田山花袋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田山 花袋
(たやま かたい)
Tayama Katai.jpg
誕生 1872年1月22日
日本の旗 日本群馬県
死没 1930年5月13日(満58歳没)
墓地 日本の旗 日本多磨霊園
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 小説
文学活動 自然主義文学
代表作 蒲団』(1907年)
『生』(1908年)
『妻』(1909年)
『田舎教師』(1909年)
『緑』(1910年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

田山 花袋(たやま かたい、1872年1月22日明治4年12月13日) - 1930年昭和5年)5月13日)は、日本小説家。本名、録弥(ろくや)。群馬県(当時は栃木県)生れ。

尾崎紅葉のもとで修行したが、後に国木田独歩柳田國男らと交わる。『蒲団』『田舎教師』などの自然主義派の作品を発表し、その代表的な作家の一人。紀行文にも優れたものがある。

経歴[編集]

栃木県邑楽郡館林町(現在の群馬県館林市)に、田山鋿十郎・てつ夫妻の次男として生れた。田山家は、代々の秋元藩士。父は、1876年(明治9年)警視庁邏卒となり一家で上京するが、1877年(明治10年)西南戦争の際に従軍して肥後飯田山麓の闘いで戦死したため、館林に戻る。

6つ年上の長兄は「大日本地震資料」(ほぼ全部)、「大日本古文書」(1,2巻)を編纂した田山實(みのる。本名実彌登(みやと))であり、『生』の鐐や、『時は過ぎゆく』の中の實のモデルである[1]

1880年(明治13年)冬、9歳で足利で丁稚奉公した後、翌年2月に上京し、京橋区南伝馬町の有隣堂書店で丁稚奉公するが、不都合(詳細不明)により、1882年(15年)5月に帰郷する。

12歳から漢学塾(藩儒吉田陋軒の休々塾。兄が21歳で塾頭となる)で漢詩文を学び、14歳の時には漢詩集を編んだ。また桂園派の和歌や西洋文学にも親しむ。

兄に従い上京し、1890年(明治23年)、柳田國男を知る。翌年に尾崎紅葉のところに入門、その指示で江見水蔭の指導を受ける。『瓜畑』(古桐軒主人名義)を初めて発表し翌年から花袋と号した。当初は硯友社の影響を受けていたが、1896年(明治29年)に国木田独歩島崎藤村と知り合う。翌年、独歩、国男らと『抒情詩』を刊行し、ここに40編の詩を収めた。モーパッサンの影響を強く受け、1902年(明治35年)に『アカツキ叢書』の第5編として書き下ろした『重右衛門の最後』を発表し、これで作家としての力量を認められる。1899年(明治32年)に結婚し、大橋乙羽の紹介で博文館に勤務し、校正を業とする。

1904年(明治37年)、日露戦争が勃発すると、第二軍の写真班で従軍記者をつとめた。3月29日、広島市大手町の宿に同軍軍医部長の森鴎外を訪ねており(初対面)、8月15日に発熱して9月20日に帰国するまでの間、鴎外と頻繁に会っていた。なお、後日「……私は殊に鴎外さんが好きで、『柵草紙』などに出る同氏の審美学上の議論などは非常に愛読した。鴎外さんを愛読した結果は私もその影響を受けた。」と書いた(「私の偽らざる告白」『文章世界』1908年9月)[2]。その頃から自然主義文学の分野を自覚し、評論『露骨なる描写』や小説『少女病』を発表し、新しい文学の担い手として活躍することになる。1906年(明治39年)博文館から『文章世界』が創刊されると編集主任となる。文章世界は当初実用文の投書雑誌を目的に発刊されたが、田山らの影響で、自然主義文学の拠点となる。

1907年(明治40年)に、中年作家の女弟子への複雑な感情を描いた『蒲団』を発表。女弟子に去られた男が、彼女の使用していた蒲団に顔をうずめて匂いを嗅ぎ、涙するという描写は、読者、さらに文壇に衝撃を与えた。この作品によって、日本の自然主義文学の方向が決まった。さらに『生』『妻』『縁』の長編3部作、書き下ろし長編小説『田舎教師』を書き、藤村と並んで代表的な自然主義作家となった。大正に入ってからは自然派の衰退と新鋭作家の登場で次第に文壇の主流から外れていった。だが『一兵卒の銃殺』などの作品を精力的に発表。

また紀行文も秀逸で、『南船北馬』『山行水行』などがある。さらに日本全国の温泉を巡り温泉に関する本も数多く残している。博文館の『日本名勝地誌』の執筆に参加し、後に田山花袋編として『新撰名勝地誌』全12巻の監修をおこなった。

晩年は宗教的心境に至り、精神主義的な作品を多く残した。1928年(昭和3年)末に脳溢血のために入院。さらに喉頭癌を起こし、1930年(昭和5年)5月13日、自宅で死去した。享年58。藤村の書を刻んだ墓は多磨霊園にある。遺志により土葬されたという。

主な作品[編集]

  • 瓜畑(1891)
  • ふる郷(1899)
  • 重右衛門の最期(1902)
  • 蒲団(1907)
  • 少女病(1907)
  • 土手の家(1908) 
  • 生(1908)
  • 妻(1909)
  • 田舎教師(1909)
  • 縁(1910)
  • 時は過ぎ行く(1916)
  • 一兵卒の銃殺(1917)
  • 河ぞひの家(1917)
  • 残雪(1917)
  • 河ぞひの春(1919)
  • 新しい芽(1920)
  • 源義朝(1924)
  • 百夜(1927)
  • 源義経
  • 通盛の妻
  • 再び草の野に
  • 従軍記『第二軍従征日記』(1905)
  • 評論『露骨なる描写』(1904)
  • 紀行文『日本一周』(1914~1916)
  • 紀行文『山水小話』(1917)
  • 回想集『東京の三十年』(1917)
  • 東京震災記(1924年)
  • 温泉めぐり(1926年)

その他[編集]

  • 渋谷区代々木3-49に田山花袋終焉の碑が建てられている。明治39年から死去まで過ごした地である。
  • 館林市に田山花袋記念文学館がある。記念文化館の第2資料館内に「田山花袋旧居」もある。
  • 群馬県で普及している上毛かるたの「ほ」の札は「誇る文豪 田山花袋」である。

脚注[編集]

  1. ^ 『図書館の窓』16巻9号(1977年9月1日)東大史料編纂所助教授皆川完一の文。
  2. ^ 須田喜代次「鴎外と花袋」『講座 森鴎外』第一巻、平川祐弘ほか編、新曜社、1997年、388、403-405頁。なお、相馬庸郎は「……花袋は、その存在の多くの部分を鴎外に負っている」と指摘した(「鴎外と自然主義」『国文学』1973年8月)。

外部リンク[編集]