竈山神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竈山神社
Kamayama-jinja haiden.JPG
拝殿
所在地 和歌山県和歌山市和田438
位置 北緯34度12分3.69秒
東経135度12分16.01秒
座標: 北緯34度12分3.69秒 東経135度12分16.01秒
主祭神 彦五瀬命
社格 式内社(小)
官幣大社
別表神社
創建 不詳
本殿の様式 春日造
別名 釜山神社
札所等 神仏霊場巡拝の道第8番(和歌山第8番)
例祭 10月13日
地図
竈山神社の位置(和歌山県内)
竈山神社
竈山神社
テンプレートを表示
大鳥居

竈山神社(かまやまじんじゃ、釜山神社)は、和歌山県和歌山市和田にある神社式内社旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

概要[編集]

和歌山市南部、竈山の地に鎮座する。「竈山」とは『古事記』『日本書紀』に見える地名で、両書では神武天皇(初代)長兄の彦五瀬命(五瀬命)が竈山に葬られたという。当社はその彦五瀬命の神霊を祀る神社であり、本殿の背後には彦五瀬命の墓と伝える竈山墓(かまやまのはか、宮内庁治定墓)がある。

明治初期までは小さな社であったが、戦前の国家神道の発展に伴って最高の社格である官幣大社に位置づけられ、さらに社殿等が整備されて現在に至っている。また境外摂社として、式内社(名神大社)である静火神社を所管する。

祭神[編集]

彦五瀬命(五瀬命)
前賢故実』より。

祭神は次の通り[1]

主祭神
配祀神
  • 左脇殿:彦五瀬命の兄弟神
    • 稲飯命(いなひのみこと) - 『日本書紀』本文では第2子(一書で第3子)。
    • 御毛入沼命(みけいりぬのみこと) - 『日本書紀』本文では第3子(一書で第2子)。
    • 神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと、初代神武天皇) - 末弟(第4子)。
  • 右脇殿:神武東征に従軍した随身

 

歴史[編集]

創建[編集]

初代天皇で、彦五瀬命の末弟にあたる。

祭神の彦五瀬命神武天皇(初代)の長兄にあたる。『古事記』『日本書紀』によれば、神武天皇の東征の際に行軍した彦五瀬命は、孔舎衛坂(くさえざか)[注 1]長髄彦の軍との戦いで流矢にあたって負傷、その後雄水門(おのみなと、男之水門)[注 2]で崩御、のち竈山に葬られたという[2][注 3]

この彦五瀬命の墓は、現在は宮内庁によって竈山神社後背にある古墳「竈山墓(かまやまのはか)」に治定されている[3]。天正の兵乱で文書が散逸したため竈山神社・墓の由緒は明らかでないが、『紀伊続風土記』では当地が「竈山墓」にあたるとし、墓の造営後直ちに神霊を奉斎したがために墓と祠が一所にあるとしている[3][2]

概史[編集]

延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳では紀伊国名草郡に「竈山神社」と記載され式内社に列しているほか、『紀伊国神名帳』では「従四位上 竈山神」と記載されている[3]。また『延喜式』諸陵寮では「竈山墓」の記載も見える(後述)。

永徳元年(1381年)の日前宮文書では、鵜飼新五郎の紀国造家からの神主補任の記載があり、以降中世を通じて鵜飼家が神職を世襲していたとされる[3]

天正13年(1585年)の羽柴秀吉による紀州攻めでは社宝・古文書を焼失、社領の神田8町8段も没収されたという[3]慶長5年(1600年)に紀伊国に入った浅野幸長によって小祠が再建され、寛文9年(1669年)に初代紀州藩主徳川頼宣によって社殿が再建された[3]。しかし江戸時代を通じて寺社奉行の支配下に置かれたため、氏子・社領なく衰微したという[3]

明治6年(1873年)に近代社格制度において村社に列した。その後、明治18年(1885年)4月22日に官幣中社大正4年(1915年)11月10日に官幣大社に昇格した[4]。村社から官幣大社まで昇格したのは、竈山神社が唯一の例である。昭和13年(1938年)頃、現在の規模の社殿が整えられた[2]。戦後は神社本庁別表神社に列している。

神階[編集]

  • 六国史以後

神職[編集]

神職は明治まで代々鵜飼家(うがいけ)が世襲した。鵜飼家は、『古事記[原 1]において吉野川(紀の川)で魚を取ったと見える人物・贄持之子(苞苴擔之子、阿陀之鵜飼の祖・阿太養鸕部の祖)に始まるという[4]。古くは永徳元年(1381年)の日前宮文書で、鵜飼新五郎の神主補任の記載が見える[3]。鵜飼家文書によれば弘治年間(1555年-1557年)の鵜養半太夫ママまで79代を数えたという[3][4]。一族は官幣中社列格の際に禰宜を任じたが、数年で郷里を出たため91代で社家としては断絶した[4]

『延喜式』諸陵寮[原 2]では竈山墓に守戸3烟があったと記すが、この3烟とは鵜飼・木野・笠野の墓守3家を指すという[2]

境内[編集]

奥に本殿、手前には境内社

境内の広さは34,979平方メートル(約3.5ヘクタール)[1]

現在の社殿は昭和14年(1939年)の造営[4]。現在は竈山墓の南側の丘上に鎮座するが、かつては東南約100メートルの地にあったという[4][2]

本殿は春日造檜皮葺[4]。その左右には脇殿がある[4]。そして南に中門を隔てて、流造の幣殿・拝殿が建てられている。

摂末社[編集]

静火神社(境外社)

摂末社は次の通り[1]

  • 境内社
    • 合祀神社
    • 結神社
    • 子安神社
    • 青葉神社
  • 境外社
    • 静火神社 - 式内名神大社「静火神社」の後継社。

祭事[編集]

登場作品[編集]

をたけびの かみよのみこゑ おもほへて あらしはげしき かまやまのまつ

本居宣長

竈山墓[編集]

彦五瀬命 竈山墓

竈山墓(かまやまのはか)は、竈山神社の本殿後背にある古墳位置)。実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により彦五瀬命の墓に治定されている[6][7][3]。公式形式は円墳[6]。高さ約9メートルの独立丘上に位置し、墳丘は直径約6メートル、高さ約1メートルで、裾に護石を配する[3]

古事記』『日本書紀[原 3]では、彦五瀬命は「紀国之竈山」または「紀伊国竈山」に葬られたと記載されている[3]。『延喜式諸陵寮[原 2]では「竈山墓」と記載され、紀伊国名草郡にあり、兆域(墓域)は東西1・南北2町で守戸3烟を付して遠墓としている[3]。『延喜式』において紀伊国唯一の陵墓である[3]。その後康和2年(1100年)の解状では、紀伊国等の陵墓は格式に規定されているにも関わらず、国司によって兆域侵犯や陵戸収公が行われていると記している[3]

上記の記録があるものの、その後竈山墓の所在地は不明となった。『紀伊続風土記』では寛文9年(1669年)に区域を定めて殺生を禁じたというが、これは神社の区域を定めたものであり、竈山墓の所在自体はなお不明であった[3]寛政6年(1794年)に本居宣長とともに竈山神社を参拝した本居大平は、所在不明の旨を「なぐさの浜づと」に記している[3]明治9年(1876年)に現在の古墳が「竈山墓」に治定され、明治14年(1881年)に修営された[4]

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 伝承地は大阪府東大阪市日下町。山中に碑が建てられている(位置)。
  2. ^ 伝承地は和歌山市小野町の水門吹上神社位置)。別の伝承に大阪府泉南市男里(位置)。
  3. ^ 当地の伝説では、彦五瀬命は竈山南西の吉原まで来て崩御したという (竈山神社・静火神社(神々) 1986年, p. 316-318)。

原典

  1. ^ 『古事記』神武天皇記。
  2. ^ a b 『延喜式』諸陵寮 竈山墓条。 - 『延喜式 第4』(日本古典全集刊行会、昭和4年、国立国会図書館デジタルコレクション)90コマ参照。
  3. ^ 『古事記』神武天皇記、『日本書紀』神武天皇紀。

出典

  1. ^ a b c 竈山神社(和歌山県神社庁)。
  2. ^ a b c d e 竈山神社・静火神社(神々) 1986年, p. 316-318.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 竈山神社(平凡社) 1983年, p. 375-376.
  4. ^ a b c d e f g h i 竈山神社(式内社) 1987年, p. 80-81.
  5. ^ 神社由緒書。
  6. ^ a b 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)7コマ。
  7. ^ 竈山墓(国史) 1983年.

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 竈山神社 - 和歌山県神社庁
  • 静火神社 - 國學院大學21世紀COEプログラム「神道・神社史料集成」