中越鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中越鉄道(ちゅうえつてつどう)は、かつて富山県において現在の西日本旅客鉄道(JR西日本)城端線及び氷見線日本貨物鉄道(JR貨物)新湊線を建設・運営していた私設鉄道である。

歴史[編集]

富山県で最初に開業した鉄道であり、日本海側において最初に開業した私設鉄道である。富山県西部の砺波地方から産出される米などの農産物を伏木港へ輸送することを主目的として地元の地主などを中心に設立された。

当初は経営不振に陥った時期もあったが明治末年からは経済情勢の好転と伏木港の改修による増強等を追い風として輸送量が増加し経営も順調になった。

鉄道国有法による買収私鉄からは外されたが、輸送量増加による滞貨の発生などから地元の要望により大正時代中期に至り買収され国有化された。

年表[編集]

路線消長の詳細は各線記事を参照。

  • 1893年(明治26年)10月 - 吉田茂勝以下32名により高岡 - 城端間の仮免許を出願。
  • 1894年(明治27年)11月14日 - 上記区間19マイルの仮免許を下付される。
  • 1895年(明治28年)4月25日 - 中越鉄道株式会社創立総会を行い役員選出。翌月大矢四郎兵衛(砺波郡在住の大地主)が初代社長に就任[1]
  • 1897年(明治30年)5月4日 - 黒田仮停車場 - 福野間が開業[2]
  • 1898年(明治31年)1月2日 - 黒田仮停車場 - 高岡間開業。黒田仮停車場廃止[3]
  • 1911年(明治44年)4月1日 - 鉄道免許状下付(伏木-氷見間)[4]
  • 1912年(明治45年)4月4日 - 伏木-島尾間開業[5]
  • 1912年(大正元年)9月19日 - 島尾-氷見間開業[6]
  • 1912年(大正元年)9月22日 - 暴風雨により、射水郡矢田村で列車が転覆。乗員・乗客35名中17名が負傷する惨事となった[7]
  • 1916年(大正5年)12月12日 - 私設鉄道免許線(高岡-城端間)を軽便鉄道に変更及び鉄道免許状下付(射水郡能町村-同郡新湊町間)[8]
  • 1918年(大正7年)1月27日 - 能町-新湊間開業[9]
  • 1920年(大正9年)9月1日 - 買収により国有化され、路線は国鉄城端線・氷見線・新湊線となる[10]

路線[編集]

国有化直前の路線。

輸送・収支実績[編集]

年度 輸送人員(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 支払利子(円)
1897 414,330 31,896 40,417 31,807 8,610
1898 488,539 30,875 65,096 38,326 26,770
1899 467,656 49,841 64,701 40,096 24,605
1900 599,023 62,440 86,264 52,694 33,570
1901 544,901 67,168 109,613 69,931 39,682
1902 587,237 63,108 94,608 65,618 28,990
1903 576,641 62,763 99,233 60,560 38,673
1904 537,104 37,373 91,309 51,221 40,088
1905 573,011 61,881 104,044 53,481 50,563
1906 649,985 71,795 115,601 59,586 56,015
1907 741,900 81,591 132,983 71,373 61,610
1908 729,455 94,943 135,248 75,971 59,277 社債償却10,000借入金償却2,400 12,397
1909 744,944 98,642 142,103 100,014 42,089 補助金8,930 11,737
1910 745,393 131,818 163,830 81,914 81,916 5,131
1911 771,120 141,335 175,469 72,947 102,522 1,152
1912 976,340 135,957 201,401 76,300 125,101 遊園場損金1,098 1,982
1913 1,044,917 182,489 238,973 95,742 143,231 積立金より補充9,800申込差益金13,818 遊園場損金1,465火災損金9,543 3,008
1914 987,292 196,420 229,093 86,336 142,757 遊園場益金566その他17,397 474
1915 947,939 200,434 232,121 88,871 143,250
1916 1,158,527 236,611 292,366 128,737 163,629 遊園場損金1,693
1917 1,245,497 258,162 353,809 159,454 194,355 遊園場損金3,105
1918 1,572,744 354,526 509,983 282,416 227,567 遊園場損金3,364
1919 1,872,084 383,080 635,200 367,503 267,697 土地売却益金95,452 遊園場損金4,119

伏木-氷見間は開業時から軽便鉄道で建設したため別勘定

年度 輸送人員(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) 政府補助金(円) 支払利子(円)
1912 245,300 4,354 22,943 8,723 14,220
1913 270,543 9,920 30,743 13,798 16,945
1914 288,780 8,252 30,211 12,814 17,397 7,452 6,651
1915 255,673 8,167 28,367 12,389 15,978
  • 鉄道局年報、鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料、鉄道統計各年度版

車両[編集]

鉄道省に引継がれた車両は機関車8両客車37両貨車388両(有蓋254無蓋134)[11]

蒸気機関車[編集]

車両数の推移[編集]

年度 機関車 客車 貨車
有蓋 無蓋
1897 3 15 18 7
1898-1899 3 22 24 14
1900 4 22 29 14
1901-1905 4 22 39 14
1906-1909 4 22 44 19
1910-1911 4 22 44 29
1912 5 22 54 39
1913 5 27 109 49
1914-1915 6 27 154 69
1916 6 27 159 69
1917 6 27 174 84
1918 6 31 174 84
1919 8 31 254 109
  • 中越鉄道開業二十周年誌、鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料

参考文献[編集]

  • 臼井茂信「国鉄蒸気機関車小史」1956年、鉄道図書刊行会刊
  • 草卓人「中越鉄道の成立と展開」(桂書房刊「鉄道の記憶」より)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治29年』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「運輸開業免許状下付」『官報』1897年5月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「運輸開業免許状下付」『官報』1898年1月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1911年4月6日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1912年4月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1912年10月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 誰か昭和を思わざる 大正ラプソディー (大正元年)
  8. ^ 「軽便鉄道指定」、「軽便鉄道免許状下付」『官報』1916年12月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1918年2月6日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ 「鉄道省告示第57・58号」『官報』1920年8月17日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ 『鉄道省鉄道統計資料. 大正9年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ 『鉄道院年報. 大正元年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ 『鉄道院鉄道統計資料. 大正8年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)

外部リンク[編集]