金星堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金星堂
正式名称 株式会社 金星堂
英文名称 KINSEIDO Publishing Co.,Ltd.
現況 事業継続中
種類 株式会社
市場情報 非上場
出版者記号 7647
取次コード 1387
設立日 1918(大正7)年9月17日
代表者 代表取締役 福岡正人
本社郵便番号 〒101-0051
本社所在地 東京都千代田区神田神保町3-21
資本金 1,000万円
外部リンク https://www.kinsei-do.co.jp//
テンプレートを表示

金星堂(きんせいどう)は東京都千代田区神田神保町3-21にある日本の出版社。 創業時は文芸作品を扱っていたが、現在は大学向け語学教科書の出版社として活動している。

概略[編集]

1918年(大正7年)に福岡益雄により創業された。看板の社名は田山花袋の揮毫による。

1924年(大正13年)、モダニズム文学系の最初の雑誌として知られる『文藝時代』を創刊。川端康成が中心となり、従来の自然主義文学や客観主義とは異なる独自の感覚表現を目指し、新感覚派と呼ばれる新進作家たちの拠点となったことで注目された。

1926年(大正15年)、『文藝時代』に川端康成『伊豆の踊子』が掲載され、翌年に作品集『伊豆の踊子』として刊行。 この時期、田山花袋、菊池寛、川端康成、横光利一稲垣足穂ら当時の文壇の大家、中堅作家の作品を数多く出版した。

昭和初期にはのちに小説家・評論家として知られる伊藤整が編集部員として在籍していた。伊藤は、『チェーホフ全集』、『ジイド全集』等の編集を担当。第一作品集をはじめ、自らの著作の出版も行った。

文芸作品の出版からは戦前で撤退。戦後は語学系出版社として、英語・中国語教科書、英語・英米文学研究書を扱っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]