六本木一丁目駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
六本木一丁目駅
改札口(2005年3月29日)
改札口(2005年3月29日)
ろっぽんぎいっちょうめ
Roppongi-itchome
N 04 麻布十番 (1.2km)
(0.9km) 溜池山王 N 06
所在地 東京都港区六本木一丁目4-1
駅番号 N 05
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 N 南北線
キロ程 4.8km(目黒起点)
電報略号 ロイ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
69,716人/日
-2015年-
開業年月日 2000年平成12年)9月26日[1]
テンプレートを表示

六本木一丁目駅(ろっぽんぎいっちょうめえき)は、東京都港区六本木一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)南北線である。駅番号N 05

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅で、フルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。改札は地下2階、ホームは地下4階にある。地上との間には、エレベーターエスカレーターが設置されている。

開業から2年後の2002年8月に、改札口をそれまでよりも5mほど外側へ移設する改修を行っている。その結果、1・2番出入口への階段が従来の改札内の位置になったため、階段の取付部を改札の外側へ向けた。従来の取付部はシャッターを降ろしたままになっている。また、3番出入口への通路の取付部も移設が必要になったため、改札内との境界に柵を設けて対応した。

のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
1 N 南北線 赤羽岩淵浦和美園方面 赤羽岩淵駅から Saitama Railway Logo.svg 埼玉高速鉄道線へ直通
(浦和美園方面行の列車)
2 白金高輪目黒日吉方面 目黒駅から MG 東急目黒線へ直通

駅改札内設備[編集]

  • 売店・待合室はない。
  • トイレは地下2階にある。
  • 泉ガーデンと改札口で直結している。
出入口 ホーム
出入口
ホーム


利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗降人員69,716人[2]、東京メトロ全130駅中60位。南北線の単独駅では乗降人員が最も多い。

開業以来の1日平均乗降・乗車人員は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
2000年(平成12年) 15,129 8,412 [* 1]
2001年(平成13年) 20,122 10,658 [* 2]
2002年(平成14年) 25,153 12,288 [* 3]
2003年(平成15年) 30,565 15,071 [* 4]
2004年(平成16年) 40,774 20,104 [* 5]
2005年(平成17年) 48,809 24,047 [* 6]
2006年(平成18年) 52,673 25,934 [* 7]
2007年(平成19年) 56,073 27,306 [* 8]
2008年(平成20年) 55,215 26,819 [* 9]
2009年(平成21年) 51,530 25,132 [* 10]
2010年(平成22年) 49,311 24,109 [* 11]
2011年(平成23年) 49,425 24,148 [* 12]
2012年(平成24年) 50,205 24,471 [* 13]
2013年(平成25年) 54,200 26,507 [* 14]
2014年(平成26年) 63,514 31,186 [* 15]
2015年(平成27年) 69,716

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅前の六本木一丁目駅停留所と駅近くの赤坂アークヒルズ停留所に都営バスの路線が乗り入れる。

このほか、ホテルオークラ東京ANAインターコンチネンタルホテル東京停留所に東京空港交通(リムジンバス)の羽田空港行、成田空港行が発着している。

ホテルオークラ東京

ANAインターコンチネンタルホテル東京

  • 羽田空港行(リムジン)
  • 成田空港行(リムジン)


隣の駅[編集]

Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
N 南北線
麻布十番駅 (N 04) - 六本木一丁目駅 (N 05) - 溜池山王駅 (N 06)

脚注[編集]

[ヘルプ]

本文中の出典[編集]

  1. ^ a b “営団南北線 都営三田線 9月26日に目黒延伸開業/都心の新動脈完成”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2000年2月9日) 
  2. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  3. ^ 行政資料集 - 港区
  4. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  5. ^ 東京都統計年鑑
  6. ^ 東京新卒応援ハローワーク(学生職業総合支援センター)が2月に移転します!

利用状況の出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]