南宮大社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南宮大社
南宮大社 境内.JPG
高舞殿(手前)と拝殿
所在地 岐阜県不破郡垂井町宮代峯1734-1
位置 北緯35度21分39.5秒
東経136度31分31.1秒
座標: 北緯35度21分39.5秒 東経136度31分31.1秒
主祭神 金山彦命
社格 式内社名神大
美濃国一宮
国幣大社
別表神社
本殿の様式 南宮造
例祭 5月5日
地図
南宮大社の位置(岐阜県内)
南宮大社
南宮大社
テンプレートを表示

南宮大社(なんぐうたいしゃ)は、岐阜県不破郡垂井町にある神社。旧称は南宮神社式内社名神大社)、美濃国一宮旧社格国幣大社で、現在は神社本庁別表神社

概要[編集]

岐阜県西部、南宮山の山麓に鎮座する。「国府の南に位置する宮」として「南宮」を名乗るようになったとされる。鉱山を司どる神である金山彦命を祭神としており、全国の鉱山・金属業の総本宮として古くから信仰を集めている。境内には江戸時代の遺構18棟が残っており、国の重要文化財に指定されている。式年遷宮は51年毎に行われる。

祭神[編集]

主祭神
配神

歴史[編集]

社伝では、崇神天皇の時代に創建されたとされる。

平安時代中期の『延喜式神名帳』には「美濃国不破郡 仲山金山彦神社」と記載され名神大社に列している。また、美濃国一宮とされた。

1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いで焼失し、1642年徳川家光が再建した。

1868年神仏分離により神宮寺が分離移転した(現 朝倉山真禅院)。

近代社格制度のもとで、1871年に「南宮神社」として国幣中社に列し、1925年国幣大社に昇格した。戦後、「南宮大社」と改称した。

神階[編集]

  • 承和3年(836年)11月4日、従五位下 (『続日本後紀』) - 表記は「仲山金山彦大神」
  • 承和13年(846年)5月8日、正五位下 (『続日本後紀』) - 表記は「中山金山彦神」
  • 貞観元年(859年)正月27日、正三位 (『日本三代実録』) - 表記は「中山金山彦神」
  • 貞観6年(864年)5月21日、従二位 (『日本三代実録』) - 表記は「中山金山彦神」
  • 貞観15年(873年)4月5日、正二位 (『日本三代実録』) - 表記は「中山金山彦神」
  • 康平5年(1062年)、正一位

境内[編集]

建造物
  • 本殿 - 重要文化財
  • 幣殿 - 重要文化財
その他

摂末社[編集]

境内社[編集]

本殿回廊内

摂社。本殿に向かって右隣に鎮座。社殿は重要文化財。
摂社。本殿に向かって左隣に鎮座。社殿は重要文化財。南宮山山頂に奥宮が鎮座する。
摂社。本殿に向かって右手に鎮座。社殿は重要文化財。
摂社。本殿に向かって左手に鎮座。社殿は重要文化財。
摂社。本殿背部に鎮座。社殿は重要文化財。

境内後方

  • 荒魂社 - 祭神:本社祭神の荒魂
  • 伊勢両宮 - 祭神:天照大神豐受大神。古くは本社本殿が鎮座した
  • 東照宮
  • 南宮稲荷神社
  • 金敷金床神社 - 祭神:豐岡姫命、蛭兒命
  • 石船社
  • 引常明神
  • 湖千海神社

境内前方

  • 数立神社 - 本社入り口脇に鎮座。美濃国総社という説もある
  • 落合神社 - 祭神:素盞嗚命

境外社[編集]

いずれも摂社。

  • 大領神社
    • 鎮座地:垂井町宮代(位置) - 本社への東からの入り口
    • 祭神:宮勝木實
美濃国二宮とされる。
  • 吉葛神社 (よさつら-)
    • 鎮座地:垂井町宮代(位置) - 本社への北からの入り口
    • 祭神:天吉葛神
  • 南宮御旅神社
現在は御旅所。美濃国総社とも伝えられる。

主な祭事[編集]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

建造物

  • 本殿
  • 幣殿
  • 拝殿
  • 回廊(2棟)
  • 勅使殿
  • 高舞殿
  • 楼門
  • 神輿舎
  • 神官廊
  • 摂社樹下神社本殿
  • 摂社高山神社本殿
  • 摂社隼人神社本殿
  • 摂社南大神神社本殿
  • 摂社七王子神社本殿

(以上昭和41年指定)

  • 輪橋
  • 下向橋
  • 石鳥居
  • 附 造営文書(623冊)

(以上昭和46年指定)

工芸品

  • 太刀(銘 康光)

(大正13年指定) 康光は、備前国長船の名匠。 室町時代の1398年(応永5年)、美濃守護・土岐頼益が奉納したものではないかとされている。厚さが八分(2.4㎝)と、普通の刀の3倍程もある大業物である。

  • 太刀(銘 三條)

(昭和9年指定) 日本で5本しかない平安時代の名刀「三条」の内の1振。「三条」は、平安時代の京都の名匠・三条宗近初代の作で県内随一の名刀とされている。年に一回、11月3日(文化の日)に一般公開される。

  • 鉾(無銘)

(大正14年指定) 鉾(無銘)二口は、奈良時代の鉄製の鉾。槍に似た形状をしているが、奈良時代に槍は存在しなかったため「鉾」と呼ばれている。

重要無形民俗文化財(国指定)[編集]

  • 南宮の神事芸能 - 昭和54年指定

岐阜県指定重要文化財[編集]

  • 刀剣

刀(銘 兼元) 二代兼元は不破郡赤坂(現在の大垣市赤坂町)に住み、刀匠として名をあげ、後に孫六と称した。「兼元」は通称「関係六」と呼ばれる。 [1]

  • 紅糸中白威胴丸[2]

交通アクセス[編集]

鉄道
バス
  • 名阪近鉄バス 大垣宮代線 南宮大社前 - 降車すぐ <季節運行:毎年1月1日~3日>
  • 垂井町巡回バス 垂井・宮代・表佐線(さわやか号) 南宮大社前 - 降車すぐ<運行日:平日のみ>

現地情報[編集]

所在地
参拝時間
  • 5:00-18:00(祈祷・朱印は9:00-16:30)
周辺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 刀剣”. 岐阜県. 2013年5月12日閲覧。
  2. ^ 紅糸中白威胴丸”. 岐阜県. 2013年5月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 岐阜県の地名』(平凡社)不破郡垂井町 南宮神社項

関連図書[編集]

外部リンク[編集]