佐竹昭広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐竹 昭広(さたけ あきひろ、1927年10月19日 - 2008年7月1日)は、国文学者、京都大学名誉教授。

人物[編集]

  • 東京府出身。
  • 1946年5月、満18歳の時、短歌における字余について、『万葉集』の短歌の99%、『古今和歌集』『後撰和歌集』の100%に適応する法則を発見し、発表した(「万葉集短歌字余考」『文学』昭和21年5月)。
  • 1952年、京都大学文学部卒。その後、5年間特別研究生として在籍した後、学習院大学講師、助教授。
  • 1960年、京都大学文学部助教授。1973年、同教授。1985年の定年退官後に名誉教授。
  • 京大退職後は成城大学教授。1993年から1997年まで国文学研究資料館館長。
  • 1994年紫綬褒章受章。
  • 万葉集』のほか、中世の滑稽文学の研究で知られる。

著書[編集]

  • 下剋上の文学 筑摩書房 1967 のちちくま学芸文庫
  • 民話の思想 平凡社 1973 のち中公文庫
  • 酒呑童子異聞 平凡社選書 1977 のち岩波同時代ライブラリー
  • 万葉集抜書 岩波書店 1980 のち現代文庫
  • 古語雑談 岩波新書 1986
  • 絵入本朝二十不孝(古典をよむ) 岩波書店 1990
  • 萬葉集再読 平凡社 2003
  • 閑居と乱世 中世文学点描 平凡社選書 2005
  • 佐竹昭広集 全5巻 岩波書店

校注・編著[編集]