日本の上代文学史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日本の上代文学史(にほんのじょうだいぶんがくし)は、上代(およそ奈良時代まで)の日本文学歴史である。

概略[編集]

漢字が伝来するまで文字を持たなかった日本人は、口述で神話伝説を伝えてきた(口承文学)。中国大陸から朝鮮半島を経由して漢字が輸入され、漢文と、自分達の話し言葉に漢字を当てはめた万葉仮名が生まれた。漢字の伝来により成立したのが『日本書紀』と『古事記』である(記紀)。記紀は歴史書であるが、文学作品としての価値も評価されている。

懐風藻』は日本文学における最古の漢詩集である。また、『万葉集』のような和歌集も生まれた。万葉初期の作品には見られなかった個人としての作家性も、後期には多く見られるようになり、柿本人麻呂山上憶良大伴家持といった著名な歌人も登場した。

文学の周辺[編集]

遣隋使によって中国大陸から文化的に大きな影響を受けた。これは遣唐使に引き継がれた。史書として『古事記』『日本書紀』、地方誌として『風土記』が書かれた。

上代文学の主な作品一覧[編集]

関連項目[編集]