菊理媛神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白山

菊理媛神、又は菊理媛命(ククリヒメのカミ、ククリヒメのミコト、キクリヒメのミコト)は、日本[1]加賀国白山[2]や全国の白山神社に祀られる白山比咩神(しらやまひめのかみ)と同一神とされる[1][3]

神話上の菊理媛[編集]

日本神話においては、『古事記』や『日本書紀』本文には登場せず、『日本書紀』の一書に一度だけ出てくるのみである[4][5]

【原文】

 及其与妹相闘於泉平坂也、伊奘諾尊曰、始為族悲、及思哀者、是吾之怯矣。

 時泉守道者白云、有言矣。曰、吾与汝已生国矣。奈何更求生乎。吾則当留此国、不可共去。

 是時、菊理媛神亦有白事。伊奘諾尊聞而善之。乃散去矣。

【解釈文】

 その妻(=伊弉冉尊)と泉平坂(よもつひらさか)で相争うとき、伊奘諾尊が言われるのに、「私が始め悲しみ慕ったのは、私が弱かったからだ」と。

 このとき泉守道者(よもつちもりびと)が申し上げていうのに、「伊弉冉尊からのお言葉があります。『私はあなたと、すでに国を生みました。なぜにこの上、生むことを求めるのでしょうか。私はこの国に留まりますので、ご一緒には還れません』とおっしゃっております」と。

 このとき菊理媛神が、申し上げられることがあった。伊奘諾尊はこれをお聞きになり、ほめられた。そして、その場を去られた。

神産み伊弉冉尊(いざなみ)に逢いに黄泉を訪問した伊奘諾尊(いざなぎ)は、伊弉冉尊の変わり果てた姿を見て逃げ出した[1]。しかし泉津平坂(黄泉比良坂)で追いつかれ、伊弉冉尊と口論になる[6][7]。 そこに泉守道者が現れ[8][9]、伊弉冉尊の言葉を取継いで「一緒に帰ることはできない」と言った[10][11]。 つづいてあらわれた菊理媛神が何かを言うと、伊奘諾尊はそれ(泉守道者と菊理媛神が申し上げた事)を褒め、帰って行った、とある[12][13]。 菊理媛神が何を言ったかは書かれておらず、また、出自なども書かれていない[14]

この説話から、菊理媛神は伊奘諾尊と伊弉冉尊を仲直りさせたとして、縁結びの神とされている。 夜見国で伊弉冉尊に仕える女神とも[15]、伊奘諾尊と伊弉冉尊の娘[16]、伊弉冉尊の荒魂(あらみたま)もしくは和魂(にぎみたま)[17]、あるいは伊弉冉尊の別名[18][19]という説もある。 いずれにせよ菊理媛神(泉守道者)は、伊奘諾尊および伊弉冉尊と深い関係を持つ[18][20]。 また、死者(伊弉冉尊)と生者(伊奘諾尊)の間を取り持ったことからシャーマン巫女)の女神ではないかとも言われている。 ケガレを払う神格ともされる[21]

神名の「ククリ」は「括り」の意で、伊奘諾尊と伊弉冉尊の仲を取り持ったことからの神名と考えられる[1][22]菊花の古名を久々(くく)としたことから「括る」に菊の漢字をあてたとも、また菊花の形状からという説もある[22]。菊の古い発音から「ココロ」をあてて「ココロヒメ」とする説もある[23]。 他に、糸を紡ぐ(括る)ことに関係があるとする説、「潜り」の意で水神であるとする説、「聞き入れる」が転じたものとする説などがある[24][19]。 白山神社(石川県鳳珠郡能都町柳田村)では、『久久理姫命(久々利姫命)』と表記している[25][26]

なお、神代文字で記されているとされる『秀真伝』には、菊理媛神が、天照大御神の伯母であるとともにその養育係であり、また万事をくくる(まとめる)神だと記されている。

祭祀上の菊理媛[編集]

白山比咩神と同一とされるようになった経緯は不明である。白山神社の総本社である白山比咩神社石川県白山市)の祭神について、伊奘諾尊・伊弉冉尊と書物で書かれていた時期もある。菊理媛を白山の祭神としたのは、大江匡房1041年-1111年)が扶桑明月集の中で書いたのが最初と言われている[27]

14世紀に天台僧によって書かれた『渓嵐拾葉集』には、「扶桑明月集云、・・・八王子近江國滋賀郡小比叡東山金大巌傍天降。八人王子行卒。天降故言八王子。 客人宮桓武天皇即位延暦元年天降。八王子麓白山妙理権現顕座。」とある。

文明元年(1469年)に吉田兼倶が撰したとされる二十二社註式には、「扶桑明月集云、・・・客人宮第五十代桓武天皇即位延暦元年、天降八王子麓白山。菊理比咩神也。」とあり、『大日本一宮記』内には菊理媛が白山比咩神社の上社祭神として書かれている。

その後の江戸時代の書物において白山比咩神と菊理媛が同一神と明記されるようになった[28]

なお、神仏習合のなかでは白山比咩神は白山大権現白山妙理権現[29]、または白山妙理菩薩とされ、本地仏は十一面観音とされた他[30]、様々な異説があった[31]

現在の白山比咩神社は、菊理媛神(白山比咩神)を主祭神とし[32]、伊奘諾尊・伊弉冉尊も共に祀られている[33][34]

『玉籤集』は、熊野本宮大社(本宮)で菊理媛神(伊弉冉尊)が祀られていると記述している[18][35]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 神道大辞典一巻コマ264(原本455頁)『ククリヒメノミコト 菊理媛命 白山比咩神ともいふ。伊弉諾尊が伊弉冉尊を追うて黄泉國に到り、同國から逃げ歸らんとして、泉平坂で爭ひ給うた時、その中間に立つて二尊の御言葉を取傳へ兩者の間を調和して相互の主張を聞入しめ給うた神。御名もそれに起るといふ説もある。石川縣石川郡國幣中社白山比咩神社の主祭神。』
  2. ^ #山の霊力177-178頁『縄文人も踊り明かした白山』
  3. ^ 皇国敬神会編、国立国会図書館デジタルコレクション 「國幣中社白山咩神社」 『全国有名神社御写真帖』 皇国敬神会、1922年12月http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/966854/61 国立国会図書館デジタルコレクション 『菊理姫神は一に白山咩神とも申し奉るなり』
  4. ^ 舎人親王編 国立国会図書館デジタルコレクション 『日本書紀30巻.(1)』 不明、n.d.http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2563098/20 国立国会図書館デジタルコレクション 
  5. ^ 白山祭神考コマ9(原文8頁)『菊理媛とは一體如何なる神であらうか。此の神は日本書紀の一書に唯一箇所にのみ見ゑたる外、絶ゑて他の古典に見ゑない神である。從つて此の神は神代史上全く遊離分子として、餘り重きをなして居ない。』
  6. ^ 飯田弟治編 国立国会図書館デジタルコレクション 『新訳日本書紀』 嵩山房、1912年8月、45-46頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/945871/46 国立国会図書館デジタルコレクション 
  7. ^ #岩波1994、一巻56頁
  8. ^ #岩波1994、一巻57頁『注九(泉門塞之大神、道返大神と同じ神と推定)』
  9. ^ #垂加神道上コマ237(原本431頁)『泉守道之傳』
  10. ^ 日本書紀講義コマ63(原本117頁)『○泉守道者 守道は字の如く、よみの道路を守る神である。/○有言 伊弉冉尊の詔を、守道者の取傳へ奏すのである。』
  11. ^ #岩波1994、一巻57頁『(注)一〇』
  12. ^ 仮名日本書紀上巻コマ92(原本36-37頁)『この時に菊理媛神くくりひめのかみ、またまうす事あり。伊ざなきの尊、きこしめし、ほめ給うて、すなはちあらけぬ。』
  13. ^ 日本書紀講義コマ63(原本117頁)『○聞而善之 此は唯菊理媛神の白す言ばかりでなく、上なる泉守道神白云と云ふより、合せて聞食し諾はせ給うたのである。/○散去 其の御言を可しと思ほして、今はと返去たまうたのである。』
  14. ^ 仮名日本書紀上巻コマ93(原本38頁)『○またまうす事あり―先に泉守道者をして、申さしめ給うたのに、猶亦此神をして、何事をか申さしめ給うたのである。』
  15. ^ 日本書紀講義コマ63(原本117頁)『○菊理媛神 菊理くヽり漏入くきいりにて、千人所引磐石ちびきいはを以て、泉門よみとに塞ぎ給ひて、通路と絶給へるを出入給へば、御名に負はせ奉つたのである。古史傳に、夜見國にありて、伊邪那美命に副侍ふ神とある。』
  16. ^ 白山祭神考コマ9(原文8頁)『(一)菊理媛は諾冊二尊の子なりとするもの』
  17. ^ 白山祭神考コマ9(原文8頁)『(三)菊理媛は冊尊の荒魂(泉守道者を冊尊の和魂とするに對して)なりとするもの』
  18. ^ a b c #垂加神道上コマ238(原本432頁)『口傳に曰、菊理媛神は、伊弉冉尊の御神靈、乃ち伊弉諾尊の心化して、祭玉ふ所なり。速玉男、事解男、亦心化にして伊弉諾尊の御神靈也。熊野社本宮の中央の座を御幸の玉座と云、是菊理姫神來格し玉座也。左右は速玉男、事解男神御鎮座也。客人權現と云も菊理媛神也(來客の義)、稲荷社の相殿客人に付、二神の虚空彦と云ふ奥秘有るも、此の神は伊弉諾尊の心化にして、伊弉冉尊の御神靈なる故也、白山熊野の社勸請にて心得可き也、勸請の極秘に云ふ、凡そ神靈を勸請するは、祭主心化して其の神靈を來格なさしむる事也、神靈來格して其の形を現ずるもの、之を虚空彦と云、菊理媛神是其の證據也。(是五十未満傳へざる也)』
  19. ^ a b #垂加神道上コマ238(原本432頁)『正英聞く、菊理くゝりとは、聞き届くる也、何事にもあれ、其事をとくと心腹へ呑込合點し、疑无く覺知したるをきゝきると云ふ也。耳にて聲を聞く計りのことにてはなし、此の段は伊弉冉尊の上を得と覺知し、心化し玉ふ時に、いざなみのみこと來格し玉ふを云。仍て聞きゝるをたゞちに神號に奉し菊理媛神と申奉る也。(きゝきる也)此の意味其の言語に絶たる所也、故に白事有と計記して其の語なし。白山妙理權現と號するも、妙なる理と云ふ義也、言語も絶えたる理と云事也。』
  20. ^ 白山祭神考コマ11(原文12頁)『以上の伊奘諾尊、伊弉冉尊、菊理媛命、泉守道者の四神は何れも同一系統の神である。先づ伊弉諾尊と伊弉冉尊とは夫婦の神であり、菊理媛、泉守道者の二神は共に諾冉二尊の爲に出現したる黄泉の神である。菊理媛と泉守道者とは同一神か又は夫婦の神である様にも見える。之はある一神を中心として、その因縁を辿りて造り出した細工ではなからうか。』
  21. ^ #垂加神道上コマ237-238(原本431-432頁)『嘉謂、速玉男、泉津事解男は、男神也、菊理媛は女神也、三神共に伊弉諾尊の心化の神也、白山權現、中は菊理媛、左は伊弉諾尊、右は伊弉冉尊に坐す、祓之聞食はらへをきこしめすと云ふは、皆菊理媛の妙用也。卜部家八耳の秘傳有り。』
  22. ^ a b 世界聖典全集刊行会編 国立国会図書館デジタルコレクション 『世界聖典全集. 前輯 第1巻 日本書紀神代巻 全』 世界聖典全集刊行会、1920年4月http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/946589/86 国立国会図書館デジタルコレクション コマ86(原文87頁)『〔道別〕菊理媛ノ神。御名ノ義はくくりひめなるべし(以下略)』
  23. ^ #岩波1994、一巻57頁『(注)一一』
  24. ^ 仮名日本書紀上巻コマ92-93(原本37-38)『○菊理媛神―菊理は聞入キヽイレの意であらう、即ち男神の詔ふ御言を女神に聞入させ、女神の御言を男神に聞看キコシメサしめるからの名である。』
  25. ^ 神道大辞典二巻コマ119(原本200頁)『シラヤマジンジャ 石川縣鳳至郡柳田村宇柳田に鎮座。郷社。久々利媛命・大物主命・大日靈貴命・軻遇突智命・金山彦命を祀る。地方の古社にして蓋し國幣中社白山本宮を勧請したものと思はる。江戸時代には藩主前田家の崇敬篤く、寛永五年前田利光は本社の神寶を嚴重に保存すべきを命じた。(以下略)』
  26. ^ 石川県神社庁、白山神社(鳳珠郡能登町字柳田)より
  27. ^ 「白頭山と白山信仰について(下)」大和書房『東アジアの古代文化』1986年秋49号所収(204頁)
  28. ^ 江戸時代に同一視されるようになった経緯については山岸共著「白山信仰と加賀馬場」『山岳宗教史研究刑叢書10』内にて推測されている。
  29. ^ #白山神社略誌コマ4-5(原文1-2頁)『○別稱』
  30. ^ #山の霊力180頁
  31. ^ 白山祭神考コマ5-8(原文1-6頁)『第一 祭神に關する諸説の列擧』
  32. ^ 神道大辞典二巻コマ119(原本200-201頁)『シラヤマヒメジンジャ 白山比咩神社』
  33. ^ 鶴来保勝会編、国立国会図書館デジタルコレクション 「五.社寺 白山比咩神社」 『鶴来案内』 鶴来町役場、1936年5月http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1094937/19 国立国会図書館デジタルコレクション 
  34. ^ #白山神社略誌コマ4(原本1頁)『○祭神』
  35. ^ 早川純三編、国立国会図書館デジタルコレクション 「菊理媛之傳」 『神道叢書』 国書刊行会、1911年10月、148頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1024869/148 国立国会図書館デジタルコレクション 

参考文献[編集]

  • 坂本太郎、家永三郎、井上光貞、大野晋校注 『日本書紀(一)』 岩波書店〈岩波文庫〉、1994年9月。ISBN 4-00-300041-2
  • 町田宗鳳 『山の霊力 日本人はそこに何を見たか』 講談社〈講談社選書メチエ〉、2003年2月。ISBN 4-06-258261-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]