熱海後楽園ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熱海後楽園ホテル
Atami Korakuen Hotel.JPG
ホテル概要
正式名称 熱海後楽園ホテル
運営 株式会社東京ドーム・リゾートオペレーションズ
部屋数 89室
開業 1965年8月1日
最寄駅 JR東海道線熱海駅
最寄IC 西湘バイパス石橋IC
所在地 〒100-0014
静岡県熱海市和田浜南町10-1
位置 北緯35度5分17秒 東経139度4分46秒 / 北緯35.08806度 東経139.07944度 / 35.08806; 139.07944座標: 北緯35度5分17秒 東経139度4分46秒 / 北緯35.08806度 東経139.07944度 / 35.08806; 139.07944
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
株式会社東京ドーム・リゾートオペレーションズ
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
413-8626
静岡県熱海市和田浜南町10-1
設立 2000年3月17日
業種 サービス業
法人番号 9010001068119
事業内容 ホテルの経営
代表者 代表取締役社長 小野澤紀雄
資本金 5,000万円
売上高 42億8600万円(2013年1月期)
従業員数 142名※正社員のみ(2012年4月現在)
外部リンク http://www.atamikorakuen.co.jp/
テンプレートを表示

熱海後楽園ホテル(あたみこうらくえんホテル)は、静岡県熱海市にあるホテル株式会社東京ドームグループ傘下の東京ドーム・リゾートオペレーションズが運営を行う。

概要[編集]

昭和30年代、熱海市は近代都市へと移行するための事業の一つとして下水道施設の建設をもくろんだ。風光明媚な熱海海岸という場所であったために反対の声が上がり、困惑した熱海市長の小松勇次後楽園スタヂアム(現:東京ドーム)社長の真鍋八千代に相談を持ちかける。真鍋はこの場所が日本有数の景勝地で知名度も高く、背景に伊豆の観光圏を控えていることもあり、宿泊施設と日帰り客中心のレジャー施設をつくることを思い立った。

熱海後楽園の地上を横切っていたアタミロープウェイを傘下に収め、設計は森京介設計事務所、施工は竹中工務店、海面埋立は青木建設住友建設があたり計画が進められた。総工費45億円、4年の歳月を費やし1965年7月に完成。海のパノラマリゾート温泉として8月1日から営業を開始した。

1996年7月21日にはタワー館が新規オープンし、旧館のみさき館と合わせて235室・約1100名収容の大規模宿泊施設へと変貌した(みさき館は2016年8月末で閉館)。

2019年春にはみさき館跡地に新たに複合型リゾート施設を計画している。

歴史[編集]

  • 1965年8月1日 - ホテル、遊園地(当時の名称は熱海後楽園ゆうえんち、後に熱海後楽園ポップランドに改称)、円形大ホールなどを備えた熱海後楽園開業
  • 1993年7月18日 - 熱海後楽園ポップランドが、ゆうえんちAPIO(Atami Playland In Ocean)としてリニューアルオープン
  • 1994年 - ゆうえんちAPIOの観覧車が営業終了[1]
  • 1996年7月21日 - 高さ79mのタワー館開業
  • 2000年3月17日 - 株式会社東京ドーム・リゾートオペレーションズが運営を開始
  • 2015年1月12日 - ゆうえんちAPIO営業終了[2]
  • 2016年8月30日 - みさき館閉館
  • 2019年春 - みさき館跡地に複合型リゾート施設開業予定(2017年7月より着工予定)

設備[編集]

客室
  • タワー館:89室(エクセレンシィルーム18室、エクセレンシィラージルーム3室、洋室8室、和室60室)
遊園地
  • ゆうえんちアピオ - 株式会社東京ドーム・リゾートオペレーションズの関連会社の株式会社アタミ・ロープウエイが運営していた。2015年1月12日営業終了[2]
会議場
  • タワー館コンベンションホール 秀峰(富士、箱根、天城、伊豆A・B)
  • タワー館会議室 丹那・足柄
エステ
  • エステティックサロン
  • 癒し処爽楽
レストラン・バー
  • スカイレストランTOP・OF・ATAMI(トップ・オブ・アタミ)
  • カフェテラスCONFORT(コンフォール)
  • エクセレンシィラウンジ ソレイユ
  • BAR EBB TIDE(エブタイド)
  • カラオケラウンジ ソレイユ

アクセス[編集]

鉄道
  • JR東海道線熱海駅より熱海後楽園行きバス終点下車、徒歩1分
  • 西湘バイパス石橋ICより約25分

ロケ地になった作品[編集]

熱海の陰謀を砕け
『電子戦隊デンジマン』のエピソード
話数 第16話
監督 竹本弘一
脚本 上原正三
制作 落合兼武、碓氷夕焼テレビ朝日
吉川進東映
音楽 渡辺宙明
初放送日 1980年5月17日 (1980-05-17)
ゲスト出演者

伊藤たくみ(浅野雄一)
長沢大(浅野教授)
赤司まり子(浅野夫人)
高野隆志(小川教授)
泉福之助(タクシー運転手)
飯塚昭三(サメラーの声)

エピソード前次回
← 前回
「悪の園への招待状」
次回 →
「泣くな!野球小僧」
電子戦隊デンジマン#放映リスト
  • 電子戦隊デンジマン
    第16話「熱海の陰謀を砕け」のロケ地として使用。ベーダーは「相模湾にサメラ菌をばらまき900万人の命落とす」と考え、小川博士の遺言通り熱海へ向かったデンジマンたちは変装してまでこの施設に立ち入れた。みさき館コンベンションホール宴ではデンジマンたちはステージで見た残りのダンサーがベーダーの女スパイと分かり青梅大五郎(大葉健二)はステージに近付こうとしたところ赤城一平(結城真一)が止めに入る所に使い、ホテル内の遊園地では最初の戦闘シーンに使われている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 株式会社東京ドーム75年史

外部リンク[編集]