秦豊吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秦豊吉

秦 豊吉(はた とよきち、1892年1月14日 - 1956年7月5日)は、日本実業家演出家翻訳家随筆家興行師。帝大出の商社マンから興行界に転身し、日本初のヌードショー額縁ショー」の生みの親として知られる。

来歴・人物[編集]

東京府東京市牛込余丁町(現・新宿区余丁町)の裕福な薬商の家に生まれる。もともとは三重県東員町長深で土建業をしていた一家で、四日市北町で寿福座という芝居小屋を経営[1]、1878年に祖父・専治が上京し、饅頭屋を経て日本橋で生薬問屋「専治堂」を開業した[2][1]。豊吉の父親はその長男・鐐次郎で、家業と祖父の名・専治を継ぎ、西洋雑貨なども扱った[1]

東京府立一中を経て、一高では文芸部に。山本有三とは同期であった。1917年に東京帝国大学法科大学独法科卒業後、三菱合資会社を経て三菱商事に勤めるが、文学趣味が強く、ドイツ文学を翻訳した。1917年から1926年まで社命でベルリンに滞在し、1923年結婚のためいったん帰国、その際関西に移住していた谷崎潤一郎を訪ね、谷崎は秦の様子が変わったのを見て「友田と松永の話」のモデルにしたと言われる。ベルリン滞在中には劇場通いをし、ゲアハルト・ハウプトマン(1920年ころ、三菱商事社員としてベルリン赴任中に秦豊吉がファンレターを出したところ、ハウプトマンのシュレージエンの山荘に招かれ、神道日本文化について聞かれ、大晦日にも年越しパーティにも招かれたという[3])やアルトゥル・シュニッツラー、アルフレッド・ケル(de:Alfred Kerr)、ルドルフ・オイケンらに手紙を送って面会にこぎつけるなど1920年代ベルリン文化を楽しんだ[4]

帰国後、マルキ・ド・サドをもじった筆名「丸木砂土」で小説『半処女』(1932)やエロティック随筆を書き、ゲーテファウスト』などの翻訳も行う。三菱合資会社勤務中、レマルクの『西部戦線異状なし』を翻訳、中央公論社から単行本として刊行し、ベストセラーとなる(本書は同社初の単行本)。1932年に三菱を退社。

1933年、東京宝塚劇場に勤務して日本劇場(日劇)の運営に関わり、日劇ダンシングチームを育て上げる。1934年8月には支配人として東宝名人会を創設。1935年9月12日に同社の取締役に就任。1937年2月27日に江東楽天地が開業し取締役に就任。同年5月8日に東京宝塚劇場専務取締役を経て、1940年11月20日に同社代表取締役社長に就任。同年12月に株式会社後楽園スタヂアムの代表取締役社長に就任。1941年2月27日に東宝映画取締役に就任。1942年12月に後楽園スタヂアム代表取締役会長に就任(1953年まで務めた)。1943年12月10日に東宝代表取締役副社長に就任。1946年2月17日に現業重役制を廃止し新たに経営担当者制を布くために社長補佐に就任。同年3月13日に敗戦により公職追放に追い込まれ、東宝の経営から離れるが、1947年1月15日より東京新宿の帝都座で『ヴィナスの誕生』と題して日本初のストリップ・ショーを上演し成功を収める。1950年11月16日に帝国劇場社長になり、1952年9月20日に東宝取締役に復帰。国産ミュージカルの「帝劇ミュージカルス」上演で成功を収める。晩年は日本テレビ放送網の経営にも関わった。64歳で亡くなるまで50冊以上の著書・訳書を上梓した。

親族[編集]

祖父母である専治・やす夫婦には女6人、男8人の計14人の子があり、父の専治はその長男。

父の弟(祖父の三男)に秦家から養子に出て歌舞伎役者になった七代目松本幸四郎がいる[5]十一代目市川團十郎初代松本白鸚二代目尾上松緑はいとこにあたる。豊吉の妹の治子は三菱商事社長の槙原覚の妻となり、子の槙原稔は同社社長会長を務めた[6][7]

妻の永富八代子は日本郵船副社長・永富雄吉の三女[8][9]。ドイツ駐在中に心臓を悪くし、長く療養した[8]。二人に子供はいない[8]

著書[編集]

  • 『好色独逸女』(文藝春秋出版部) 1928
  • 『独逸文芸生活』(聚英閣) 1928
  • 『世界艶笑藝術』(武侠社) 1930
  • 『伯林・東京』(岡倉書房) 1933
  • 『僕の弥次喜多』(三笠書房) 1934
  • 『丸の内夜話』(秋豊園) 1937
  • 『宝塚と日劇 私のレビュウ十年』(いとう書房) 1948
  • 『夫婦愛し方読本』(東南書房) 1952
  • 『ぐっど・ないと』(出版東京) 1952
  • 『三菱物語』(要書房) 1952
  • 『新丸の内夜話』(小説朝日社) 1953
  • 『離れ座敷』(要書房) 1953
  • 『芸人』(鱒書房) 1953
  • 『菜の花漬』(要書房) 1953
  • 『私の演劇資料』第1-4 1950 - 1953
  • 『演劇スポットライト』(朋文堂) 1955
  • 『わが粋筆』(美和書院) 1955
  • 『劇場二十年』(朝日新聞社) 1955
  • 『女の絵はがき』(住吉書店) 1956
  • 『偉人粋人』(学風書院) 1956

丸木砂土名義[編集]

  • 『青春独逸男』(丸木砂土、文藝春秋社) 1929
  • 『夜の話 画の話』(丸木砂土、明星書院) 1930
  • 『変な笑ひ顔で』(丸木砂土、中央公論社) 1930
  • 『風変りな人々』(丸木砂土、四六書院) 1931
  • 『女性西部戦線』(丸木砂土、風俗資料刊行会) 1931
  • 『東京の女王』(丸木砂土、文藝春秋社) 1931
  • 『処女学講座』(丸木砂土、文藝春秋社) 1932
  • 『女の学校』(丸木砂土、いとう書房) 1947
  • 『甘つたれの研究』(丸木砂土、ハンドブック社) 1952
  • 『丸木砂土随筆』(東京文庫) 1952
  • 『殿方草紙』(丸木砂土、要書房) 1953
  • 『秘密の文学』(丸木砂土、住吉書店) 1955

翻訳[編集]

丸木砂土名義[編集]

  • 『歓楽の二夜』(ミユツセ、丸木砂土訳、平凡社世界猟奇全集1) 1931
  • 『女の迷宮』(ジヤビダン妃殿下(hanum Djavidan)、丸木砂土・和田顕太郎共訳、平凡社、世界猟奇全集11) 1931

評伝[編集]

  • 『行動する異端 - 秦豊吉と丸木砂土』(森彰英、TBSブリタニカ) 1998

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『行動する異端: 秦豊吉と丸木砂土』森彰英、ティビーエスブリタニカ, 1998、p36
  2. ^ 第13回北勢線の魅力を探る報告書 松本幸四郎墓・歌舞伎公園・まちかど博物館 西村 健二北勢線の魅力を探る会、2009年10月27日
  3. ^ 『行動する異端: 秦豊吉と丸木砂土』森彰英、ティビーエスブリタニカ, 1998、p54
  4. ^ 『行動する異端: 秦豊吉と丸木砂土』p54、p86
  5. ^ 小谷野敦『忘れられたベストセラー作家』(イースト・プレス)P.110
  6. ^ 『私の履歴書 : さまざまな出会い』槙原稔 、日本経済新聞出版社日経事業出版センター、2010
  7. ^ 秦豊吉『人事興信録』 10版(昭和9年) 下卷
  8. ^ a b c 『行動する異端: 秦豊吉と丸木砂土』p81-84
  9. ^ 永富雄吉 (男性)『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]

外部リンク[編集]