赤坂見附駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤坂見附駅
ベルビー赤坂出入口(2011年11月)
ベルビー赤坂出入口(2011年11月)
あかさかみつけ - Akasaka-mitsuke
所在地 東京都港区赤坂三丁目1-6
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
電報略号 ツケ
駅構造 地下駅
ホーム 計2面4線
乗降人員
-統計年度-
109,472人/日
-2014年-
開業年月日 1938年昭和13年)11月18日
乗入路線 2 路線
所属路線 G 銀座線
駅番号 G 05
キロ程 10.3km(浅草起点)
G 04 青山一丁目 (1.3km)
(0.9km) 溜池山王 G 06
所属路線 M 丸ノ内線
駅番号 M 13
キロ程 12.4km(池袋起点)
M 12 四ツ谷 (1.3km)
(0.9km) 国会議事堂前
M 14
乗換 永田町駅(同一駅扱い)
Y 16有楽町線Z 04半蔵門線
N 07南北線

赤坂見附駅(あかさかみつけえき)は、東京都港区赤坂三丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)のである。

概要[編集]

銀座線駅番号G 05)と、丸ノ内線(駅番号:M 13)の2路線が乗り入れている。

また、有楽町線半蔵門線南北線が乗り入れる永田町駅(千代田区に立地)とは改札内で連絡しており、同一の駅として扱われる。そのため、当駅発売の乗車券で永田町駅の改札からの入場も可能で、その逆も可能である。また、定期券の場合は当駅発着の定期券で永田町駅からの入・出場も可能である。また、当駅・永田町駅と、隣接する溜池山王駅国会議事堂前駅間(銀座線・丸ノ内線・南北線、当駅と永田町駅と同様同一駅扱い)、青山一丁目駅間(銀座線・半蔵門線)、四ツ谷駅間(丸ノ内線・南北線)を含む定期券は、それぞれ当該区間に限り連続して並走するどの路線でも乗車することができる。

なお、当駅と永田町駅を合わせると、東京メトロの路線が1つの駅に5路線乗り入れることになり、これは同社の駅としては最多である[1]

赤坂五丁目に千代田線赤坂駅があるが、開業は当駅の方が先である。なお、赤坂駅との乗換駅の扱いはなされていない。

歴史[編集]

  • 1938年昭和13年)
    • 11月18日 - 東京高速鉄道の駅として開業。
    • 12月23日 - 当駅を発車した渋谷行電車が故障により停車後、後退してホームに停車中の後続列車に衝突、さらに場内信号機外方に停車していた後続列車にも衝突し二重衝突事故となった。故障とは過負荷継電器が作動したもので、33‰の上り勾配上で停車したため後退した。
  • 1941年(昭和16年)9月1日 - 東京高速鉄道が帝都高速度交通営団(営団地下鉄)に再編、銀座線となる。
  • 1959年(昭和34年)3月15日 - 営団地下鉄丸ノ内線の駅が開業し、乗換駅となる。
  • 1979年(昭和54年)9月21日 - 営団地下鉄半蔵門線の永田町駅が開業し、乗り換え業務を開始。同時に有楽町線とも乗り換え業務開始。
  • 1997年平成9年)9月30日 - 営団地下鉄南北線の永田町駅が開業し、乗り換え業務を開始。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄の民営化に伴い、東京地下鉄(東京メトロ)に継承。
  • 2007年(平成19年)6月19日 - 丸ノ内線ホームのホームドア運用開始。

駅構造[編集]

銀座線渋谷方面行と丸ノ内線荻窪方面行ホームが地下1階、銀座線浅草方面行と丸ノ内線池袋方面行ホームが地下2階にある。いずれも島式ホーム形状のため、同一方向の乗り換えは同一ホームで可能となっている。なお、銀座線が東京高速鉄道として開業した当時から丸ノ内線の乗り入れを考慮した2層構造を採用していたが、ホーム幅が狭いこと(当初は4.85m)や丸ノ内線の規格が当初考えられていた寸法より大きくなったことから、同線の開業前に駅のほぼ全部にわたり拡張工事が行われた[2]

銀座線と丸ノ内線の列車がほぼ同時に到着した場合には双方の列車が接続時間をとり、乗り換えに待ち時間を要せず相互に乗り換えができる。

当駅の溜池山王・国会議事堂前寄りに銀座線から丸ノ内線へ車両が転線できる連絡線が存在し、丸ノ内線中野工場での銀座線車両の検査・整備のための回送などに使用される。ただし、車両の寸法は丸ノ内線車両の方が大きいため、この連絡線を通って相手側に乗り入れられるのは銀座線車両だけである。この連絡線を経由して銀座線から丸ノ内線直通の臨時列車が運転されることがあり、2010年5月2日には映画『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー』とのコラボレーションで銀座線上野駅から当駅の連絡線を通って丸ノ内線中野富士見町駅へ至る「メトロデンライナー」号が運転された[3]

また、当駅での誤乗車を防ぐため、丸ノ内線で運用される02系には客用扉・客室側窓上部に赤い細帯が配されている。

その他、通常は使用されないが銀座線01系車両の行先表示器には当駅止まりの表示が存在する。

出入口はベルビー赤坂に直結しており、エスカレーターを併設しているほか、赤坂地下歩道を介して元赤坂紀尾井町方面からもアクセスすることができる。また、丸ノ内線ホームの四ツ谷寄りにはエレベーターが設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 G 銀座線 表参道渋谷方面
2 M 丸ノ内線 新宿荻窪方面
3 G 銀座線 銀座浅草方面
4 M 丸ノ内線 銀座・大手町池袋方面

配線図[編集]

東京メトロ 赤坂見附駅 構内配線略図
銀座線 渋谷方面

銀座線
銀座浅草方面
東京メトロ 赤坂見附駅 構内配線略図
丸ノ内線
新宿荻窪
方南町方面
↓ 丸ノ内線 銀座・池袋方面
凡例
出典:[4][5][6]


永田町駅との連絡[編集]

当駅と永田町駅の間は、当駅地下2階(銀座線浅草方面・丸ノ内線池袋方面ホーム)と半蔵門線ホームの西端を結ぶ上り・下り数回を要する地下通路(長さ約200m)を介して接続されている。このため、当駅から有楽町線または南北線へ乗り継ぐには、半蔵門線ホーム(長さ約200m)を経由することになる。

永田町駅
半蔵門線 有楽町線 南北線
赤坂見附駅
ホーム間の距離 約250m 約520m 約610m
他の乗換駅 銀座線 渋谷駅*
表参道駅
青山一丁目駅
三越前駅*
なし
(渋谷駅*[7]
溜池山王駅
丸ノ内線 大手町駅 池袋駅*
新宿三丁目駅[7]
四ツ谷駅
後楽園駅

*:改札外乗り換え ◎:最も至便な駅

改良工事[編集]

改正火災対策基準に基づく火災対策として避難誘導設備排煙設備を整備する駅改良工事が行われ、2010年8月28日より山王下方面の新改札口・出入口の供用を開始した[8]

火災時の避難経路を2つ確保するため、新たに、溜池山王・国会議事堂前寄りの地下3階(ホーム下)に改札口(山王方面口)・コンコーストイレを設置し、プルデンシャルタワー敷地内(ホテルニュージャパン跡地)に出入口が、外堀通り西側歩道上にエレベーター専用出入口が、それぞれ設置された。また、増設された改札口と各ホーム間を連絡する階段およびエレベーターも設置された。

さらに、これらの工事と併せて、ホーム・ホーム側壁・既設改札口のリニューアル工事も行われており、2011年春に完成した。なお、丸ノ内線ホームには更新工事に合わせて広告(テレビCM)を流す液晶ディスプレイが設置された。

利用状況[編集]

2014年度の1日平均乗降人員109,472人である[9]

近年の1日平均乗降人員推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗降人員[10]
年度 東京メトロ
1日平均
乗降人員
増加率
1999年(平成11年) 116,882
2000年(平成12年) 116,210 -0.6%
2001年(平成13年) 114,333 -1.6%
2002年(平成14年) 112,842 -1.3%
2003年(平成15年) 111,026 -1.6%
2004年(平成16年) 102,867 -7.3%
2005年(平成17年) 101,009 -1.8%
2006年(平成18年) 103,471 2.4%
2007年(平成19年) 108,776 5.1%
2008年(平成20年) 108,166 -0.6%
2009年(平成21年) 103,238 -4.6%
2010年(平成22年) 102,522 -0.7%
2011年(平成23年) 99,394 -3.1%
2012年(平成24年) 101,945 2.6%
2013年(平成25年) 108,728 6.7%
2014年(平成26年) 109,472 0.7%

近年の1日平均乗車人員推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗車人員[11]
年度 銀座線 丸ノ内線
1992年(平成04年) 33,614 35,438
1993年(平成05年) 32,334 34,178
1994年(平成06年) 31,351 33,148
1995年(平成07年) 30,642 32,336
1996年(平成08年) 30,008 32,479
1997年(平成09年) 30,479 31,104
1998年(平成10年) 30,093 29,359
1999年(平成11年) 28,910 29,393
2000年(平成12年) 28,915 29,233
2001年(平成13年) 28,441 28,803
2002年(平成14年) 27,323 28,649
2003年(平成15年) 27,052 28,131
2004年(平成16年) 26,737 26,844
2005年(平成17年) 26,211 26,392
2006年(平成18年) 26,915 27,236
2007年(平成19年) 28,279 28,470
2008年(平成20年) 27,493 28,532
2009年(平成21年) 26,047 27,205
2010年(平成22年) 25,830 26,769
2011年(平成23年) 24,969 26,019
2012年(平成24年) 25,456 26,661
2013年(平成25年) 27,254 28,504

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄り停留所は、赤坂見附駅前赤坂エクセルホテル東急となる。以下の路線が乗り入れ、フジエクスプレス(フジ)、東京空港交通(リムジン)により運行されている。

赤坂見附駅前

赤坂エクセルホテル東急

都営地下鉄大江戸線の全線開業(2000年12月12日)より前においては、東京都交通局により四80系統茶81系統四92系統が運行されており、当地には赤坂見附停留所(青山通り、外堀通り)が存在した[14]

ギャラリー[編集]

その他[編集]

  • 1980年に劇場公開された、東宝製作・配給の映画『地震列島』(監督:大森健次郎、特技監督:中野昭慶)において、地下鉄のトンネル崩壊と水の流入による構内水没シーンの舞台として、当駅構内(主に銀座線側)および周辺が描かれたが、当時の営団から「耐震構造は基準を充足しており、あのような事態は起こり得ない」とクレームがついた。ただし、映画公開13年後の1993年8月27日に台風11号による大雨で当駅構内が冠水し、丸ノ内線と銀座線が運休した事態が発生している[15]

隣の駅[編集]

Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
G 銀座線
青山一丁目駅 (G 04) - 赤坂見附駅 (G 05) - 溜池山王駅 (G 06)
M 丸ノ内線
四ツ谷駅 (M 12) - 赤坂見附駅 (M 13) - 国会議事堂前駅 (M 14)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大手町駅も5路線が乗り入れるが、東京メトロの乗り入れは4路線である(残り1路線は都営地下鉄三田線)。
  2. ^ 『東京地下鉄道丸ノ内線建設史』 帝都高速度交通営団
  3. ^ 東京メトロに仮面ライダー電王がやってくる! 5/2(日) イベント列車『メトロデンライナー』に200名をご招待! - 東京地下鉄ニュースリリース 2010年4月6日
  4. ^ 「特集 短絡線ミステリー6」、『鉄道ファン』、通巻第502号 2003年2月号、12p、交友社、2003年
  5. ^ 駅情報 - 赤坂見附駅 東京メトロ公式ホームページ
  6. ^ 井上孝司『配線略図で広がる鉄の世界 - 路線を読み解く&作る本』 ISBN 978-4-7980-2200-0秀和システム、2009年、176p.
  7. ^ a b 副都心線池袋経由要町以遠の場合
  8. ^ 赤坂見附駅に新しいコンコース・出入口が誕生 8月28日(土)オープン! - 東京地下鉄ニュースリリース 2010年8月23日
  9. ^ 東京メトロ 各駅の乗降人員ランキング
  10. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  11. ^ 東京都統計年鑑
  12. ^ a b ちぃばす時刻表、港区ホームページ、2011年2月8日閲覧
  13. ^ 赤坂エクセルホテル東急|路線・時刻表・運賃|リムジンバスの東京空港交通、東京空港交通ホームページ、2011年2月8日閲覧
  14. ^ 都バス路線案内図、1997年9月発行、東京都交通局
  15. ^ 【秋庭系東京地下物語2007】(第3話)水没した赤坂見附駅の妄想

関連項目[編集]

外部リンク[編集]