ハニヤス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イザナミの病と死によって生まれた神々(『古事記』に基づく) SVGで表示(対応ブラウザのみ)
波邇夜須毘古神

神祇 天津神
全名 波邇夜須毘古神
別称 埴安彦
神格
伊邪那美命
兄弟姉妹 金山毘古神金山毘売神、波邇夜須毘売神、弥都波能売神和久産巣日神
テンプレートを表示
波邇夜須毘売神

神祇 天津神
全名 波邇夜須毘売神
別称 埴安姫、埴山姫、埴山媛、埴安姫神、埴山姫神
神格
伊邪那美命
兄弟姉妹 金山毘古神、金山毘売神、波邇夜須毘売神、弥都波能売神、和久産巣日神 等
配偶者 軻遇突智
稚産霊
神社 畝尾坐健土安神社波爾移麻比禰神社
関連氏族 中臣連
テンプレートを表示

埴安神(はにやすのかみ)は、日本神話に登場するである。『古事記』によると波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)と波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)という男女二柱の神が存在する。なお孝元天皇妃の埴安媛凡河内国造の一族で別人である。

概要[編集]

古事記』では、火之夜芸速男神を産んで死ぬ間際の伊邪那美命大便から波邇夜須毘古神波邇夜須毘売神の二神が化生したとする。『日本書紀』では埴安神と表記される。他に、神社の祭神で埴山彦神埴山姫神の二神を祀るとするものもある。

なお「ハニ」(埴)とはのことである。

関連項目[編集]