東京ドーム (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京ドーム(とうきょうドーム)
Tokyo Dome 2015-5-12.JPG
東京ドームの内部
面積および体積
定義 4万6,755平方メートル又は
124万立方メートル
由来東京ドーム」が、主にマスメディアにおいて、日本における著名な建築物であり、ある種の常識的な建築物の地位を築いており、東京人に限らず広く日本人に知れ渡っている建築物である、とされているため。
テンプレートを表示

東京ドーム(とうきょうドーム)は日本の大規模な建築物として著名であることから、さまざまなマスコミュニケーションで対象の広さや量の多さを強調する手段として、「東京ドーム○○個分の広大な敷地」などと面積体積を換算する単位として扱われる場合がある[1]

Googleによる検索サービス電卓表示で、「東京ドームは何リットル」と入力すると体積の換算単位として認識される[2]

数量[編集]

単位としての東京ドーム.gif

  • 体積:ドーム部分の単純体積である124万m3[3]を用いる。
  • 面積:建築面積である46,755m2 = 約4.7haを用いる[3]。これにはスタンドより外周の部分も含まれる。グラウンド部分(13,000m2[4]を使う場合は、『東京ドームのグラウンドの何倍』と断り書きを入れることがある[5]。上の図で水色の部分は、ドームを覆う白い屋根のある部分。この箇所だけならば、面積は約3.5ha[6]

類例[編集]

東京ドーム落成以前は後楽園球場で換算し、同様に体積の換算単位として霞が関ビル丸ノ内ビルヂングなど[7][1]が用いられた。各地方では北海道札幌ドーム[8]中部地方ナゴヤドーム[9]近畿地方阪神甲子園球場[7]九州福岡ドーム[10]などが用いられ、高さ東京タワー富士山通天閣など、距離地球などで換算する場合もみられる[7][1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]