小島憲之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小島 憲之(こじま のりゆき、1913年2月15日 - 1998年2月11日)は、国文学者、大阪市立大学名誉教授。上代文学、和漢比較文学専攻。

来歴・人物[編集]

鳥取県生まれ。京都帝国大学文学部卒業。大阪市立大学教授を務めた。1965年『上代日本文学と中国文学』で日本学士院賞恩賜賞受賞。主著に『国風暗黒時代の文学』がある、『万葉集』、『日本書紀』校注の仕事を行なった。

著書[編集]

  • 上代日本文学と中国文学 出典論を中心とする比較文学的考察」 塙書房(全3巻) 1962-65
  • 「国風暗黒時代の文学」 塙書房(全9巻) 1968-2002
  • 古今集以前 詩と歌の交流」 塙選書 1976
  • 「ことばの重み 鴎外の謎を解く漢語」 新潮選書 1984/講談社学術文庫 2011
  • 「万葉以前 上代びとの表現」 岩波書店 1986
  • 「日本文学における漢語表現」 岩波書店 1988
  • 「漢語逍遥」 岩波書店 1998

注解・共編著など[編集]

記念論集[編集]

  • 「古典学藻 小島憲之博士古稀記念論文集」 伊藤博井手至編 塙書房 1982