13) - 駒込駅 (N 14)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  2. ^ 文京の統計 - 文京区
  3. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  4. ^ 東京都統計年鑑
  5. ^ 開業6日間のデータ

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]