富山新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富山新聞
Toyama Shimbun.jpg
富山新聞社本社がある「富山新聞会館」
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 北國新聞社
本社 富山本社
代表者 髙澤基
創刊 1923年5月1日
言語 日本語
価格 1部 140円
月極 3,072円
発行数 4万2602部
日本ABC協会調べ、2019年1月 - 6月[1]
ウェブサイト https://toyama.hokkoku.co.jp/
株式会社 北國新聞社富山本社
THE TOYAMA SHIMBUN
本社所在地 日本の旗 日本
〒930-8520
富山県富山市大手町5番1号
業種 情報・通信業
資本金 4億9,800万円
売上高 237億3,325万円(2012年12月実績)
外部リンク https://www.hokkoku.co.jp/
テンプレートを表示

富山新聞(とやましんぶん)は、北國新聞社富山本社が発行する朝刊専売の富山県地方紙1923年創刊。販売部数は4万2602部(日本ABC協会調べ、2019年1月 - 6月)[1]で、富山県内でのシェアは約1割で3位[1]

沿革[編集]

特徴[編集]

金沢市の北國新聞社で紙面を製作・印刷しており、紙面は一部を除いて北國新聞と共有している。また論調は北國新聞と同様で、富山と名乗るが石川県民を指向した記事や社説が多い[要出典]夕刊1952年11月から発行した[4]が、1968年に発行を終了している。なお、富山県西部の小矢部市高岡市コンビニエンスストアでは、富山新聞と北國新聞が併売されている。[要出典]

別の県で製作・印刷されている県紙はほかに大阪府大阪日日新聞日本海新聞グループ、鳥取県新日本海新聞社で印刷)、福井県日刊県民福井石川県中日新聞北陸本社で印刷)がある。かつては北日本新聞社も石川県で「北陸新聞」の題号で発行していたが、北陸新聞は中日新聞社に経営権を譲渡し、現在の「北陸中日新聞」となった[9]

2014年の日本共産党の調査で集団的自衛権について地方紙43紙のうち肯定的主張を展開している3紙[10]の一つである[11]

かつて国民の祝日の発行号では、親会社の北國新聞と共に題字近くに「祝日には国旗を掲げましょう」の表記があった[12]

地域面[編集]

北國新聞のように地域ごとの紙面はなく、主に「北陸総合」・「富山総合」・「地域ニュース」の3面で構成されている。

テレビ・ラジオ欄[編集]

最終面[編集]

番組解説は4番組。

中面[編集]

北國新聞の系列ラジオ局であるラジオたかおかの番組解説が掲載されていた時期があるが、現在は廃止されている。なお、ラジオたかおかを除く富山県内のほかのコミュニティ放送局の番組表は掲載されていない。掲載サイズは原則4分の1サイズ。

BS 衛星放送
ケーブルテレビ
ラジオ
隣県のテレビ

2018年11月30日付までは新潟テレビ21新潟放送の番組表も掲載されていた。

関連放送事業者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 読売新聞メディアデータ2020 上位3紙朝刊販売部数・世帯普及率 (PDF)”. 読売新聞広告局. 2020年10月2日閲覧。
  2. ^ a b 富山新聞 2003, p. 16.
  3. ^ a b c 富山大百科事典 下巻(1994年8月1日、北日本新聞社発行)472ページ
  4. ^ a b c d 富山県大百科事典(1976年8月1日、富山新聞社発行)632ページ
  5. ^ 富山新聞 2003, p. 138.
  6. ^ 『北國新聞社創刊100年を迎えて』北國新聞社、1994年12月28日、263頁。
  7. ^ 『北國新聞社創刊100年を迎えて』北國新聞社、1994年12月28日、338頁。
  8. ^ 富山新聞 2003, p. 489.
  9. ^ 『中日新聞社の130年』中日新聞社、2016年9月1日、38頁。
  10. ^ 福島民友新聞北國新聞富山新聞
  11. ^ 『しんぶん赤旗』「集団的自衛権「閣議決定」「歴史の審判に堪えられぬ」地方紙40紙 反対」(2014.7.4)
  12. ^ 富山新聞 1997年11月23日付1面より。

参考文献[編集]

  • 『富山新聞に見るふるさと80年』富山新聞社、2003年6月10日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]