英霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
英霊として祀られた肉親のために靖国神社参拝をする戦争遺族(昭和30年)

英霊(えいれい)とは、死者、特に戦死者を敬っていう語。また、英華秀霊の気の集まっている人の意で、才能のある人、英才を指す[1]

概要[編集]

日露戦争以降、特に国に殉じた人々、靖国神社護国神社に祀られている戦没将兵の「忠魂」・「忠霊」と称されていたものを指して使われ始めた [2]。 本来は他者を救うために亡くなった人々全般に対する敬称だが、特定の国家では異なる解釈をする場合があるため、現在では政治的、思想的な論争の対象となることがある(詳細は靖国神社問題を参照)。 西部邁(評論家)は2017年の著書で「(靖国)神社は「英霊」を祀る場所であり、そして「英(ひい)でた霊」とは「国家に公式的な貢献をなして死んだ者の霊」のことをさす。故東条英機をはじめとするA級戦犯と(占領軍から)烙印を押された我が国の旧指導者たちに英霊の形容を冠するのは、歴史の連続性を保つという点で、是非とも必要なことと思われる」、「A級戦犯と名付けられている(戦勝国によって殺害された)人々の霊(なるもの)が英霊でないはずがない[3]」と説明している。

脚注[編集]

  1. ^ 大辞泉 えい‐れい【英霊】。
  2. ^ 村上重良『慰霊と招魂』岩波新書、1974年、152頁参照。
  3. ^ 西部邁 『ファシスタたらんとした者』 中央公論新社、2017年、368-369頁。

関連項目[編集]