林有厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林 有厚(はやし ゆうこう、1930年(昭和5年)1月1日 - 2017年(平成29年)5月17日[1])は、広島県出身の実業家株式会社東京ドーム社長などを務める。

経歴[編集]

1930年(昭和5年)1月1日広島県広島市牛田に生まれる。旧制修道中学校を経て新制修道高等学校を1948年(昭和23年)に卒業。修道中学校では日本画家の平山郁夫と同級生であった[2]。また中3年生のとき宮島の兵器分廠で労働中に原爆に被爆[3]慶應義塾大学法学部を卒業後[4]、1955年(昭和30年)に株式会社後楽園スタヂアム(現株式会社東京ドーム)入社。その後、同社取締役、常務取締役、専務取締役、代表取締役副社長を経て、1996年(平成8年)株式会社東京ドーム代表取締役社長に就任。2009年(平成21年)代表取締役会長となる[5]

1996年(平成8年)から2015年(平成27年)まで日本ボクシングコミッションのコミッショナーを務め、2008年(平成20年)には東洋太平洋ボクシング連盟会長に就任。

脚注[編集]

関連項目[編集]