伊藤博 (万葉学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 博(いとう はく、1925年7月1日 - 2003年10月6日)は、日本文学者万葉学者)。筑波大学名誉教授哲学者筑波大学大学院人文科学研究科教授の伊藤益は息子。

来歴・人物[編集]

長野県上伊那郡高遠町(現伊那市)出身。1952年京都大学文学部文学科卒業。斎藤茂吉の『萬葉秀歌』の影響により万葉集研究を志す[1]。京都大学在学中、澤瀉久孝の下で『万葉集』などの上代文学を学ぶ。

専修大学助教授、筑波大学教授、共立女子大学学長等を歴任。その他には萬葉学会代表も務めた。

伊藤は、一首ごとに注釈を付けるという万葉研究の伝統的な研究手法に疑問を抱いており、万葉集は複数の歌からなる歌群によって構成され、全体で一つの物語となると考えていた[1]。この観点で執筆された注釈書『萬葉集釈注』(集英社、全10巻別巻3)は1995年に刊行された。これは、個人による全巻全首を対象とした注釈書としては、澤瀉久孝以来の業績[2]となった。2000年に同著で第11回斎藤茂吉短歌文学賞を受賞した。

2003年、角川ソフィア文庫版『万葉集』の改訂作業の途上で没した。遺作となった『新版 万葉集 現代語訳付き』は2009年に刊行された。いくつかの新解釈が行われ、未筆部には『萬葉集釈注』に基づいた解説、口語訳が当てられた[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『萬葉集相聞の世界』塙書房<塙選書> 1959。新版刊
  • 『古代和歌史研究』塙書房(全8巻)1974-92
  • 『萬葉のあゆみ』塙書房<塙新書> 1983
  • 『萬葉のいのち』塙書房<塙新書> 1983
  • 『萬葉集全注 巻第1』有斐閣 1983。完結 2006
  • 『萬葉集全注 巻第18』有斐閣 1992。全20巻
  • 『愚者の賦 萬葉閑談』集英社 2000
  • 『萬葉歌林』塙書房 2003

注解[編集]

共著・共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 伊藤益「文庫版のためのまえがき」『万集釋注 一』集英社集英社文庫 ヘリテージシリーズ〉、2005年。ISBN 4087610136
  2. ^ a b 梅林史、川島二郎、田中大士のまえがき「はじめに 新版にあたって」『新版 万葉集一 現代語訳付き』角川学芸出版〈角川ソフィア文庫〉ibooks版 2014年。