久代信次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久代 信次(くしろ しんじ、1941年3月1日 - )は、日本実業家。株式会社東京ドーム代表取締役会長。

人物[編集]

1941年3月1日東京府出身。1965年に中央大学卒業と同時に後楽園スタヂアム入社[1]。入社以後は財務・経理畑を中心に歩む[1]

1995年に株式会社東京ドーム常務取締役就任。その後は子会社の後楽園不動産社長なども務め[2]、専務執行役員に昇格する。

2009年に林有厚の後を受けて東京ドーム代表取締役社長に就任。その他には野球殿堂博物館理事[3]、 中央大学学員会東京文京区支部副会長[4]を務めている。

2015年2月24日付で、第6代日本ボクシングコミッション会長・コミッショナーに就任した[5][6]

2016年4月に東京ドーム代表取締役社長を退任し会長に就任。

脚注[編集]

  1. ^ a b 代表取締役の異動に関するお知らせ (PDF) 株式会社東京ドーム 平成21年2月27日付
  2. ^ 第100期有価証券報告書 - 【役員の状況】] (PDF) 株式会社東京ドーム 平成21年度
  3. ^ 役員・評議員一覧 野球殿堂博物館公式サイト
  4. ^ 役員構成 中央大学学員会東京文京区支部
  5. ^ JBC役員名簿 日本ボクシングコミッション 2015年2月24日付
  6. ^ JBC新コミッショナーに久代信次氏 日刊スポーツ 2015年2月25日閲覧