渋谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渋谷
渋谷駅ハチ公口付近から見た風景 正面が渋谷スクランブル交差点とQFRONT。 (2018年10月)
渋谷駅ハチ公口付近から見た風景
正面が渋谷スクランブル交差点QFRONT
(2018年10月)
渋谷の位置(東京23区内)
渋谷
渋谷
渋谷の位置
北緯35度39分35.46秒 東経139度42分10.52秒 / 北緯35.6598500度 東経139.7029222度 / 35.6598500; 139.7029222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Shibuya, Tokyo.svg 渋谷区
地域 渋谷地域
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 4,160人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
150-0002[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

渋谷(しぶや、: Shibuya)は、東京都渋谷区の地名。

  1. 町名としての渋谷、渋谷一丁目から四丁目まである。JR渋谷駅を含む渋谷駅東側の地域。
  2. 渋谷駅を中心とする地域の総称。前述「1」の他に、「道玄坂」「宇田川町」「神南」「桜丘町」などが含まれる。東京を代表する繁華街の一つであり、最先端の流行ファッション音楽若者文化の街となっている。
  3. 近年では、渋谷駅から北西にやや離れているものの、個性的な店舗が住宅・企業オフィスの間に点在するエリアが「奥渋谷」(おくしぶや、オクシブ)と呼ばれることもある。町名としては松濤富ヶ谷神山町などである[4]
  4. 東京特別区の一つである渋谷区
  5. 武蔵国の村を起源とする、明治時代以降に存在した渋谷村と渋谷町

概要[編集]

六本木ヒルズから見た首都高速3号渋谷線と渋谷の高層ビル群

新宿池袋と並ぶ3大副都心の一つであり、渋谷駅を中心とした日本有数の繁華街である。主に渋谷駅北西側のセンター街方面に大規模な繁華街が広がっている。「若者の街」として知られ、「西武百貨店」・「東急百貨店」・「渋谷パルコ」・「109」・「渋谷スクランブルスクエア」「ミヤシタパーク」などのデパートファッションビル・専門店・飲食店などが立ち並ぶ。渋谷駅前には待ち合わせの名所である忠犬ハチ公の銅像があり、そのすぐ向かいは渋谷スクランブル交差点となっている。駅からスクランブル交差点を渡ると渋谷センター街であり、飲食店やゲームセンターなどが集積している。かつては歩行者天国を行っていたが、2002年12月28日をもって廃止となった[5]。また、渋谷駅は東京の重要なターミナル駅として機能しており、その利用者数は約330万人であり新宿駅に次いで世界2位を誇る。

渋谷は街路が放射線状に広がり、更に坂や一方通行の小道が多い事から道路拡張は困難で、それら諸般の事情により開発業者は敬遠し、結果として新宿、池袋に比べ街の発展が遅れをとる事となった[6]

かつては若者の街と言えば新宿であった[7]が、1973年渋谷パルコが開店してから若者が多く集まるようになり、1975年以降は新宿に代わる若者の流行の発信地となった1975年以降は新宿に代わる若者の流行の発信地となった[要出典]。かつての西武系のセゾングループ東急グループが競争的に渋谷の開発を行うことで発展してきた経緯をもつ(後述)。

2020年現在の渋谷駅周辺には渋谷109・東急百貨店・Bunkamura渋谷スクランブルスクエア渋谷ストリームなど、東急グループの商業・オフィス・文化施設が多数集積する[8]

毎年10月31日及び直前の週末には、仮装をした多くの若者がスクランブル交差点に集まり、日本におけるハロウィンの聖地として有名である。また、近年はそれに伴う迷惑行為やゴミの問題が指摘されている。

また、多くのIT企業が集積していることから「ビットバレー」と呼ばれる。

2013年東急東横線渋谷駅が地下化したのを契機に各線の渋谷駅の改良工事やそれに伴う周辺地域の大規模な都市再開発を行っており、その規模は「100年に一度」と言われる[9]

2012年渋谷ヒカリエ完成以降、東急主導で渋谷ストリームや渋谷スクランブルスクエアといった、オフィス併設の複合商業施設が次々と建設されており、渋谷の高層ビル化及びオフィス機能の強化が進んでいる[10]

地理[編集]

新宿が甲州街道に沿って尾根筋に生まれた“丘の上の街”であるのに対し、渋谷は武蔵野台地を侵食する渋谷川穏田川)・宇田川の合流地点に作られた“谷底の街”である[11]両側の勾配は大変厳しく、渋谷は坂が多い。例えば渋谷マークシティは谷底に1階の出入り口があるが、谷上部では4階からも出入りができる。

穏田川(渋谷川の上流部)、宇田川はいずれも現存しない[12]。かつては両河川の下流であった渋谷川は源流を失い、渋谷駅やや北の地下に始まる形になっており、そのため自然の水流はほとんどない。

現在の行政区分では周辺に代々木神宮前原宿)、代官山町南青山 (港区)等の地域がある。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

一説に、渋谷の名は、平安時代末期から戦国時代にかけて相模国高座郡荘園であった渋谷荘(現在の神奈川県大和市渋谷および小田急江ノ島線高座渋谷駅周辺)を本貫とした武士の一族、渋谷氏宗家(相模渋谷氏)に由来する[13][14]

桓武平氏秩父氏の庶流河崎氏武蔵国南部に住していた河崎重国は、応保年間(西暦1161年から1163年)に武蔵国荏原郡から相模国高座郡渋谷荘までを領有することとなり、渋谷荘司と称した(渋谷重国[15]。桓武平氏である重国は、源平合戦では初め平家に味方し治承四年八月二十三日(西暦1180年9月14日)の石橋山の戦いでも平家方の大庭景親についたが、源氏方の佐々木定綱兄弟らをかくまった縁で養和元年八月(西暦1181年9月から10月)に源頼朝に下って鎌倉政権下での所領を安堵され、その勢力範囲が確定した[15]。この相模国渋谷という地名は、『吾妻鏡』治承四年八月二十六日条に「重国渋谷之館」とあるのが文献上の初出である[16]。武蔵国渋谷は、金王八幡宮別当寺東福寺宝永元年(西暦1704年)の銘がある梵鐘(区指定有形文化財)に、後冷泉天皇の御代(西暦1045年から1068年)には渋谷全体は谷盛庄と呼ばれ七郷に分かれていて、その一つが渋谷郷という名だったという伝承が見える[17]。渋谷氏宗家は戦国時代に北条氏綱に滅ぼされ、その相模国・武蔵国の所領は後北条氏の支配下におかれたが、支流である薩摩渋谷氏の諸流(東郷平八郎を輩出した薩摩東郷氏など)は薩摩の有力一門として現在も命脈を保っている。

金王八幡宮の社伝も渋谷氏由来を支持するものの、河崎氏が渋谷氏を名乗る経緯については前記とはやや異なる説を伝えている[14]。伝承によれば、秩父氏の平武綱が後三年の役の軍功で、武蔵国谷盛庄の地と河崎土佐守基家の名を賜り、寛治六年正月十五日(西暦1092年2月14日)には谷盛庄に八幡宮(現在の渋谷区金王八幡宮)を勧請した[14]。さらに、基家の子である河崎重家が、禁裏の族を退治した功で堀河天皇から渋谷姓を下賜されて渋谷重家となり、八幡宮に渋谷城を築き居城した[14]。前述の渋谷重国は、重家の子である(『畠山系図』[15])はずだが、社伝には現れない。代わりに、保元の乱平治の乱源平合戦の時代には、重家の別の息子である渋谷金王丸常光なる人物が活躍し(『平治物語』にも登場)、この半伝説的英雄にあやかって金王八幡宮と呼ばれるようになったという[14]。こちらの伝承を採用すれば、時系列としては相模国渋谷の方が渋谷氏に倣って付けられたことになる。

なお、上記とは別に渋谷氏とは全く関係ないとする説もあり、『新編武蔵風土記稿』では「塩谷の里」が由来だとされている[13][18]

交通結節点としての発展[編集]

江戸時代には、大山街道(正式名は矢倉沢往還、現在の国道246号にほぼ一致)沿いの集落として栄え、駅の西側にある道玄坂上の円山町宿場町となり、続く明治時代には花街となった。

1889年市制施行時には、渋谷は東京市の市域に含まれておらず、東京市の郊外という位置づけであった。

渋谷の谷底の部分には、1885年日本鉄道により山手線が開通した(のちの国鉄を経て、現在はJR東日本)。1911年にはその東側、都心方面寄りに東京市電が、1907年には西側に玉川電鉄(現:東急田園都市線)が接続したことから、交通の結節点として発展してゆくこととなった。以後も1927年東京横浜電鉄(現:東急東横線)、1933年帝都電鉄(現:京王井の頭線)、1938年東京高速鉄道(現:東京メトロ銀座線)と次々に新線が開通し、少しずつではあるものの、渋谷は東京郊外のターミナル駅として成長してゆくこととなる。

1932年には東京市の拡大に伴い、豊多摩郡渋谷町が東京市渋谷区となり、渋谷は東京中心部と南西部の接点としての役割をさらに強めた。

注目すべきことは、五島慶太の率いる東京横浜電鉄が、小林一三率いる大阪の阪神急行電鉄(現:阪急電鉄)の梅田駅の手法に倣って、1934年に渋谷駅にターミナルデパートである東横百貨店(現:東急百貨店東横店東館)を設けたことである。関東では池上電気鉄道(現:東急池上線)の五反田駅白木屋1928年)、東武鉄道・浅草雷門駅(現:浅草駅)の松屋1931年)に続いて3番目、全国でも4番目となるターミナルデパートであった。それまで鉄道で渋谷に来た後に銀座上野方面へ市電やバスで向かっていた東急沿線在住の客が、渋谷の自社店舗で買い物をするようになり成功を収めた。

1938年(昭和13年)、前山久吉の所有していた三越株の譲渡の話が持ち上がった。そこで五島は東横百貨店を三越と合併させ、東横百貨店を三越の渋谷支店にしようと考えて10万株を購入した。しかし、三井財閥の中枢企業である三越の乗っ取りを阻止するために三井銀行は東京横浜電鉄への融資を停止。三井の要請を受けた三菱銀行頭取の加藤武男も、慶應閥の牙城だった三越の買収に手を貸せば非難が向くと判断して融資を停止した。五島慶太は三井・三菱を相手に戦いを挑まねばならなくなった。もちろん資金繰りは悪化し、慶應閥に大いに顔が利く小林一三に助力を依頼したが、小林には「渋谷のような片田舎[19]の百貨店がそんなことをするのは、蛙が蛇を飲み込むより至難」と諭された、と言われている[20]

戦後の復興[編集]

1952年昭和27年)、現在の渋谷スクランブル交差点から西側方向を撮影。左下隅にはベンチに囲まれたハチ公の像が見える。
1960年頃、渋谷駅東口の上空から撮影。中央のドームは東急文化会館のプラネタリウム。右上から左下に斜めに横切るのは山手線

第二次世界大戦太平洋戦争)末期の1945年5月25日、渋谷はアメリカ空軍による東京大空襲(山の手大空襲)に遭い、渋谷駅と東横百貨店が全焼した[21]

戦後には、駅前の焼け跡に闇市が形成され、特に8月15日の日本降伏後は戦勝国の中華民国の国民となった在日台湾人の武装グループが台頭して、1946年には日本人暴力団警察と衝突した渋谷事件も発生した。

その後、東京都は闇市に集う露天商の整理に取り組み始めた。飲食店の露店や屋台は渋谷駅の北、山手線の東側線路沿いに集約され、1950年に「のんべい横丁」が成立した[22]

また、1948年には戦時中の金属供出で姿を消した「ハチ公像」が再設置され、以後は渋谷西口のシンボルとして広く親しまれた。

戦後1950年代になると渋谷での復興と新規開発が進んだ。その主導権は東急電鉄にあり、1954年に東急会館(旧:玉電ビル、現:東急百貨店東横店西館(閉店))、1957年東急文化会館(現:渋谷ヒカリエ)、1965年に渋谷東急ビル(現:東急プラザ渋谷)、1967年には駅から離れた道玄坂に東急百貨店本店が設けられ、「東急の街」として発展していくこととなった。1957年には東急の子会社が運営し、かつて渋谷駅西口で物品販売をしていた露天商を店子とした渋谷地下街(しぶちか)が完成して、駅前の様相は大きく変化した。

1966年4月1日には住居表示の実施に伴い、渋谷区青葉町・美竹町宮下町・上通一丁目・同二丁目・中通二丁目・同三丁目・並木町・金王町・神宮通一丁目・同二丁目・穏田二丁目・八幡通一丁目・同二丁目・常磐松町・緑岡町の各一部が、「渋谷一丁目~四丁目」に町名変更された[23]。これらの旧町名は消滅したものの、現在も宮下公園や美竹公園、金王坂などの名称にその名残を見ることができる。

東急とセゾン系の競争[編集]

しかし郊外の一ターミナル駅に過ぎなかった渋谷が、現在のような都内有数の繁華街にして若者の街となるのは1975年以降であった。セゾングループ(当時は「西武流通グループ」)系列の西武百貨店1968年に渋谷へ進出したことを皮切りに、続く1973年渋谷PARCO開店が、今日の渋谷につながる発展の契機となった。以降は渋谷の街を舞台に、東急と西武による熾烈な開発競争が繰り広げられることになる。

1970年頃までは、若者の街、若者文化の流行の発信地といえば新宿であった。その一例として1969年(昭和44年)に、当時のベトナム戦争反対運動と学生運動の高揚を背景に、新宿駅西口地下広場で展開された反戦フォークゲリラ運動がある。当時の新宿における若者文化は、そうしたカウンターカルチャーを背景としたものであった。

その後、1970年代には若者の街としての流行発信地が新宿から渋谷へ移動し、若者文化の歴史を大きく変えた。この影響で渋谷だけではなく、渋谷区内の原宿表参道代官山などを含めた地域全体に大きな変化が訪れることになる。

堤清二の理想主義的経営を展開したセゾングループにより、1973年に開店した渋谷PARCOは、その後は1980年代の好景気を背景に、糸井重里作の「おいしい生活」などの斬新なキャッチコピーに代表されるように、大衆文化の質自体を「消費文化」へと作り替えた。また早くから渋谷の開発を進めてきた東急グループも、若者向けの店舗として東急ハンズ109を開店して対抗し、「箱根山戦争」などの観光開発で展開された「東急VS.西武」の対決が流通部門でも繰り広げられることとなった。こうして新宿に代わり若者の街となった渋谷は「消費文化」のシンボル的な都市として注目を浴びた。

東急百貨店本店開業後、東急は店舗前の通り名を「栄通り」から「東急本店通り」に変更、後年には「文化村通り」へと変え、同時に再開発も進めることで現在の街並みが形作られていった。また、渋谷区役所パーキングメーターを廃止して歩道幅を拡張したのを機に、区民から名称を募集して「区役所通り」を「渋谷公園通り」へ変更した。

旧セゾン系
東急系

南口の発展[編集]

東急電鉄、次いで西武百貨店(セゾン)による資本投下と競合により、商業施設の立地が早くから進行した西口に対し、渋谷三丁目に設けられた新南改札(新南口)周辺の発展は違う形となった。1996年JR東日本埼京線を延伸開業したが、用地の関係で従来の山手線ホームに横付けできず、渋谷駅での同線ホームは南側に離れた以前の山手貨物線駅ホーム跡地に設置された。これによりJRは新南改札を設置し、2001年には同改札と一体となるホテルメッツ渋谷を開業した。

従来、渋谷駅の東口から南東側(恵比寿駅方面)に進むこの地域は、明治通りに沿って比較的低層のビルや商店が並び、それ以外は住宅地だったが、この新南改札設置により利便性が向上し、山手貨物線駅ホーム跡地を中心に高層のオフィスビルが建設され、業務利用地としての活用が進んだ。その後、埼京線渋谷駅には湘南新宿ラインの運転や東京臨海高速鉄道りんかい線との直通運転も開始され、埼京線沿線の新宿・池袋大宮川越だけでなく、神奈川県横浜湘南や東京の臨海副都心などとも結ばれ、さらには成田エクスプレスにより千葉県成田空港にも鉄道で直行が可能となり、海外からのアクセスも向上した。

なお、渋谷駅周辺の大規模再開発に伴い、埼京線ホームは山手線と並ぶ位置に移動し、他路線との乗換時間も短縮されるが、2020年春のホーム移動後は新南改札を閉鎖する方向でJR東日本が渋谷区との調整を進めていることが2015年9月に報道された。これに対し、渋谷区は現在の西口よりもさらに南になる国道246号の南側に自由通路を作り、ここにJRの改札口を新設することで、新南改札とは山手線によって分断されている桜丘町南部・鶯谷町方面も含めた周辺地域全体の利便性を確保するとしている[24]

スーモ「関東版住みたい街ランキング」では2016年に10位(2018年は11位)など上位にランクインし、賃貸マンションなどの建設も相次いだ。

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(特記なければ各町名ともその一部)
渋谷一丁目 1966年昭和41年)
4月1日
青葉町(全域)、美竹町(全域)、宮下町(全域)、神宮通二丁目(全域)、穏田二丁目(全域)、上通一丁目、上通二丁目
渋谷二丁目 中通三丁目、並木町、八幡通一丁目、金王町、上通一丁目、上通二丁目
渋谷三丁目 中通二丁目、中通三丁目、並木町、八幡通一丁目、八幡通二丁目、金王町
渋谷四丁目 常磐松町、八幡通一丁目、緑岡町、上通一丁目

都市計画[編集]

  • 渋谷スクランブルスクエア (渋谷駅街区開発計画)
    2013年6月17日、渋谷駅周辺地区の都市計画の内容が、東京急行電鉄(株)、東日本旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)、道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発準備組合、東急不動産(株)によって発表された[25]
    • 敷地面積 - 約15,300m²
    • 延床面積 - 約270,000m²
    • 用途 - 事務所、店舗、駐車場
    • 東棟 - 地上46階、地下7階建て、高さ約230m、開業2020年
    • 中央棟 - 地上16階、地下2階建て、高さ約61m、開業2027年
    • 西棟 - 地上13階、地下5階建て、高さ約76m、開業2027年
  • 渋谷ストリーム (渋谷駅南街区プロジェクト (渋谷3丁目21地区))
    2013年6月 都市計画決定告示
    • 敷地面積 - 約7,100㎡
    • 延床面積 - 約117,500㎡
    • 用途 - 事務所、店舗、ホテル、駐車場等
    • 地上33階、地下5階、高さ約180m
  • 渋谷フクラス (道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業)
    2013年6月 都市計画決定告示
    • 敷地面積 - 約3,300㎡
    • 延床面積 - 約59,000㎡
    • 用途 - 事務所、店舗、駐車場等
    • 地上18階、地下4階、高さ約104m
  • 渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業
    2014年6月 都市計画決定告示
    • 敷地面積 - 約16,900㎡
    • 延床面積 - 約254,830㎡
    • A街区
      • 用途 - 事務所、店舗、駐車場等
      • 地上39階、地下4階、高さ約180m
      • 竣工 - 2023年度予定
    • B街区
      • 用途 - 住宅、事務所、店舗、駐車場
      • 地上29階、地下2階、高さ約133m
      • 竣工 - 2023年度予定
    • C街区
      • 用途 - 教会
      • 地上4階、高さ17m
      • 竣工 - 2020年5月
  • 渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業
    2019年1月 都市計画決定告示
    • 敷地面積 - 約2,400㎡
    • 延床面積 - 約45,000㎡
    • 用途 - 事務所、店舗、駐車場等
    • 地上23階、地下2階、高さ約120m

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
渋谷一丁目 1,188世帯 2,076人
渋谷二丁目 437世帯 598人
渋谷三丁目 760世帯 1,008人
渋谷四丁目 227世帯 478人
2,612世帯 4,160人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[26]

丁目 番地 小学校 中学校 調整区域による変更可能校
渋谷一丁目 全域 渋谷区立神南小学校 渋谷区立松濤中学校 渋谷区立神宮前小学校
渋谷区立常磐松小学校
渋谷二丁目 13~24番
その他 渋谷区立常磐松小学校 渋谷区立鉢山中学校 渋谷区立広尾中学校
渋谷三丁目 1~3番
12~15番
24~26番
その他 渋谷区立神南小学校 渋谷区立松濤中学校 渋谷区立神宮前小学校
渋谷区立常磐松小学校
渋谷区立鉢山中学校
渋谷四丁目 全域 渋谷区立常磐松小学校 渋谷区立鉢山中学校 渋谷区立広尾中学校

渋谷を特徴づけるもの[編集]

文化[編集]

渋谷・公園通り

PARCO劇場(2016年閉場、2019年再開業)、クラブ・クアトロ、シネクイント(2016年閉館、2018年移転再開業予定)、シネセゾン渋谷、スタジオパルコなど、ライブハウス劇場映画館が多く、映画祭や音楽祭も開催される。作家性にこだわった個性的な作品を上映する映画館も多い。篠山紀信写真展など多くの企画展を開催してきたパルコミュージアム(2007年閉館、2019年復活)、新しい情報発信スペースのパルコファクトリー、ロゴスギャラリーなどでも、アートから社会性の高いテーマまでを扱った様々な企画展示をしている。「TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオ」などラジオ局のサテライトスタジオもある。東急は東急文化会館(現:渋谷ヒカリエ)跡地に都内最大規模のミュージカル劇場である東急シアターオーブを開場した。

ファッション[編集]

1970年代から、PARCO・OIOI(マルイ)の進出やシブヤ109の誕生などで、若者のファッション文化の発信の地として原宿と並ぶ地位を確立していた。1980年代後半から1990年代前半にかけてアメリカンカジュアル(アメカジ)スタイルをベースとした渋カジ(渋谷カジュアル)が一世風靡した[27]。日本で初めてのストリート生まれのファッショントレンドであり、渋谷の若者が発信地となり全国的に流行が広まった[28]

1990年代にはギャルブームやメディアに盛んに取り上げられたことで、さらに情報発信源として注目されるようになった。またこの時代に109を中心に「カリスマ店員」と呼ばれる高い人気を誇る店員も現れた。百貨店の主たる顧客層の20・30代のOLが大人のファッションをリードし、10代の女性は109やパルコ、路面店などで服を買い求めギャルファッションをリードした。特に109はギャル文化の聖地と言われた。ギャルファッションが男性に波及したギャル男ファッションや、お兄系と呼ばれるファッションも渋谷から広がり、全国区になった。ギャルファッションのイベントとして、渋谷コレクションが知られている。

センター街を中心にZARA・Bershka・H&Mユニクロなどのファストファッションの店舗が集中している。また、駅からやや離れた神南エリアには大手セレクトショップや有名ブランドの路面店が密集している。百貨店やファッションビルが高い売上を持つ新宿池袋と比べて、原宿と同様に路面店が強いとされる。

IT[編集]

IT関連のベンチャー企業が駅南の桜丘町を中心に集っており、国土交通省の調査によるとソフト系IT産業の事業所数は、千代田区港区に次いで3位であり、駅別では渋谷駅は、秋葉原駅に次いで2位であった。こうしたことなどにより1999年初、「渋」(bitter) と「谷」(valley) を1文字ずつ英語に訳した "bitter valley"と、情報量の単位の「ビット」から、アメリカ合衆国シリコンバレーになぞらえて「ビットバレー」と呼ばれるようになった[29]PC Online?ダイアリー)。

2001年にはGoogle日本法人も渋谷(東急セルリアンタワー)に進出したが、手狭になったことなどから2010年に六本木へ移転。2012年にはAmazon.co.jpが本社を渋谷から目黒へ移した。渋谷地区を基盤とする東急グループは、再開発に合わせてIT産業の再集積を企図。2012年完成の渋谷ヒカリエにはディー・エヌ・エー (DeNA) が入居したほか、Google日本法人は渋谷ストリームへの2019年移転を決めた。2019年にはミクシィ渋谷スクランブルスクエアへのオフィス集約を予定している。東急はこうしたIT大手の誘致だけでなく、スタートアップ(ベンチャー企業)を支援する東急アクセラレートプログラム (TAP) を2015年に開始した[30]

主なイベント[編集]

施設[編集]

主な施設[編集]

渋谷駅西口周辺
渋谷駅東口周辺
渋谷センター街方面
井の頭通り方面
公園通り方面
ファイヤー通り方面
宮下公園キャットストリート周辺、明治通り原宿方面
文化村通り方面
道玄坂方面
円山町方面
桜丘町方面
宮益坂青山通り国道246号)方面
六本木通り方面
渋谷駅新南口・並木橋周辺、明治通り恵比寿方面

かつて存在した主な施設[編集]

渋谷を舞台とした作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

コンピュータゲーム[編集]

小説[編集]

その他[編集]

連続テレビアニメーション(日本)
  • アイドル天使ようこそようこ - 1990年(平成2年)から1991年(平成3年)にかけて放送。作中では当時の公園通りやスペイン坂等が登場する。
  • revisions リヴィジョンズ - 2019年(平成31年)に放送。劇中では2017年(平成28年)の渋谷中心街(半径約1km)が特殊な災害発生の影響で300年後の未来に丸ごと転送される。
テレビ番組など
  • 先生はえらいっ!
  • 渋谷語事典ハザード2008
  • GR8!
  • ギャル男 THE 爆誕!
  • 名前のない女たち
  • run for money 逃走中 - フジテレビ系列で放送中のバラエティ番組。2004年6月26日、2004年10月2日、2004年12月28日、2007年1月1日放送分で宇田川町周辺を舞台にゲームがとり行われた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 住民基本台帳・外国人登録による人口”. 渋谷区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 【東京おでかけ日和】個性的な店集まる「奥渋谷」通も評価「こだわり」楽しむ『産経新聞』朝刊2017年10月27日(東京面)
  5. ^ 渋谷の「歩行者天国」、ついに廃止へ” (2002年12月28日). 2002年12月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月31日閲覧。
  6. ^ 荷風Vol.17、15頁、日本文芸社、2008年
  7. ^ 1960年代後半、長髪にラッパズボン、サングラスという格好の若者集団、いわゆるフーテン族が新宿駅前に現れるようになった。
  8. ^ 俗に「東急村」と呼ばれることがある。
  9. ^ “100年に一度”の大規模な再開発を原動力に、さらなる成熟を目指す都市・渋谷 ~ 渋谷再開発情報サイト” (日本語). 渋谷再開発情報サイト. 2020年1月30日閲覧。
  10. ^ 株式会社インプレス (2019年10月23日). “渋谷駅周辺の大規模再開発、いつ・どこが・どう変わるのか<1> 「ビットバレー」再来を目指す渋谷、駅前の大型ビル群建設でオフィスビル不足を解消” (日本語). INTERNET Watch. 2020年1月30日閲覧。
  11. ^ 新宿周辺の標高は35m - 40m程度、渋谷周辺は15m前後で、20m以上の標高差がある。
  12. ^ いずれも暗渠化された上で下水道(千駄ヶ谷幹線および宇田川幹線)として利用されてはいるが、渋谷駅周辺では流路も大きく改造され、渋谷川からは切り離されて、下流の下水道へと導かれている。
  13. ^ a b 吉川弘文館国史大辞典ジャパンナレッジ版、佐藤昇「渋谷」
  14. ^ a b c d e 金王八幡宮ホームページ”. 金王八幡宮. 2018年8月15日閲覧。
  15. ^ a b c 吉川弘文館『国史大辞典』ジャパンナレッジ版、三浦勝男「渋谷重国」
  16. ^ 『国史大辞典』三浦勝男「渋谷荘」
  17. ^ 区指定文化財・東福寺の梵鐘”. 渋谷区役所. 2018年8月16日閲覧。
  18. ^ 『新編武蔵風土記稿』巻ノ10豊島郡ノ2.上渋谷村。NDLJP:763976/80
  19. ^ 後述するように、渋谷が繁華街になったのは1970年代になってからである。
  20. ^ 『慶應義塾 その退潮も、時の流れか』三鬼陽之助光文社カッパ・ビジネス、1967年。
  21. ^ 東急電鉄 渋谷開発事業部、渋谷文化プロジェクト、「SPECIAL 旬の渋谷を感じるカルチャー特集」、2015年5月7日閲覧。
  22. ^ 渋谷ステーション、「渋メシPICK UP特集」、「のんべい横丁歴史」、2015年5月8日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ 1966年(昭和41年)5月27日自治省告示第93号「住居表示が実施された件」
  24. ^ JR渋谷駅:「新南口」改札閉鎖へ 埼京線ホーム北側移動」毎日新聞、2015年9月5日付[リンク切れ]
  25. ^ 「渋谷駅周辺地区における都市計画の決定について」2013年6月17日。[1]
  26. ^ 通学区域”. 渋谷区. 2017年12月22日閲覧。
  27. ^ 「渋カジ」とは何だったのか 流行の変遷を深掘りした本” (日本語). WWD JAPAN.com (2017年4月2日). 2020年3月29日閲覧。
  28. ^ 【新年特別号】平成のキーワード 渋カジ | 繊研新聞”. senken.co.jp. 2020年3月29日閲覧。
  29. ^ 駒板一仁「膨張…そして縮小したBit Vallery PlayStation 2で爆発するか?」 Softbank『週刊ザ・プレイステーション』2000年4月28日号 Vol.196 5頁
  30. ^ 「渋谷 起業の巣箱林立/東急が再開発 にぎわい再び/グーグル帰還 親鳥役に期待」『日経産業新聞』2017年11月26日(1面)
  31. ^ 渋谷界隈では他に、ファイヤー通り店などもある。
  32. ^ 元は渋谷全線座があった。
  33. ^ 同渋谷1号店もセンター街にあったが閉店した。
  34. ^ 渋谷界隈では他に、ファイヤー通りにも渋谷店がある。
  35. ^ 渋谷界隈では他に、シブヤ西武向かい MAGNET by SHIBUYA 109並びにも渋谷店がある。また、センター街界隈にはバーガーキングの他、ウェンディーズファーストキッチン(両ブランドのコラボ店舗)などの同業他社店舗もある。
  36. ^ 渋谷界隈では他に、道玄坂や宮益坂にも店舗がある。
  37. ^ 渋谷界隈では他に、渋谷駅東口、センター街周辺や文化村通りにも店舗がある。
  38. ^ 渋谷界隈では他に、シブヤ西武向かい井の頭通り入り口の公園通り店がある。
  39. ^ 1993年創業、裏原系ブランド A BATHING APEの店舗。ブランドは現在香港のI.T社所有。原宿本店の他、スペイン坂上の同渋谷店、若年向けのAAPE STORE SHIBUYA店などがある。その他南青山5丁目みゆき通り裏手などにあり、さらに2017年12月にはパリ4区でも開店した(BAPE STORE 渋谷店の情報・地図 Fashion Map Tokyo、BAPE STORE®がPARISにオープン! ファッションの都パリに「BAPE STORE® PARIS」オープン PRTIMES 2017年12月1日)。
  40. ^ 渋谷界隈では他に、下記渋谷モディ内にHMV&BOOKS SHIBUYAがある。
  41. ^ 渋谷界隈では他に、道玄坂や公園通りにある。
  42. ^ 渋谷界隈では他に、宮益坂上青山通りにある。
  43. ^ 向かい渋谷マルイならびにカラオケパセラ渋谷店がある。
  44. ^ それぞれプチ公園通り界隈に店舗がある。その他、渋谷ヒカリエや表参道界隈などにある、ファッションや雑貨等のセレクトショップ
  45. ^ 渋谷界隈では他に渋谷ヒカリエ店があり、表参道界隈では表参道ヒルズやキュープラザ原宿内に店舗がある、大阪発のファッションや雑貨等のセレクトショップ。
  46. ^ コム・デ・ギャルソンなどハイブランド中心の古着屋ないしアパレルリサイクルショップ。表参道のキャットストリートにも原宿店がある。
  47. ^ 2009年、ロウアー・マンハッタンイースト・ヴィレッジで創業、米国発のロブスターロール (en) の専門店カフェ。下記2018年9月開業の渋谷ストリーム内や、その他青山神宮前界隈、銀座などにある(About ルークス英語公式HP、ニューヨーク発「ルークス ロブスター」銀座店がオープン。 VOGUE 2018年7月4日、ルークスロブスターの表参道店は大行列だが渋谷店は超穴場だ! 東京ルッチ 2018年1月8日 )。
  48. ^ 2012年、日本のトゥモローランド合弁でアジア第一号店を南青山5丁目の"裏青山通り"で開店し、次いで同渋谷店を開店。
  49. ^ イギリスの革靴ブランド。なおクラークス・ジャパンは、リーガルと販売提携している。
  50. ^ 渋谷界隈では他に、スペイン坂店がある。
  51. ^ 渋谷界隈では他に、渋谷駅東口、センター街や井の頭通り沿いに店舗がある。
  52. ^ 1976年(昭和51年)、CREAM SODAの名で現在のキャットストリートで開店したロックなど原宿のアメリカンカジュアルを生み出した店。現店舗は、その名と場所を変えた店舗(旅グルメ【16位】ピンクドラゴン(昭和の原宿) アド街ック天国 2016年7月23日放送分 テレビ東京)。
  53. ^ 同2015年10月にはロサンゼルスの米国本社が破産手続きを申請し、翌2016年11月に日本から撤退した。キャットストリート西端界隈にあった。
  54. ^ 主に在日イギリス人英語圏関係者らを対象としたインターナショナル・スクールである。渋谷教育学園が運営。
  55. ^ 元の校名は渋谷女子高等学校。
  56. ^ それ以前にはブックファースト渋谷店があった。
  57. ^ 下記同渋谷ファーストと同様、住友不動産ビル内のイベントホールないし展示会場。道玄坂上の神泉町交差点にある。
  58. ^ 日本におけるライセンス会社の本社および店舗。1976年から青山通り沿い渋谷1丁目にある。
  59. ^ 上記同渋谷ガーデンと同様、住友不動産ビル内のイベントホールないし展示会場。元は、旧日本団体生命及びアクサニチダンホールディングス本社ビルであった。
  60. ^ 校地下を六本木通りの青山トンネルが通る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]