エディー・バウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Eddie Bauer Holdings, Inc. (EB)
種類 公開会社でない株式会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワシントン州ベルビュー
設立 1920年
業種 小売業
代表者 Michael Egeck(CEO
従業員数 10,000人(2007年)
主要株主 ゴールデンゲート・キャピタル(英語版
外部リンク http://www.eddiebauer.com/
テンプレートを表示
エディー・バウアー・ジャパン株式会社
Eddie Bauer Japan, Inc (EB)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
154-8567
東京都世田谷区若林1-8-10
みかみビル3階
設立 1993年12月8日
業種 小売業
代表者 マーコス・ブラックマン(CEO)
従業員数 301人(2009年2月末)
主要株主 オットー・ジャパン
外部リンク http://www.eddiebauer.jp/
テンプレートを表示

エディー・バウアーEB )(Eddie Bauer )は、アメリカのファッションブランド、およびその創設者。以下、ブランドを中心に日本法人についても記述する。

概要[編集]

カジュアルウェアやアウトドア用品を中心に製造販売を行い、アメリカのほか、カナダドイツ、日本で展開している。

1920年ドイツ系アメリカ人エディー・バウアーEB1899年-1986年)が、アメリカのシアトルにおいて、自身の名を用いてスポーツ用品店を創業したのが始まりである。現在も1号店がシアトルにある。1936年には、ダウンパーカーを発案した。高所登山やスキーなど特にハードコンディション向けの製品は『First Ascent』ブランドで展開している。

2003年、当時の親会社が、連邦倒産法第11章(チャプター11)の適用を申請し、2005年に再生手続を終えた。2009年6月17日、再度チャプター11の適用を申請し、債務整理による更生手続きに入った[1]。負債の膨張・本業不振による、資金繰りの悪化に起因する。その後、全米160店中100店の存続が決まった。

日本での展開[編集]

神戸元町店

日本では、オットー・ジャパンとエディー・バウアー社との合弁会社(オットー70%、エディ30%)、エディー・バウアー・ジャパン株式会社(EB)によって運営。1994年、東京自由が丘に1号店をオープンした[2]。直営店のほか、カタログ通販、オンラインストアを通してアメリカン・カジュアルウエアを提供している。

2009年の米Eddie Bauer Holdings Inc.によるチャプター11申請後も、エディー・バウアー・ジャパン(EB)は独立した会社として日本における店舗の営業を継続している。

脚注[編集]

  1. ^ 米エディー・バウアーが破たん、2億ドルで身売り”. AFPBB News (2009年6月18日). 2014年7月29日閲覧。
  2. ^ エディー・バウアー/自由が丘店を移転リニューアル”. 流通ニュース (2014年7月22日). 2014年7月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]