JRセントラルタワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JRセントラルタワーズ
JR Central Towers
桜通口側(2007年12月31日)
桜通口側(2007年12月31日)
JRセントラルタワーズの位置(名古屋市内)
JRセントラルタワーズ
JRセントラルタワーズ
施設情報
所在地 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号
座標 北緯35度10分16.6秒
東経136度52分57.5秒
座標: 北緯35度10分16.6秒 東経136度52分57.5秒
状態 完成
着工 1994年8月25日[1]
竣工 1999年12月20日[1]
開業 1999年12月23日
用途 店舗事務所ホテル駐車場
地上高
高さ オフィス棟:245.1m
ホテル棟:226m
各種諸元
階数 オフィス棟:地上51階地下4階 塔屋3階
ホテル棟:地上53階地下4階
敷地面積 82,191 m²
建築面積 18,220 m²
延床面積 416,565 m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
エレベーター数 低層階(商業テナント)用:10基
スカイシャトル:12基
オフィス棟:22人乗り×20基
(高・中・低3バンク)
駐車台数 1,500台(一般駐車場1,300台)
関連企業
設計 コーン・ペダーセン・フォックス
大成建設坂倉建築研究所
東海旅客鉄道
施工 大成建設鹿島建設大林組
清水建設竹中工務店熊谷組
鉄建建設名工建設新生テクノス
ジェイアール東海建設
東海交通機械
デベロッパー 東海旅客鉄道
ジェイアールセントラルビル
管理運営 ジェイアールセントラルビル
太閤通口側(2010年2月20日)

JRセントラルタワーズ(ジェイアール セントラルタワーズ、英称:JR Central Towers)は、愛知県名古屋市中村区のJR名古屋駅に併設されている複合施設(駅ビル)である。竣工時は名古屋市で最も高い建造物であったが、現在はセントラルタワーズの真ん前に所在するミッドランドスクエアにその座を譲っている。

概要[編集]

単一の建物として日本一延べ床面積が広いビルであり、[要出典]地上18階建ての低層部と、高さ200mを超える2つのタワーから成る超高層ビルである。建物の高さはオフィス棟(245.1m・地上51階建て)の方が高いが、階数はホテル棟(226m・地上53階建て)が多い。晴れた日には岐阜県の岐阜城(金華山)や三重県の御在所岳などからでもその姿を見ることができ、名古屋のランドマークとして人気スポットになっている。

2014年に、大阪市近鉄大阪阿部野橋駅に高さ300mのあべのハルカスが完成したことにより、駅ビルとしての高さ世界一の座は奪われたものの、延べ床面積ではあべのハルカスが35万2981m²と及ばないため2015年現在も世界最大である。 かつては期間限定ではあるものの、名古屋の民放ラジオ局が共同運営するサテライトスタジオがあった。

2010年6月23日には、NHK名古屋放送局テレビ愛知が、瀬戸デジタルタワーから送信されている地上デジタルテレビ放送の難視聴を解消することを目的として、それぞれ名駅中継局を開局した。

郵便番号は、〒450-60xxがビル専用に設定されている(xxは階数、90の場合は地下、90を除く53より多い数字は入居する特定企業専用の番号となる)。

  • エレベーター数
    • 低層階(商業テナント)用:10基
    • スカイシャトル:12基
    • オフィス棟:22人乗り×20基

(高・中・低3バンク)

建設の経緯[編集]

  • 旧駅舎の老朽化
    • 1937年昭和12年)に竣工した名古屋駅旧駅ビル老朽化により1990年平成2年)に基本構想が発表される。
    • 名古屋駅周辺の線路も敷地として含めて申請し、本来の名古屋駅の敷地面積では建設不可能な大規模なものとなったため、建築許可をめぐり問題とされたが、最終的には政治力で認可された。
  • 運営会社の設立
  • 旧駅ビル解体
  • 建設開始
    • 1994年(平成6年)、解体終了に伴い建設を開始[1]。ならびにビル運営会社を設立。
  • 百貨店運営協力会社決まる
    • 株式会社松坂屋の支援断念に伴い、他の支援先を探し始める。
    • その後、1996年(平成8年)から1997年(平成9年)までに株式会社高島屋が協力、出資に合意、会社名が株式会社ジェイアール東海高島屋に決まる。
  • 棟上から各施設オープンまで


現況[編集]

1階コンコース、ジェイアール名古屋タカシマヤ入口

バブル期に構想されバブル崩壊後に竣工し、一時はその成功が疑問視されたが、竣工後はデパート、オフィス、ホテルとも人気で名古屋の商業中心として名駅と並立する地位に押し上げ、いわゆる「名古屋摩天楼」の先駆けとなったビルでもある。一部では「高島屋効果」との言い方もあるが、これは地方から一番行きやすい百貨店JRが宣伝した影響もある。

低層階はジェイアール名古屋タカシマヤ(一部東急ハンズ)からなる。15階から18階は名古屋マリオットアソシアホテルの共用施設とスカイストリートが入居しており、19階以上の高層階はオフィス棟とホテル棟のツイン構造となっている。オフィス棟最上部には展望室があり、東海旅客鉄道(JR東海)本社、大成建設名古屋支店、三菱商事名古屋支社、株式会社全日警 名古屋支社など多くの大企業が入っている。ホテル棟には名古屋マリオットアソシアホテルの客室が入り、最上部にはレストランとスカイバンケットがある。51階(最上階)にある展望台「パノラマハウス」は2005年(平成17年)10月2日にいったん営業を終了した。その後ジェイアール名古屋タカシマヤエステワインバーカフェなどが連なる「パノラマサロン」として改装し再オープンしている。また、大名古屋ビルヂングの建て替えによる取り壊しに伴い、同ビルにあった大名古屋ビル献血ルームが2011年10月8日にオフィスタワー20階に移転し、新たに「献血ルーム タワーズ20」としてオープンした。

名古屋中央郵便局旧局舎(後の、同局名古屋駅前分室店舗)の再開発に伴い、名古屋駅前分室のゆうゆう窓口私書箱機能が、同分室から分割される形で当館15階に設置され、同局(現在は、名古屋西局)タワーズ内分室となっている。なお1階には当ビル竣工時より、タワーズ内郵便局(2015年12月9日まで)[2]が所在していた(現在は、旧名古屋駅前分室の仮店舗跡地に移転し、名古屋柳橋郵便局となっている)。

オフィスタワーに割り当てられている固有の郵便番号は450-60xx(xxは階層。地下・階層不明の場合は450-6090)。オフィス高層用エレベータ・パノラマサロン直通エレベータ(どちらも三菱電機製)は最高分速360mであり、中部一の速度である(現在はミッドランドスクエア名古屋ルーセントタワーにも同じ速さのエレベータがある)。テナント料の関係上オフィスを撤退する企業も少なくはない。しかし同時に入居する企業もあるので、名古屋の経済状況をあらわすひとつの例としても考えられている。

ギネス世界記録登録および取消し[編集]

完成当時、高さ245m、また延べ床面積41万6565m²という規模は駅ビルとしては世界最大であったため、世界一大規模な駅ビルとしてギネス世界記録に登録されていた[3][4]。しかし、現在ではギネス社による定義の変更により記録が取り消されている。同社ではギネス記録の見直しを定期的に実施しているが、JRセントラルタワーズの記録を見直す際、百貨店など多数のテナントが入居していることに着目し、当ビルは「駅ビル」ではなく「複合ビル」であるとした[5][6]

記録の更新ではなく取消という形で変更されたため、現在のギネス世界記録には「世界一大規模な駅ビル」という定義の記録自体が存在していない [6]。なお、2012年12月頃には近鉄があべのハルカスを「世界一高い駅ビル」として記録申請を検討する動きがあった[7]ものの、登録には至っていない(当ビルの記録取消時期が不明なため、2012年12月時点で当ビルが記録を保持し続けていたかどうかも定かではない[6])。

ライツプロムナード[編集]

タワーズライツ2007

開業した2000年以降、毎年クリスマスを含む年末年始には「タワーズライツ」と呼ばれるビルの壁面を利用したイルミネーションを行っていた。2003年までは神戸ルミナリエに似たデザインだったが、2004年にデザインを大幅に変更した。以後も徐々にデザインを変えていき、末期は白色LEDを多用したシンプルなデザインとなっていた。

「ライツプロムナード」と改称された2010年にはタワーズテラスでのイルミネーションのみ実施。壁面装飾を中止した理由として「名古屋ターミナルビルの建て替え工事でバス停が道路上に移転することに伴い、周辺道路の混雑を回避するため(バスのダイヤの遅れを防ぐため)」としている(2010年11月14日放送のスタイルプラスより)。

また、2010年以降の6年間は名古屋ターミナルビルの建替え工事に伴いビル壁面のイルミネーションを中止し、2017年に再開する予定としていた。だが、翌2011年に東日本大震災が発生。原発停止に伴う節電強化に伴って同年の開催は中止となったが、これ以降もイルミネーションは実施しておらず、事実上2010年で終了した。

開業前の1998年年末から1999年正月にかけては、一部の部屋の照明を点灯させ、外から「98」「99」と見える演出を行っていた。特に1998年の大晦日には、新年のカウントダウンと同時に「98」から「99」へと表示が切り替わる演出も行われている。

名駅デジタルテレビ中継局[編集]

NHK名古屋放送局テレビ愛知は、瀬戸デジタルタワーからの電波が届きにくい名古屋市の南西部をカバーするため、JRセントラルタワーズに地上デジタルテレビ放送専用中継局を設置した[8]

中継局概要[編集]

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
2 NHK名古屋
教育
49ch 300mW 3.1W 中京広域圏 約47,300世帯 水平偏波
3 NHK名古屋
総合
50ch 愛知県
10 TVA
テレビ愛知
26ch 2W 25W 約192,000世帯

放送エリア[編集]

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “JR7社14年のあゆみ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 9. (2001年4月2日) 
  2. ^ http://map.japanpost.jp/pc/syousai.php?id=300120014000
  3. ^ ギネスブックも認証した世界最大の駅ビル「大成建設株式会社」サイト『地図に残る仕事 Vol.006 JRセントラルタワーズ』 2015年8月閲覧.
  4. ^ 番組内容「テレビ愛知」公式サイト『東海圏経済ドキュメント「決断!名駅を変えた男たち」』 2015年8月閲覧.
  5. ^ 中日新聞2016年3月8日付朝刊
  6. ^ a b c 「RAILNEWS」、『鉄道ファン(2016年6月号)』第662巻、交友社、2016年、 171頁。
  7. ^ 「あべのハルカス、「世界一高い駅ビル」でギネス世界記録申請へ」 『産経新聞』 2012年12月23日
  8. ^ 愛知県の開局状況 総務省 東海総合通信局
  9. ^ a b 東海地区の開局情報(愛知県)/【表12】名駅中継局(名古屋市:JRセントラルビル) 総務省 東海総合通信局
  10. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局4中継局の予備免許及び免許総務省 東海総合通信局、2010年8月26日
  11. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局(名駅及び国際センター中継局)の免許総務省 東海総合通信局、2010年6月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]