ラクーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラクーア

ラクーア英称LaQua)は東京ドームシティのスパ(温泉)施設を中心とした融合商業施設。

概説[編集]

後楽園ゆうえんち(現・東京ドームシティアトラクションズ)旧コースターランド(遊園地北側部分)の再開発計画により建設され、2003年平成15年)5月1日開業。従来のファミリー層向けの遊園地ではなく、会社帰りに立ち寄ることもできるような都市型レジャー施設である。社会人女性を中心的なターゲットとし、基本コンセプトは「東京の真ん中でリフレッシュを楽しむ」である。所在地は東京都文京区春日一丁目3番。三井不動産と提携。

名称は、フランス語の女性単数定冠詞「La」(英語の「The」に相当)と日本語の「Laqu(楽)」、水を意味する「Aqua」を掛け合わせたものである。ラクーアのロゴは「Q」の輪の部分を観覧車「ビッグ・オー」、尻尾部分をジェットコースター「サンダードルフィン」のレールをイメージしたものになっている。

ラクーアにはスパ施設のほか、商業施設や遊戯施設などがある。ラクーアの完成に伴い、南半分に残った後楽園ゆうえんちの施設(ジオポリス、タワーランド、パラシュートランド)は「東京ドームシティアトラクションズ」と名称を変更している。ラクーアと東京ドームシティアトラクションズともに、入園料無料のフリーゲートシステムを採用している。当初は遊戯施設ごとに料金を払う形となっていたが、2003年7月に乗り物乗り放題チケット「ライドフリー」を設定した。

施設概要[編集]

スパ施設「Spa LaQua(スパ ラクーア)」[編集]

日帰り入浴施設(温泉) ラクーアビル5 - 9階。

  • 源泉名 小石川温泉
    • 泉質 ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性・中性・温泉)
    • 効用 冷え性・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・疲労回復・健康増進・くじき・うちみ・やけど・きりきずなど

フロア構成[編集]

  • 5階-リラクセーション-休憩用のラウンジや仮眠スペースなどがある。レストランも供設。
  • 6階-スパゾーン-多彩なお風呂がある。また、女性限定のアメニティショップがある。
  • 7階-ランデブーデッキ-オープンデッキから東京ドームシティが一望できる。
  • 8階、9階-ヒーリングバーデ-バリ、ドイツ、韓国などの癒しの要素を融合した開放感あふれる空間。9階にはバーデカフェがある。18歳未満は立ち入り禁止。

フィットネスクラブ 東京ドーム[編集]

会員制フィットネスクラブ ラクーアビル7階。

  • ビジター利用は通常不可。月額会費にオプション料金追加でスパ・ラクーアの入浴利用が可能。

フロア構成[編集]

  • 7階-フロント-プロショップと酸素カプセルが設置されている。
  • 8階-ジムやプールなどが存在する。

商業施設(ショップ&レストラン)[編集]

出店店舗の詳細については公式サイト「ショップ一覧」を参照。 1階から4階、9階にショップやレストランがある。2013年5月現在、改装に向けて閉店した店舗がある。

フロア構成[編集]

過去に存在したテナント[編集]

これらは改装に向けて閉店した店舗である。

アトラクションズ[編集]

ビッグ・オー

NTTドコモが開業当初からLaQuaの公式スポンサーになっており、開業当初はVライブを使用したライブ映像の配信サービスや、園内に設置されたQRコードを用いたiモードユーザーを対象としたモバイル会員向けサービス(スタンプラリー形式でのポイント加算による景品プレゼントなど)を意欲的に実施していた(既に終了)。そのうち、ビッグ・オーとサンダードルフィンではモバイル会員を対象とした「アトラクション予約」サービスを展開しており、サイト上で時刻指定のうえクレジットカードでチケットレス決済し(2006年頃より予約単独での利用も可能となる)、指定時間迄に専用レーンに来場のうえ予約画面のQRコードを提示すれば優先的に搭乗できるといった画期的なサービスを提供していた[1]。後にEZWebY!ケータイにも対応したが、2012年3月31日をもってモバイル会員の終了に伴い利用不可となっている。なお、ビッグ・オーのキャビン内に設置されている音楽プレーヤーはM-stage music用端末のドコモPHS P711mであり、2012年現在も定期的に楽曲を入れ替えて使用されている[要出典]

沿革[編集]

  • 2001年平成13年)1月 - 温泉掘削の許可。
  • 2001年(平成13年)2月9日 - 温泉掘削作業開始。
  • 2001年(平成13年)5月6日 - コースターランド営業終了。
  • 2001年(平成13年)6月12日 - 天然温泉の泉脈発見(地下1,700m)。
  • 2001年(平成13年)7月3日 - 建設開始。
  • 2003年(平成15年)5月1日 - ラクーア開業。
  • 2005年(平成17年)7月 - 水上メリーゴーランド「ヴィーナスラグーン」運営開始。
  • 2008年(平成20年)1月14日 -「ザ・13ドアーズ」運営終了。
  • 2008年(平成20年)2月16日 - 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」運営開始。
  • 2009年(平成21年)9月23日 - 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」運営終了。
  • 2009年(平成21年)12月12日 - 「ザ・ダイブ」運営開始。
  • 2010年(平成22年)12月5日 - 「サンダードルフィン」から部品が落下して地上で跳ね返り、下を通りかかった女児に当たる事故が発生した。女児は軽傷。そのため、同日より緊急点検のため2013年7月31日まで運転休止。
  • 2011年(平成23年)1月31日 - 東京ドームシティアトラクションズ「スピニングコースター舞姫」で発生した死亡事故を受け、ラクーアの全アトラクションについても5月31日まで営業休止。なお、ショップ、温泉は平常通り営業。
  • 2011年(平成23年)6月1日 - 「サンダードルフィン」を除くアトラクションが営業再開。
  • 2013年(平成25年)
    • 5月7日 - ラクーアのショップ、レストランの一部店舗がリニューアルすることが発表された。[2]
    • 8月1日 - 「サンダードルフィン」の営業を再開。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度42分25.6秒 東経139度45分10.1秒