高瀬神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高瀬神社
Takase Shrine haiden.jpeg
拝殿
所在地 富山県南砺市高瀬291
位置 北緯36度34分18.70秒
東経136度56分53.70秒
主祭神 大己貴命
社格 式内社(小)
越中国一宮
国幣小社
別表神社
創建 (伝)景行天皇年間
本殿の様式 流造
例祭 9月13日
テンプレートを表示
鳥居と社名標

高瀬神社(たかせじんじゃ)は、富山県南砺市高瀬にある神社式内社越中国一宮旧社格国幣小社で、現在は神社本庁別表神社

概要[編集]

富山県西南部、南砺市の東方に鎮座する。

律令制下に神階では越中国で最高位を占め、一宮であったとされる。なお越中国一宮を名乗る神社としては、当社のほかに射水神社気多神社雄山神社がある。

戦国時代には戦乱で荒廃したが、江戸時代加賀藩主・前田氏の崇敬を受けて手厚く保護された。

祭神[編集]

主祭神
配神

このほか礪波郡内の氏神と越中国内の式内社34座の神を祀る。

歴史[編集]

創建の年代は不明。大己貴命が北陸平定を終えて出雲へ戻る時に、国魂神として自身の御魂をこの地に鎮め置いたのに始まると伝えられるが、景行天皇の治世であるとも伝えられる。

当社は「高瀬神」の名で度々六国史に登場し、神階の陞叙を受けている。以下は時系列で並べた神階の授与である。

いずれの陞叙も射水神社と同時・同階で、共に越中国最高位の神社として朝野の崇敬を受けていた。 『日本文徳天皇実録』斉衡元年(854年)12月27日の条では、高瀬神の祢宜と祝(はうり)が把笏に預かった[1]ことが記載されているが、古代に笏を把ることを許されたのは伊勢神宮と諸大社の神職のみであったと言う[2]

延長5年(927年)には『延喜式神名帳』により小社へ列せられ、礪波郡の式内社7座の筆頭に記載された。

平安時代の末に一時国府が礪波郡に移転したことから、それ以降、越中国一宮とされた。神仏習合の神社であり、三百坊の勧学院を擁していた。

中世、越中国の一向宗徒の支配下に入った。その際、一部の神職が雄神神社に転じている[3]

戦国時代の戦乱により荒廃したが、江戸時代加賀藩主・前田氏の崇敬を受け、手厚く保護された。

明治6年(1873年)に県社、大正12年(1923年)に国幣小社に列せられた。戦後は別表神社となった。

文化財[編集]

高瀬神社の文化財一覧[4]

市指定文化財[編集]

  • 高瀬神社(史跡)- 1966年(昭和41年)7月1日指定。
  • 御物石器ほか2点(考古資料)- 1998年(平成10年)2月26日指定。御物石器ほか2点は、出土地が不明であるが、明治以前から、高瀬神社の宝物として保管されている。

関連する文化財[編集]

  • 高瀬神社御旅所跡 市指定史跡 - 1962年(昭和37年)7月24日指定。南砺市江田地内の旅川岸で、高瀬神社の祭礼に神輿の巡幸があった御旅所の跡である。往古、高瀬の神がここで川舟を下りて足袋を洗い、陸路高瀬に向かったという伝説の地である。
  • 大学寮勧学院田跡 市指定史跡 - 1966年(昭和41年)7月1日指定。平安時代の記録である「延喜大学寮式」にそのころの国の役人を育てる大学の学生に与える食費を得るために、越中国砺波郡に大学寮を置いたといわれる。
  • 山田郷総社神明宮 拝殿は1943年(昭和18年)に井波の高瀬神社から譲り受け、原形のまま再建されたものであり、天明3年(1783年)の建築で、名工松井角平の作として有名である。
  • 高瀬遺跡(石仏地区)国の史跡 - 1972年(昭和47年)3月22日指定。この遺跡は昭和45年(1970年)の秋、辺り一帯の水田の区画整理をしたとき、発見された。中央部には、直径20~30センチの柱根を残す3つの建物の跡があり、最も東側の南北に長い建物跡が、この遺跡の中心の建物であったと考えられている。主殿の後方には、南北に柵が作られていた。また、主殿の西側の小さな広場をはさんで、南北2つの建物跡がある。いずれも東大寺荘園の管理所であったと想像される。さらに、主殿の南側には、幅約3メートル、深さ約1メートルの蛇行した小川が発見された。また、1994年の調査では、石仏地区の隣接地から、「南万呂」と書かれた墨書土器も出土している。この小川の中からは、この川を利用して運んだと思われる木材などが見つかっている。また役所で使われたと思われる須恵器や土師器、北陸地方で初めての木簡が出土している。
  • 高瀬遺跡(穴田地区)県指定史跡 - 1972年(昭和47年)2月26日指定。石仏地区の横を流れる勧行寺川の、約300m上流に、県指定の高瀬遺跡穴田地区がある。この遺跡は、1971年に発掘調査が行われ、小規模な建物の跡や土器、木製品などがいくつも発見された。掘立柱建物の集落の跡があり、家の周囲のごみ捨て穴から出てきた土器などの遺物から、当時の人々の生活の様子を知ることができる。また、奈良時代や平安時代の銅銭、須恵器の蓋を使った硯、須恵器の底に「家成」「衣麻呂」「宅」と墨で書いた土器などが見つかっている。これらの遺物から、この集落には地方の豪族や役人も住んでいたと考えられている。現在この遺跡は水田下に保存されている。出土した土器や木製品は、高瀬遺跡公園内の南砺市埋蔵文化財センター(旧井波歴史民俗資料館)で展示している。

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本文徳天皇実録』の記述によれば、同時に射水神社も把笏に預かっている。
  2. ^ 谷川健一 編 『日本の神々 -神社と聖地- 8 北陸』 ㈱白水社 1985年11月 より。
  3. ^ 現在でも両社は関係が深く、宮司は両社で兼任されている
  4. ^ 文化財一覧の目録は南砺市の文化財一覧による。

参考文献[編集]

  • 谷川健一 編 『日本の神々 -神社と聖地- 8 北陸』 ㈱白水社 1985年11月
  • 神道大系編纂会編 『神道大系 神社編34 越中・越後・佐渡国』 神道大系編纂会 1986年7月
  • 中世諸国一宮制研究会編 『中世諸国一宮制の基礎的研究』 岩田書院 2000年2月
  • 全国一の宮会編 公式ガイドブック『全国一の宮めぐり』 全国一の宮会 2008年12月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 高瀬神社(公式サイト)
  • 高瀬神社(國學院大學21世紀COEプログラム「神道・神社史料集成」)