日枝神社 (千代田区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山王日枝神社
Hie Shrinejinja 2012.JPG
所在地 東京都千代田区永田町2丁目10番5号
位置 北緯35度40分29秒 東経139度44分22.50秒 / 北緯35.67472度 東経139.7395833度 / 35.67472; 139.7395833 (日枝神社 (千代田区))座標: 北緯35度40分29秒 東経139度44分22.50秒 / 北緯35.67472度 東経139.7395833度 / 35.67472; 139.7395833 (日枝神社 (千代田区))
主祭神 大山咋神
社格 官幣大社・別表神社
創建 不詳
別名 日吉山王社
日吉山王大権現社
江戸山王大権現
麹町山王
山王社
山王さま
例祭 6月15日(山王祭)
地図
山王日枝神社の位置(東京都区部内)
山王日枝神社
山王日枝神社
テンプレートを表示

日枝神社(ひえじんじゃ)は、東京都千代田区永田町二丁目にある神社江戸三大祭の一つ、山王祭が行われる。旧社格は准勅祭社東京十社)、官幣大社。

大山咋神(おおやまくいのかみ)を主祭神とし、相殿に国常立神(くにのとこたちのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)を祀る。

歴史[編集]

創建の年代は不詳である。文明10年(1478年)、太田道灌が江戸城築城にあたり、川越の無量寿寺(現在の喜多院中院)の鎮守である川越日枝神社を勧請したのに始まるという。徳川家康が江戸に移封されたとき、城内の紅葉山に遷座し、江戸城の鎮守とした[1]

慶長9年(1604年)からの徳川秀忠による江戸城改築の際、社地を江戸城外の麹町隼町に遷座し、庶民が参拝できるようになった。社地は家康により5石、元和3年(1617年)に秀忠により100石、そして寛永12年(1635年)に徳川家光からの寄付を加えて600石となった[2]

明暦3年(1657年)、明暦の大火により社殿を焼失したため、万治2年(1659年)、将軍家綱が赤坂の松平忠房の邸地を社地にあて、現在地に遷座した。この地は江戸城から見て裏鬼門に位置する。

明治元年(1868年)11月の東京奠都の際に准勅祭社に指定された。その後明治3年(1871年)に神祇官直下から東京府管轄に移され、明治5年(1873年)の官国幣社の選定時にも漏れ、そのまま東京府の府社となった。1881年(明治14年)に、氷川神社宮司で日枝神社の祠官を兼ねていた平山省斎が、皇城鎮護の神社が府社であっていいはずがないので、官幣大社にしてほしいと願い出た。この時は官幣大社にならなかったが、東京府・内務省の賛成を得て1882年(明治15年)1月9日に官幣中社になった[3]大正元年(1912年)には官幣大社に昇格した。

昭和20年(1945年)の東京大空襲で社殿が焼失し、昭和33年(1958年)に再建された。

裏参道 大鳥居(右側奥の建物は、現在は閉館となり無くなったキャピトル東急ホテル[4]

年表[編集]

  • 元和3年(1617年) - 麻生に100石の地を与えられた。
  • 寛永12年(1635年)6月 - 400石を加え500石を領した。
  • 万治2年(1659年)4月25日 - 現在地への遷座式。
  • 文政6年(1823年) - 楼門、回廊などを造営した。
  • 明治元年(1868年)11月5日 - 官幣使が参拝した。
    • 8日 - 准勅祭の神社になった。
  • 明治3年(1871年)6月30日 - 神祇官から東京府に管轄が移った。
  • 1881年(明治14年)6月 - 平山省斎が官幣大社にしてほしいと内務省に願い出た。
    • 7月6日 - 東京府が官幣中社昇格を支持する上申を出した。
    • 11月26日 - 内務省が日枝神社の官幣中社昇格を支持する上申を出した。
  • 1882年(明治15年)1月9日 - 官幣中社に列した。
  • 1912年(大正元年) - 官幣大社に昇格した。

文化財[編集]

国宝[編集]

重要文化財[編集]

  • 太刀 銘国綱
  • 太刀 銘定利
  • 太刀 銘一
  • 太刀 銘長光
  • 太刀 銘備州長船住長光
  • 太刀 銘守家
  • 太刀 銘高包
  • 太刀 銘師光
  • 太刀 銘延房
  • 太刀 銘重久
  • 太刀 銘備前国新田荘住親依元徳四年云々
  • 太刀 銘備州萬壽住右衛門尉吉次作
  • 太刀 銘豊後国行平作
  • 薙刀 無銘 伝当麻

東京大空襲で焼失した旧国宝[編集]

  • 本殿
  • 幣殿
  • 拝殿
  • 中門
  • 透塀

氏子地域[編集]

千代田区大手町
千代田区丸の内
千代田区有楽町
千代田区内幸町
千代田区霞が関三丁目
千代田区永田町二・三丁目
千代田区九段北三丁目2・3、四丁目全域
千代田区九段南三・四丁目
千代田区麹町
千代田区一番町
千代田区二番町
千代田区三番町
千代田区四番町
千代田区五番町
千代田区六番町
千代田区隼町
千代田区平河町
千代田区紀尾井町
中央区銀座(旧木挽町=銀座東の区域を除く)
中央区京橋
中央区八重洲
中央区八丁堀
中央区日本橋
中央区日本橋兜町
中央区日本橋茅場町
港区新橋一丁目4~14
新宿区四谷一丁目(一部)

ギャラリー[編集]

事件[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日枝神社「日枝神社について」。『公文類聚』「東京府社日枝神社ヲ官幣中社ニ列ス」。「東京府社日枝神社ヲ官幣中社ニ列ス」pdfファイルの3頁めにある平山省斎の上申には、文明3年の勧請とある。
  2. ^ 「東京府社日枝神社ヲ官幣中社ニ列ス」PDFファイルの3頁め。
  3. ^ 「東京府社日枝神社ヲ官幣中社ニ列ス」。
  4. ^ 画像右(山王パークタワー側)に、上り専用のエスカレーターが設けられている。
  5. ^ 赤坂・日枝神社「神職の巫女レイプ事件」, 週刊朝日 2009年3月27日号
  6. ^ 東京・日枝神社の元神職に実刑 みこ強姦で地裁”. 共同通信 (2009年5月19日). 2012年2月26日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

東京十社(准勅祭社)
社名 主祭神 鎮座地(東京都) 近代 別表
根津神社
(根津権現)
須佐之男命
大山咋命
誉田別命
大国主命
菅原道真公
文京区根津 府社
芝大神宮
(芝神明宮、飯倉神明宮)
天照皇大御神
豊受大御神
港区芝大門 府社
神田明神
(神田神社)
大己貴命
少彦名命
平将門神
千代田区外神田 府社 別表
日枝神社
(山王権現、麹町山王)
大山咋神 千代田区永田町 官幣大社 別表
亀戸天神社
(東宰府、亀戸天満宮)
天満大神
天菩日命
江東区亀戸 府社
白山神社 菊理姫命
伊弉諾命
伊弉冉命
文京区白山 郷社
品川神社 天比理乃咩命
素盞嗚尊
宇賀之売命
品川区北品川 郷社
富岡八幡宮
(深川八幡)
品陀和気命 江東区富岡 府社
王子神社
(王子権現)
伊弉諾命
伊弉冉命
天照大御神
速玉之男命
事解之男命
北区王子本町 郷社
氷川神社
(赤坂氷川神社)
素盞鳴尊
奇稲田姫命
大己貴命
港区赤坂 府社