アダストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社アダストリア
Adastria Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2685
2000年12月12日上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-8510
東京都渋谷区渋谷2丁目21番1号
渋谷ヒカリエ 27F
本店所在地 310-0026
茨城県水戸市泉町三丁目1番27号
設立 1953年10月22日
業種 小売業
法人番号 1050001002254 ウィキデータを編集
事業内容 衣料品・雑貨等の企画・製造・販売
代表者 代表取締役会長社長 福田三千男
資本金 26億6,000万円(2020年2月現在)
発行済株式総数 2440万株
売上高 連結:2,223億7,600万円
単体:1,974億5,100万円
(2020年2月現在)
営業利益 連結:128億8,500万円
単体:120億1,000万円
(2020年2月現在)
経常利益 連結:128億4,300万円
単体:107億5,700万円
(2020年2月現在)
純利益 連結:63億6,300万円
単体:59億5,600万円
(2020年2月現在)
純資産 連結:570億4,100万円
単体:505億1,800万円
(2020年2月現在)
総資産 連結:979億2,400万円
単体:840億6,500万円
(2020年2月現在)
従業員数 連結:5,715人、単体:4,480人
(2020年2月現在)
決算期 2月末日
主要株主 株式会社フクゾウ(33.33%)
前澤友作(5.60%)
豊島株式会社(4.1%)(2015年2月末現在)
主要子会社 株式会社アダストリア・ロジティクス
関係する人物 福田哲三(創業者)
外部リンク https://www.adastria.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社アダストリア: Adastria Co., Ltd.)は、東京都渋谷区渋谷渋谷ヒカリエに本社を置くカジュアル衣料品および雑貨を中心としたSPAブランドを展開する企業。2013年9月に株式会社ポイントが株式会社アダストリアホールディングスに商号変更、事業部門を同年新設された(新)株式会社ポイントに会社分割し、持株会社となった[1]。2015年3月に(新)株式会社ポイントと株式会社トリニティアーツを吸収合併し、再び事業会社に戻った[2]

沿革[編集]

  • 1953年10月22日 - 茨城県水戸市株式会社福田屋洋服店を設立。
  • 1993年3月 - 商号を株式会社ポイントに変更。
  • 1995年5月 - 本部を東京都墨田区に移転。本店は水戸に残した。
  • 2000年12月12日 - 株式を店頭登録(現・ジャスダック)。
  • 2002年12月 - 東京証券取引所市場第二部へ鞍替。
  • 2003年3月 - 台湾出店を開始。海外事業展開スタート。
  • 2004年2月 - 東京証券取引所市場第一部指定。
  • 2004年11月 - 本部を中央区に移転。
  • 2007年10月 - 自社サイトでEC事業を開始。
  • 2008年3月 - 香港出店を開始。
  • 2010年10月 - 中国出店を開始。
  • 2012年10月 - 自社ECサイトを全面リニューアルし、会員制ポイントサービスを開始。
  • 2012年11月 - 株式会社トリニティー(後の株式会社バビロン)を子会社化。本部を千代田区に移転。
  • 2013年4月 - 持株会社制移行のための受け皿会社である(新)株式会社ポイントを設立[1]
  • 2013年6月 - 株式会社NATURAL NINE HOLDINGS(後の株式会社NATURAL NINE)を株式交換により完全子会社化[1]
  • 2013年9月 - 持株会社制に移行。株式会社アダストリアホールディングスに商号変更。(新)株式会社ポイントがグループ経営管理以外の事業を継承。株式会社トリニティアーツを株式交換により完全子会社化[1]
  • 2014年2月 - 子会社の株式会社ポジックが株式会社NATURAL NINEを吸収合併し、株式会社N9&PGに商号変更。
  • 2014年4月 - 子会社の株式会社トリニティアーツが株式会社バビロンを吸収合併。
  • 2014年7月 - 韓国出店を開始。
  • 2015年3月 - (新)株式会社ポイントが株式会社トリニティアーツを吸収合併すると同時に、当社が(新)株式会社ポイントを吸収合併し、事業会社に戻る。[2]
  • 2015年5月 - ファーストリテイリング、シーメンス、コクヨなどで役員を務めた松下正がCOO就任(2018年退任)[3]
  • 2015年6月 - 株式会社アダストリアに商号変更[4]
  • 2015年9月 - 株式会社N9&PGの衣料品企画製造事業を会社分割により継承。株式会社N9&PGは株式会社アダストリア・ロジスティクスに商号変更。
  • 2016年11月 - カフェ・カンパニーと合弁会社peoples inc.設立(翌年契約解消しADASTRIA eat Creations設立)[5]
  • 2017年3月 - ハイエンド市場向け新会社エレメントルール設立[6]
  • 2018年10月 - 水戸市東町運動公園新体育館のネーミングライツを取得し[7]、2019年4月にアダストリアみとアリーナとして開館。

創業者[編集]

現代表の福田三千男の祖父が大正時代学生服を販売、戦後1953年に父・福田哲三(1915-2014)が福田屋洋服店として紳士服小売業を始めた[8][9]。哲三の長男・三千男(1946年茨城県生まれ)が1969年に同志社大学商学部卒業後、衣料メーカーを経て、1971年に家業の福田屋に入社[10]洋服の青山アオキといったディスカウントスタイルの郊外型紳士服チェーンが主流となりつつあったため、水戸での空白マーケットであったメンズカジュアルに乗り換えた[10]。1993年に三千男が社長に就任し、社名をポイント (企業)に変更、2000年に店頭登録、2004年に東証1部上場[10]。2015年、会社統合によりアダストリアに社名変更[8]。代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)に加え、2018年より社長も兼任[3]

展開ブランド[編集]

香港 Collect Point
香港 Global Work
  • LOWRYS FARM(ローリーズファーム
  • LEPSIM(レプシィム)
  • LE FOYER(ルフォワイエ)
  • GLOBAL WORK(グローバルワーク)
  • niko and…(ニコアンド)
  • studio CLIP(スタディオクリップ)
  • JEANASiS(ジーナシス)
  • Heather(ヘザー)
  • RAGEBLUE(レイジブルー)
  • HARE(ハレ
  • BARNYARDSTORM(バンヤードストーム)
  • apart by lowrys(アパートバイローリーズ)
  • BABYLONE(バビロン)
  • repipi armario(レピピアルマリオ)
  • BLISS POINT(ブリスポイント)
  • Chaos(カオス)
  • Curensology(カレンソロジー)
  • Andemiu(アンデミュウ)
  • BAYFLOW(ベイフロー)
  • Salon de la Trinite/Dissy(サロンデュラトリニーテ/ディッシー)
  • SQUOVAL(スクオーバル)
  • mikoa LOWRYS FARM(ミコアローリーズファーム)
  • me%(ミィパーセント)
  • PAS TIERRA(パティエラ)

関連企業[編集]

  • 株式会社アダストリア・ロジスティクス
  • 株式会社アダストリア・ゼネラルサポート
  • 株式会社エレメントルール

提供番組[編集]

過去

社名の由来[編集]

ラテン語の格言である“Per aspera ad astra”「困難を克服して栄光を獲得する」を語源にした造語.

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 当社と株式会社トリニティアーツ及び株式会社NATURAL NINE HOLDINGSとの株式交換契約の締結、持株会社体制への移行に伴う準備会社の設立及び吸収分割契約の締結並びに当社の定款変更(商号等の変更)に関するお知らせ - 株式会社ポイント(旧社)
  2. ^ a b 完全子会社間の合併(簡易合併)及び完全子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)並びに商号の変更に関するお知らせ”. アダストリアホールディングス (2014年9月17日). 2014年9月20日閲覧。
  3. ^ a b アダストリアの松下正・代表取締役COOが退任、オーナーの福田会長兼CEOが社長に復帰WWD, 2018/02/22
  4. ^ 商号の変更並びに定款の一部変更に関するお知らせ”. アダストリアホールディングス (2015年4月22日). 2015年5月5日閲覧。
  5. ^ アダストリアが飲食新会社を設立 カフェ・カンパニーとの合弁は解消WWD, 2017/11/20
  6. ^ アダストリアが新会社でハイエンドマーケット参入 ベイクルーズ出身者起用WWD, 2017/03/01
  7. ^ 東町運動公園新体育館のネーミングライツスポンサーが決定しました水戸市 2018年10月18日
  8. ^ a b 創業店をたどる③ アダストリア「水戸の高校生でにぎわう、男女の交流場所」繊研新聞社、2019年10月07日
  9. ^ 福田哲三氏が死去 ポイント創業者日本経済新聞、2014/9/22
  10. ^ a b c 東京大学プレミアム・サロン第10回ゲスト株式会社ポイント代表取締役会長兼社長福田三千男 様東京大学、2013年2月21日

外部リンク[編集]