田島神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田島神社
所在地 佐賀県唐津市呼子町加部島3965
位置 北緯33度33分21秒
東経129度53分26秒
座標: 北緯33度33分21秒 東経129度53分26秒
主祭神 田心姫尊
市杵島姫尊
湍津姫尊
社格 式内社名神大
国幣中社
別表神社
テンプレートを表示

田島神社(たじまじんじゃ)は、佐賀県唐津市加部島にある神社式内社名神大社)で、旧社格国幣中社。現在は神社本庁別表神社

祭神[編集]

祭神は次の5柱。主祭神の3柱は宗像大社祭神の宗像三女神に同じで、田島神社では「田島三神」と総称される。

主祭神
配祀神

歴史[編集]

創建[編集]

創建は不詳。鎮座地の加部島はかつては「姫島」・「姫神島」と呼ばれていた。

『松浦古事記』では、天平3年(731年)に相殿に稚武王を配祀し、天平10年(738年)に聖武天皇より大伴古麻呂に詔命があり「田島大名神」の神号が贈られたとする。

概史[編集]

新抄格勅符抄大同元年(806年)牒によると、当時の「田島神(田嶋神)」には神戸として16戸が肥前国から充てられていた。

国史では、天安3年(859年)に「田島神(田嶋神)」の神階が従四位下に昇叙された旨が見える。その後も貞観2年(860年)に従四位上、貞観15年(873年)に正四位下、貞観18年(876年)に正四位下、元慶8年(884年)に正四位上への昇叙のことがあった。

延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳では肥前国松浦郡に「田島坐神社(田嶋坐神社) 名神大」と記載され、名神大社に列している。

江戸時代には唐津藩祈願所となった。

明治維新後、明治4年に近代社格制度において国幣中社に列した。戦後は神社本庁別表神社に列している。

神階[編集]

  • 天安3年(859年)1月27日、従五位下から従四位下 (『日本三代実録』) - 表記は「田島神(田嶋神)」。
  • 貞観2年(860年)2月8日、従四位下から従四位上 (『日本三代実録』) - 表記は「田島神(田嶋神)」。
  • 貞観15年(873年)9月16日、従四位上から正四位下 (『日本三代実録』) - 表記は「田島神(田嶋神)」。
  • 貞観18年(876年)6月8日、従四位上ママから正四位下ママ (『日本三代実録』) - 表記は「田島神(田嶋神)」。
  • 元慶8年(884年)12月16日、正四位下から正四位上 (『日本三代実録』) - 表記は「田島神(田嶋神)」。

摂末社[編集]

境内社として、佐用姫伝説の松浦佐用姫を祀る佐與姫神社(佐用姫神社)が鎮座し、佐用姫が変じたとされる石(望夫石)が祀られている。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 太刀 銘 備中国住人吉次(工芸品) - 鎌倉時代の作。大正9年4月15日指定[1]

佐賀県指定文化財[編集]

  • 天然記念物
    • 加部島暖地性植物群落 - 田島神社社林を含む加部島一帯で指定。昭和49年2月25日指定[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連図書[編集]

  • 安津素彦・梅田義彦編集兼監修者『神道辞典』神社新報社、1968年、37頁
  • 白井永二・土岐昌訓編集『神社辞典』東京堂出版、1979年、216頁

外部リンク[編集]

  • 田島坐神社 - 國學院大學21世紀COEプログラム「神道・神社史料集成」