JTBパブリッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社JTBパブリッシング
JTB Publishing, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
162-8446
東京都新宿区払方町25-5
アーバンネット市ヶ谷ビル
設立 2004年10月1日
業種 情報・通信業
法人番号 1011101038290
事業内容 印刷出版物の発行・販売、広告掲載営業、カスタム出版、デジタルコンテンツ販売、Webサービス、会員サービス等
代表者 代表取締役社長 里見雅行
資本金 10億円
売上高 114億円(2012年3月)
主要株主 株式会社ジェイティービー 100%
外部リンク http://www.jtbpublishing.com/
テンプレートを表示

株式会社JTBパブリッシング(JTB Publishing Inc.)は、日本出版社で、持株会社であるジェイティービー(JTB)の完全子会社である。本社を東京都新宿区に置く。

概要[編集]

これまでのJTBの出版部門を分社する形で、2004年10月1日にJTB出版事業局、系列編集会社のるるぶ社、専門販社であるジェイティービー出版販売の商品販売部門を統合し設立(JTB時代の沿革はJTBの項を参照)された。

旅行会社であるJTBの出版部門を統括する会社であり、「JTB時刻表」を始めとする各種鉄道時刻表(大手私鉄では東京急行電鉄京阪電気鉄道が利用者向け冊子時刻表の製作を委託している)や「るるぶ」「Visita」などの旅行情報誌、各種旅行ガイドブック、各言語の会話集、地図日本語以外の言語による日本紹介書、旅行紀行鉄道関連の単行本(JTBキャンブックスやJTBマイロネブックス)などの発行を手がけている。

また、ウェブサイト「るるぶ.com」の運営を始めとするデジタルコンテンツの開発・販売も手がけている。

出版物を巡るトラブル[編集]

同社が2005年1月から発行した「JTBキャンブックス 韓国鉄道の旅」に掲載されていた地図で、日本海の表記が「東海」となっていたことが、2012年1月に判明した。同社はこの本について、同年1月26日付で絶版とし、書店から回収した[1][2][3]

脚注[編集]

  1. ^ “JTB系韓国ガイド絶版 日本海を「東海」と表記”. 日本経済新聞. (2012年1月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG28024_Y2A120C1CC1000/ 2012年11月10日閲覧。 
  2. ^ “「JTBキャンブックス 韓国鉄道の旅」が日本海を「東海」と表記 絶版へ”. MSN産経ニュース. 産経新聞. (2012年1月28日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120128/crm12012811200006-n1.htm [リンク切れ]
  3. ^ “「JTBキャンブックス 韓国鉄道の旅」絶版について” (PDF) (プレスリリース), JTBパブリッシング, (2012年1月27日), http://www.jtbpublishing.com/information/20120127122.pdf 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]