田園調布駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田園調布駅*
Den-en-chōfu Station 20221218.jpg
復元駅舎(2022年12月)
屋根はマンサード・ルーフという欧州中世紀の民家がモデルといわれる[1]
でんえんちょうふ
Den-en-chōfu[2]
所在地 東京都大田区田園調布三丁目25-18[3]
北緯35度35分48.8秒 東経139度40分2.3秒 / 北緯35.596889度 東経139.667306度 / 35.596889; 139.667306座標: 北緯35度35分48.8秒 東経139度40分2.3秒 / 北緯35.596889度 東経139.667306度 / 35.596889; 139.667306
所属事業者 東急電鉄
駅構造 地下駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
(東横線)17,378人/日
(目黒線)9,322人/日
(合計)26,700人/日
-2021年-
開業年月日 1923年大正12年)3月11日[4]
乗入路線 2 路線
所属路線 東横線[3]
駅番号 TY08[3]
キロ程 8.2 km(渋谷起点)
TY07 自由が丘 (1.2 km)
(0.8 km) 多摩川 TY09
所属路線 目黒線[3]
駅番号 MG08[3]
キロ程 6.5 km(目黒起点)
MG07 奥沢 (1.0 km)
(0.8 km) 多摩川 MG09
* 1926年に調布駅から改称。
テンプレートを表示

田園調布駅(でんえんちょうふえき)は、東京都大田区田園調布三丁目にある、東急電鉄である[3]

概要[編集]

東横線目黒線が乗り入れている[5]。線路名称上では、当駅が正式な目黒線の終点であるが、東横線の当駅から日吉駅までは複々線で、そのうち2線を使用し目黒線の列車は日吉駅まで運行しており、当駅 - 日吉駅間でも両系統を案内上別路線として扱っている。駅番号は東横線がTY08、目黒線がMG08である[3]

駅長所在駅。田園調布管内として、当駅と多摩川駅および東急多摩川線沼部駅を管理している。当駅は大田区最西端の駅である。

歴史[編集]

  • 1923年大正12年)3月11日 - 目黒蒲田電鉄の目黒駅 - 丸子駅(現在の沼部駅)間開通と同時に開業[4]。開業当時の駅名は調布駅で相対式ホームであった[4]
  • 1926年(大正15年)1月1日 - 駅名を田園調布駅に改称[6]
  • 1927年昭和2年)8月28日 - 東横線の駅が開業し、東側に目蒲線用ホームが増設されて3面4線となる[4]
  • 1964年(昭和39年)11月 - 跨線橋が廃止されて地下道となる[4]
  • 1988年(昭和63年)11月 - 東横線複々線化工事に伴い、当駅 - 多摩川園間(当時・以下同様)の改良工事に着手[7]
  • 1990年平成2年)
    • 8月26日 - 地元の田園調布会による「田園調布フェスタ」を開催、旧西口駅舎のお別れイベントが開催される[8]
    • 9月4日 - この日を以って、東口ならびに西口の旧駅舎の使用を終了、解体へ[8][1][9]。翌日からは、多摩川園駅寄りに設けた仮設の橋上駅舎で営業を行う[8]
  • 1994年(平成6年)11月27日 - 目蒲線のホームを地下化[10]
  • 1995年(平成7年) - 東横線のホームを地下化(6月1日に下りを[11]、12月17日に上りを地下化[10][4][5]。上り線地下化に伴い、橋上駅舎から地上駅舎に移設した[12]
  • 1996年(平成8年)3月12日 - 地下駅竣工[13]
  • 1997年(平成9年)1月17日 - 駅務室を本設化、旅客用トイレを使用開始[14]
  • 2000年(平成12年)
    • 1月15日 - 旧駅舎を駅のシンボルとして復元(駅舎としては使用せず)[1][9]
    • 8月6日 - 目蒲線が目黒線と東急多摩川線に分割され、当駅は目黒線の駅となる[15]
    • この年、関東の駅百選に選定されている[16]
  • 2010年(平成22年)10月 - 東横線ホームの延伸工事に着手[17]
  • 2013年(平成25年)3月16日 - 東横線ホーム延伸部の使用を開始[17]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する地下駅[18]。外側は東横線、内側は目黒線が使用する[18]。横浜方面と日吉方面、渋谷方面と目黒方面は同一ホームで乗り換えが可能である[18]。目黒線、東横線共にホームドアが設置されている。

改札口は地上1か所のみで、有人通路は「シースルー改札」である[18]

トイレは東急管理のものが改札内にあり、ユニバーサルデザインの一環として多機能トイレも設置されている[18]。改札外にも自治体管理のトイレが設置されている[18]

改良工事前は3面4線の形態で、東側は目蒲線が、西側は東横線が使用し、駅舎も地上にあったが[4]、改良工事中は橋上駅舎となり、同時に現行の形態に変更された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 TY 東横線 下り 武蔵小杉横浜元町・中華街方面[19]
2 MG 目黒線 武蔵小杉・日吉方面[20]
3 上り 目黒赤羽岩淵浦和美園西高島平方面[21]
4 TY 東横線 渋谷池袋所沢川越市方面[22]

(出典:東急電鉄:駅構内図

特徴[編集]

東西方向に傾斜があるため、東側の街区は改札口と同じ高さだが、西側の街区はおよそ建物1階分高くなっている。

当駅 - 多摩川園駅(当時)間は、東横線複々線化工事[23]に伴い、利便性向上を目的に同一方向・同ホーム化のため、駅全体の地下化工事が実施された[24][7]

  • 工事延長:東横線1,800 m・目蒲線(現・目黒線・東急多摩川線)2,000 m[7]
    • 当駅部のトンネル延長は431 mで、目黒線は奥沢方面に288 mのトンネルとなっている[24]
  • 事業費:750億円[7]
  • 掘削量:35万 m3[7] いずれも田園調布 - 多摩川園間改良工事

地下化工事にあたっては沿線住民との話し合いから、振動騒音を少なくすること(昼間作業を主体とする)や工期の短縮を図るため、線路の移設回数が多くなる工法を採用した[24]。このため、田園調布駅部では2回にわたって仮線路・仮ホームの移設(海側に移設する1次仮線→山側に移設する2次仮線)が行われたほか、大小合わせた線路の切り替え工事は48回にも及ぶ[7]。工期は8.5年(田園調布-多摩川園間改良工事全体)であり、東急電鉄では前例のない大規模な改良工事となった[24]

この改良工事では当初、田園調布・多摩川両駅へのエレベーター設置の予定はなかったが、地元住民の運動により設置が決定され、その後の日本の鉄道駅の本格的なバリアフリー化の嚆矢となった。

西側に面した洋館風の旧駅舎(矢部金太郎設計[1])は東横線複々線化事業の一環としての田園調布 - 多摩川間改良工事に伴い1990年平成2年)[9]9月4日に使用停止となり解体されたが[1]、改良工事が完成した2000年(平成12年)1月15日に復元された[1][9]。復元後は駅舎としての機能は持っていないが[1][9]、入口の裏側にエレベーター乗り場がある[18]。駅舎の復元工事に要した費用は、約1億円である[25]

埼玉高速鉄道線浦和美園駅および都営地下鉄三田線高島平駅を発着する臨時列車みなとみらい号」は、2006年(平成18年)8月運転分まで武蔵小杉駅で目黒線から東横線への転線を行っていたが、同年12月運転分より目黒線の日吉駅延長までの間と、最後の運転となった2011年12月24日の運転分では当駅で転線を行っていた。

2013年(平成25年)3月16日の東横線の東京メトロ副都心線乗り入れに伴う優等列車(急行・特急・通勤特急)の10両編成化に対応できるように、地下化当時から渋谷方に2両分ホームが延長された[17]

東横線・目黒線の多摩川駅寄りには、東急多摩川線への連絡線が設けられており、同線の多摩川駅(5・6番線ホーム)へ続いている。この連絡線は2000年(平成12年)8月5日以前に目蒲線の営業列車が使用していた。

利用状況[編集]

各線の2021年度の1日平均乗降人員は以下の通りである[26]

  • 東横線 - 17,378人
  • 目黒線 - 9,322人

年度別1日平均乗降人員[編集]

近年の1日平均乗降人員・乗換人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降人員[27][28][29]
年度 東横線 乗換人員 目黒線
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
2003年(平成15年) 24,337 −0.1% 11,545 8,857 2.9%
2004年(平成16年) 23,900 −1.8% 26,554 8,623 −2.6%
2005年(平成17年) 24,081 0.8% 26,476 8,829 2.4%
2006年(平成18年) 24,450 1.5% 26,637 9,219 4.4%
2007年(平成19年) 25,730 5.2% 29,369 9,979 8.2%
2008年(平成20年) 25,841 0.4% 24,892 10,500 5.2%
2009年(平成21年) 25,715 −0.5% 23,016 10,638 1.3%
2010年(平成22年) 25,335 −1.5% 23,120 10,578 −0.6%
2011年(平成23年) 25,348 0.1% 23,773 10,573 −0.0%
2012年(平成24年) 25,555 0.8% 24,730 10,955 3.6%
2013年(平成25年) 24,321 −4.8% 24,451 11,983 9.4%
2014年(平成26年) 23,768 −2.3% 25,257 12,071 0.7%
2015年(平成27年) 23,871 0.4% 26,078 12,143 0.6%
2016年(平成28年) 24,160 1.2% 26,983 12,472 2.7%
2017年(平成29年) 24,435 1.1% 27,984 12,740 2.1%
2018年(平成30年) 24,148 −1.2% 12,754 0.1%
2019年(令和元年) 23,342 −3.3% 12,572 −1.4%
2020年(令和02年) 15,606 −33.1% 8,612 −31.5%
2021年(令和03年) 17,378 11.4% 9,322 8.2%

年度別1日平均乗車人員[編集]

近年の1日平均乗車人員の推移は下表の通り。

年度 東 横 線 目 蒲 線 出典
1990年 42,058 32,586 [30]
1991年 41,139 31,770 [31]
1992年 39,381 30,230 [32]
1993年 38,833 28,564 [33]
1994年 13,488 3,745 [34]
1995年 13,123 3,557 [35]
1996年 13,178 3,444 [36]
1997年 13,090 3,468 [37]
1998年 12,611 3,701 [38]
1999年 12,433 3,724 [39]
年度 東 横 線 目 黒 線 出典
2000年 12,614 3,888 [40]
2001年 12,019 4,381 [41]
2002年 12,170 4,189 [42]
2003年 12,238 4,336 [43]
2004年 12,151 4,315 [44]
2005年 12,164 4,413 [45]
2006年 12,332 4,608 [46]
2007年 12,869 5,005 [47]
2008年 12,926 5,241 [48]
2009年 12,868 5,304 [49]
2010年 12,622 5,268 [50]
2011年 12,623 5,268 [51]
2012年 12,737 5,455 [52]
2013年 12,129 5,948 [53]
2014年 11,827 5,978 [54]
2015年 11,902 6,022 [55]
2016年 12,038 6,186 [56]
2017年 12,167 6,323 [57]

駅周辺[編集]

噴水を中心とした西口ロータリー、そこから広がる放射状および同心円状の道路、街路樹銀杏並木は旧駅舎と合わせ田園調布ランドマークとして広く知られている[5]。この西側一帯は都内でも有数の高級住宅街である[58][59]。商業施設は駅上部のショッピングセンターの他、東側に商店街が存在する一方、西側はいくつかが点在する程度[5]である。

バス路線[編集]

改札口北側にバスターミナルがあり[5]東急バス[60]が運行している。

乗り場 系統 経由 行先
1 渋11 自由が丘駅入口・東京医療センター前・駒沢公園東口 渋谷駅
三宿
2 園01 上野毛駅瀬田営業所美術館入口 千歳船橋
上野毛駅 瀬田営業所
3 番号なし 九品仏駅前都市大等々力キャンパス前 中町五丁目
(休日1往復のみ)
4 蒲12 雪が谷・池上警察署 蒲田駅
池上営業所

日曜日と祝日の午後は隣の自由が丘駅前周辺が歩行者天国で通行止めになるため、同駅を発着する東急コーチ自由が丘線(自01・02・11・12)は折り返し待機のため当駅まで回送される。

かつては成城学園前駅羽田空港大森駅世田谷区民会館へ行く路線バスも存在した。またIKEA港北への無料シャトルバスも運行されていた。

駅名の由来[編集]

駅設置当時の1923年(大正12年)時点の地名は荏原郡調布大字上沼部字旭野であり、村名をとって「調布駅」としたものである。間もなく「田園」を冠することになるが、東急では「田園都市づくりから」としている。地名はその後1928年(昭和3年)に荏原郡東調布町になり、1932年(昭和7年) 東京市に編入した時に大森区「田園調布」になった。

「調布」の由来は、古来この地で朝廷調(「みつぎ」。租税の一種)として手作りの布を納めていたことによるものである。

隣の駅[編集]

東急電鉄
TY 東横線
特急・通勤特急
通過
急行・各駅停車
自由が丘駅 (TY07) - 田園調布駅 (TY08) - 多摩川駅 (TY09)
MG 目黒線
急行
大岡山駅 (MG06) - 田園調布駅 (MG08) - 多摩川駅 (MG09)
各駅停車
奥沢駅 (MG07) - 田園調布駅 (MG08) - 多摩川駅 (MG09)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g “田園調布駅旧駅舎を復元” (pdf) (プレスリリース), 東急電鉄, (1999年12月27日), http://www.tokyu.co.jp/file/991227.pdf 2015年1月13日閲覧。 
  2. ^ 東急線・みなとみらい線路線案内 (PDF)
  3. ^ a b c d e f g 田園調布駅|各駅情報”. 東急電鉄. 2015年1月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 東急の駅、pp.50-51。
  5. ^ a b c d e 田園調布駅|沿線・駅周辺ガイド”. 東京急行電鉄. 2015年1月13日閲覧。
  6. ^ 「地方鉄道駅名改称」『官報』1925年12月16日(国立国会図書館デジタル化資料)
  7. ^ a b c d e f 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』1994年5月号「東急の東横線輸送力増強計画にともなう大規模改良工事の概要と現状」pp.50 - 56。
  8. ^ a b c 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』1990年12月号「東急だより」p.89。
  9. ^ a b c d e 特集 東急線らしさ、つぶぞろい!田園調布 奥沢 緑が丘 大岡山」 (pdf) 『HOT ほっと TOKYU』第383号、東京急行電鉄、2012年1月20日、2015年1月13日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ a b 「東急 田園調布駅の東横・目蒲4線地下線化が完成」『鉄道ジャーナル』第30巻第3号、鉄道ジャーナル社、1996年3月、 90頁。
  11. ^ 鉄道ファン』3巻8号、交友社 p. 125
  12. ^ 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』1996年6月号「話題の工事現場から6 東急東横線」pp.90 - 91。
  13. ^ 「田園調布-多摩川園間 東急、地下化など完成」『交通新聞』交通新聞社、1996年3月14日、1面。
  14. ^ 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』1997年5月号「話題の工事現場から7 東京急行電鉄」pp.102 - 103。
  15. ^ 目蒲線が目黒線と東急多摩川線に変わります!」 (pdf) 『HOT ほっと TOKYU』第222号、東京急行電鉄、2000年7月20日、2015年1月13日閲覧。
  16. ^ 田園調布駅「関東の駅百選」記念 パスネットとクラフトのセット発売」 (pdf) 『HOT ほっと TOKYU』第229号、東京急行電鉄、2000年12月1日、2015年1月13日閲覧。[リンク切れ]
  17. ^ a b c “特定都市鉄道整備事業実施状況” (pdf) (プレスリリース), 東京急行電鉄, (2013年5月15日), http://www.tokyu.co.jp/file/130515-2.pdf 2015年1月12日閲覧。 
  18. ^ a b c d e f g 田園調布駅|駅構内図”. 東京急行電鉄. 2015年1月13日閲覧。
  19. ^ 東横線標準時刻表 田園調布駅 横浜 元町・中華街方面”. 東急電鉄. 2019年11月18日閲覧。
  20. ^ 目黒線標準時刻表 田園調布駅 日吉方面”. 東急電鉄. 2019年11月18日閲覧。
  21. ^ 目黒線標準時刻表 田園調布駅 目黒方面”. 東急電鉄. 2019年11月18日閲覧。
  22. ^ 東横線標準時刻表 田園調布駅 渋谷方面”. 東急電鉄. 2019年11月18日閲覧。
  23. ^ 東横線多摩川園(当時) - 日吉間の複々線化と目蒲線目黒 - 多摩川園間の8両編成対応施設化ならびに目黒駅から地下鉄南北線三田線への乗り入れ工事。
  24. ^ a b c d 日本トンネル技術協会『トンネルと地下』1993年11月号施工「閑静な住宅街での大規模地下化工事 東横線複々線化事業 田園調布駅」pp.33 - 39。
  25. ^ 日本鉄道建築協会『鉄道建築ニュース』2000年4月号ステーション・開発「田園調布駅旧駅舎復元工事について」pp.25 - 28。
  26. ^ 2021年度乗降人員 - 東急電鉄
  27. ^ 区勢要覧 - 目黒区
  28. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  29. ^ 東京都統計年鑑
  30. ^ 東京都統計年鑑(平成2年)226ページ
  31. ^ 東京都統計年鑑(平成3年)232ページ
  32. ^ 東京都統計年鑑(平成4年)
  33. ^ 東京都統計年鑑(平成5年)
  34. ^ 東京都統計年鑑(平成6年)
  35. ^ 東京都統計年鑑(平成7年)
  36. ^ 東京都統計年鑑(平成8年)
  37. ^ 東京都統計年鑑(平成9年)
  38. ^ 東京都統計年鑑(平成10年) (PDF)
  39. ^ 東京都統計年鑑(平成11年) (PDF)
  40. ^ 東京都統計年鑑(平成12年)
  41. ^ 東京都統計年鑑(平成13年)
  42. ^ 東京都統計年鑑(平成14年)
  43. ^ 東京都統計年鑑(平成15年)
  44. ^ 東京都統計年鑑(平成16年)
  45. ^ 東京都統計年鑑(平成17年)
  46. ^ 東京都統計年鑑(平成18年)
  47. ^ 東京都統計年鑑(平成19年)
  48. ^ 東京都統計年鑑(平成20年)
  49. ^ 東京都統計年鑑(平成21年)
  50. ^ 東京都統計年鑑(平成22年)
  51. ^ 東京都統計年鑑(平成23年)
  52. ^ 東京都統計年鑑(平成24年)
  53. ^ 東京都統計年鑑(平成25年)
  54. ^ 東京都統計年鑑(平成26年)
  55. ^ 東京都統計年鑑(平成27年)
  56. ^ 東京都統計年鑑(平成28年)
  57. ^ 東京都統計年鑑(平成29年)
  58. ^ 『高級住宅街の真実 セオリー2008 vol.2』講談社 2008年3月25日
  59. ^ 高級住宅街の代名詞である田園調布 - 東京の高級住宅街、住むならどこがベスト/日本一のブランド力を誇る「田園調布」
  60. ^ 東急バス時刻表(田園調布駅)”. 東急バス株式会社. 2015年1月13日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 宮田道一 『東急の駅 今昔・昭和の面影』JTBパブリッシング、2008年9月1日。ISBN 9784533071669 
  • 日本鉄道建築協会『鉄道建築ニュース』2000年4月号ステーション・開発「田園調布駅旧駅舎復元工事について」(東京急行電鉄(株)交通事業部 工務部施設課 浅野 新)

外部リンク[編集]