太安万侶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
太安万侶
Ono-Yasumaro.jpg
太安万侶(菊池容斎画、明治時代)
時代 飛鳥時代奈良時代
生誕 不明
死没 養老7年7月6日723年8月11日
別名 安麻呂
墓所 奈良県奈良市此瀬町の太安万侶墓
官位 従四位下民部卿従三位
勲五等
主君 文武天皇元明天皇元正天皇
氏族 太朝臣
父母 父:多品治
テンプレートを表示

太 安万侶(おお の やすまろ)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族。名は安麻呂[1]とも記される。朝臣小錦下多品治の子とする後世の系図がある[2]官位従四位下民部卿従三位。『古事記』の編者。

経歴[編集]

文武朝大宝4年(704年正六位下から二階昇進して従五位下叙爵する。

和銅4年(711年)4月に正五位上に昇進する。同年9月に元明天皇から稗田阿礼の誦習する『帝紀』『旧辞』を筆録して史書を編纂するよう命じられ、翌和銅5年(712年)1月に『古事記』として天皇に献上した[3]。元明朝末の和銅8年(715年従四位下に至る。

元正朝霊亀2年(716年)太氏(多氏)の氏長となる。またこの間、養老4年(720年)に完成した『日本書紀』の編纂にも加わったとされる[4]。元正朝末の養老7年(723年)7月6日卒去。最終官位民部卿従四位下。

明治44年(1911年)になって、従三位追陞されている。

勲等を持つことの考察[編集]

和銅5年(712年)に書かれた『古事記』の序には安万侶が勲五等の勲等を得ていることが記されている(墓誌にも同様の記述がある)。勲等は武官としての功績で得たと考えられることから、安万侶を単なる文官として位置づけることには問題があるとして、以下の考察がある。

  • 和銅2年(709年)に行われた蝦夷征討に副将軍格で参加したとの推測。神亀元年(724年)の蝦夷征討で副将軍を務めた大野東人は勲四等の勲等を得て従五位上から従四位下に昇叙されていることも参考になる(黛弘道[5]
  • 多氏の一族で安万侶のみ四位に昇っていることに着目し、多氏は五位までの昇進に留まる家柄であったが、安万侶はその戦功によって例外的に四位まで昇った(鷺森浩幸[6]

太安万侶墓[編集]

太安萬侶墓出土 墓誌・真珠
(国の重要文化財
墓誌は青銅製。奈良県立橿原考古学研究所附属博物館展示。

1979年昭和54年)1月23日奈良県立橿原考古学研究所より、奈良県奈良市此瀬町の茶畑から安万侶のが発見され(北緯34度39分55.0秒東経135度54分25.0秒)、火葬された真珠が納められた木櫃と墓誌が出土したと発表された。墓誌の銘文は2行41字。左京の四条四坊に居住したこと、位階勲等は従四位下勲五等だったこと、養老7年7月6日に歿したことなど記載。墓誌銘全文引用は以下の通り。

左亰四條四坊従四位下勲五等太朝臣安萬侶以癸亥
年七月六日卒之 養老七年十二月十五日乙巳

墓は『太安萬侶墓』として1980年(昭和55年)2月19日に国の史跡に指定された[7]。また『太安萬侶墓誌』は、1981年(昭和56年)6月9日に重要文化財(美術工芸品)に指定されている[8]

官歴[編集]

注記のないものは『続日本紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』『弘仁私記』『日本紀竟宴和歌』など
  2. ^ 『阿蘇家略系譜』(田中卓「古代阿蘇氏の一考察」所収)
  3. ^ a b 『古事記』序
  4. ^ 『弘仁私記』序
  5. ^ 黛弘道「太安万侶の墓誌と『続日本紀』」『物部・蘇我氏と古代王権』(吉川弘文館、1995年)
  6. ^ 鷺森浩幸「内外階制と貴族」『天皇と貴族の古代政治史』(塙書房、2018年)
  7. ^ 太安萬侶墓 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  8. ^ a b 太安萬侶墓誌/癸亥年七月六日在銘/奈良県奈良市此瀬町出土 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  9. ^ 『続日本紀』では7日とする
  10. ^ 〔太安万侶追陞ノ件〕、諸雑公文書(請求番号:本館-4E-018-00・雑02478100)、国立公文書館

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]