福光駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福光駅
駅舎(2009年1月11日)
駅舎(2009年1月11日)
ふくみつ - Fukumitsu
東石黒 (2.7km)
(2.8km) 越中山田
所在地 富山県南砺市荒木5327
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 城端線
キロ程 24.7km(高岡起点)
電報略号 フク
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
536人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1897年明治30年)8月18日
備考 簡易委託駅
みどりの窓口(5489サービス対象外・カード不可)

福光駅(ふくみつえき)は、富山県南砺市荒木にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)城端線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持ち、列車交換が可能な地上駅である。上りホーム側に駅舎があり、ホーム間の移動は跨線橋を利用する。

駅は北陸広域鉄道部の管理である。駅舎に入居する旅行代理店「パールトラベル」が窓口業務を受託する簡易委託駅となっており、同社ではみどりの窓口に旧福光町(現南砺市)の供与によるJRの端末(マルス)のほか、JTB全日空の端末を設置していることをセールスポイントとしている[1][2]また、駅構内には自動券売機も設置されているが、JR西日本管内の多くの委託駅同様、窓口営業時間外専用となっている。売店については、ヤマザキショップが設置されていたが2014年8月24日を持って閉店した。[3]。城端線内の駅では砺波駅の正規キオスクが撤退してからは唯一の売店で、JR西日本が展開し始めたセブンイレブンとは別のコンビニチェーンがJR駅構内にあったことはめずらしい。島根県大田市温泉津町に同名のJR山陰線石見福光駅がある。また、出雲市の旧JR大社線の大社駅所在地が福光駅と同じ荒木である。駅前商店街では、福が光つとしゃれこんで「福福福くじキャンペーン」を行っている。

※利用者への注意事項として、時刻表でもマーク表記されているみどりの窓口だが、5489サービスのきっぷ受け取りはできず、Westカードなどのクレジットカードでは決済できない。実質旅行代理店の窓口なので、他駅や他社で発券したJR券の変更や払戻はできず、城端線ではJR正規駅である砺波駅と新高岡駅でのみ変更・払戻を取り扱っている。ただ、同駅で発売したきっぷはJRが発券したことになっているので全国のJR各社正規駅で変更や払戻が可能。

※北陸新幹線で来市された利用者への特典として南砺市内の市営・各社バス路線が無料で使えるチケットを駅窓口で配布している。北陸新幹線の特急券をあらかじめスマホやカメラで撮影するか無効印を押してもらい城端線で下車した時に提示すればもらえる。同様の取扱いは福野駅・城端駅でも行っている。2016年3月までの予定。


のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 城端線 上り 高岡方面
2 下り 城端方面

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[4]

  • 2004年度 : 630人
  • 2005年度 : 606人
  • 2006年度 : 598人
  • 2007年度 : 566人
  • 2008年度 : 538人
  • 2009年度 : 514人
  • 2010年度 : 525人
  • 2011年度 : 545人
  • 2012年度 : 563人
  • 2013年度 : 536人

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

金沢駅方面などへのバスが発着している。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
城端線
東石黒駅 - 福光駅 - 越中山田駅

脚注[編集]

  1. ^ (株)パールトラベル(会員情報) - 富山県旅行業協会(2012年6月2日閲覧)
  2. ^ 以前は駅扱いとは別に旅行代理店扱いのマルス端末も設置されていた[要出典]
  3. ^ 駅頭のヤマザキショップ看板には正規でないもの「キヨスク福光駅店」と表記されていた。JR西日本金沢支社管内でキヨスク業務を受け持つジェイアール金沢サービスネットとの関係はなし
  4. ^ 富山県統計年鑑による。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]