小栗風葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小栗 風葉
(おぐり ふうよう)
Oguri Fuyo.jpg
小栗風葉
誕生 1875年2月3日
日本の旗 日本愛知県知多郡半田村
死没 (1926-01-15) 1926年1月15日(53歳没)
日本の旗 日本愛知県豊橋市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 錦城中学校
ジャンル 小説
文学活動 硯友社
代表作 『青春』(1905~6年)
配偶者 加藤籌子
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小栗 風葉(おぐり ふうよう、本名:加藤 磯夫(旧姓:小栗)、1875年明治8年)2月3日 - 1926年大正15年)1月15日)は日本の小説家愛知県生まれ。

来歴[編集]

愛知県知多郡半田町(現半田市)に薬種商の長男として生まれる。幼名磯平、のち磯夫と改めた。少年の頃から近世稗史小説を好み、柳亭種彦為永春水らを耽読、また嵯峨の屋おむろ「初恋」などに感動し、『少年園』などに投稿、1889年上京して済生学舎、商業素修学校を経て、錦城中学校に学ぶ。1891年高等学校の入試に失敗し一時不良となるが、文学に志を持ち、尾崎紅葉に入門、1893年九州を放浪し、その経験をもとに「片靨」を書き読売新聞に掲載。1894年に徴兵検査のため一旦帰京するが、家族と進路について対立した末に廃嫡される。再び上京後、兄妹の近親相姦を扱った「寝白粉」を1896年『文藝倶楽部』に発表、ついで「亀甲鶴」を幸田露伴の紹介で『新小説』に発表し文名を確立した。1900年に豊橋市出身の加藤籌子と結婚して婿養子となる。

田山花袋と親しく、花袋の示唆で西洋文学を読み、エミール・ゾラギ・ド・モーパッサンショーペンハウエルなどに影響を受け、数々の作品を発表、門下に岡本霊華真山青果中村武羅夫がいるが、彼らによる代作が多く、のち名声を落す一因となった。また師紅葉が『金色夜叉』を未完のまま死ぬと、その続き『終編金色夜叉』を執筆した。

一躍風葉を有名作家としたのは、紅葉の没後、日露戦争後の世情の中で、ツルゲーネフ『ルージン』に想を得て1905年より読売新聞に連載した『青春』である。これは広く読まれたが、次第に自然主義文学が勃興し、以後あまり振るわずに終わった。谷崎潤一郎がデビュー前、自身の将来に不安を抱いていると、「君だって小栗風葉くらいにはなれるよ」と言われたという。

その後、花袋の「蒲団」に刺激されて自然主義派に傾き、「恋ざめ」で中年の恋を描いたが、次第に代作、翻案が多くなり、国木田独歩の死をきっかけに、「戸塚党」と呼ばれた風葉門下の青果、武羅夫、沼波瓊音らと花袋が衝突、風葉も花袋と決裂するに至り、風葉は1910年に郷里豊橋に隠棲し、亡くなるまで同地で過ごした。1926年1月15日、心嚢炎に肺炎を併発して豊橋の自宅で死去。戒名は友慶院釈風葉[1]

妹は哲学者・梅原猛の義母に当たる。

豊橋市三の丸会館に、記念碑が建てられている[1]

主な作品[編集]

  • 『寝白粉』(『文藝倶楽部』2巻11編、1896年9月)。
  • 『亀甲鶴』(『新小説』1年7号、1896年12月)。
  • 『五反歩』(『新小説』5年9巻、1900年7月)。
  • 『下士官』(『新小説』5年10巻、1900年7月)。
  • 『恋慕ながし』 1900年5月、春陽堂
  • 『黒装束』春陽堂、1901年 
  • 『凉炎』(『新小説』7年4巻、1902年4月)。
  • 『深川女房』(『新小説』10年3巻、1905年3月)。
  • 『卯の花縅』 1905年10月、青木嵩山堂
  • 『麗子夫人』 1906年、隆文館。
  • 青春』 (『讀賣新聞』1905年3月 - 1906年11月)。「春之巻」1905年10月、「夏之巻」1906年1月、「秋之巻」11月、春陽堂。→「岩波文庫」1953年。
  • 『罪と罪』 1907年1月、青木嵩山堂
  • 『ぐうたら女』(『中央公論』1908年4月)。
  • 恋ざめ』1908年4月、新潮社
  • 『世間師』(『中央公論』1908年10月)。
  • 『金色夜叉終編』 1909年4月、新潮社。『金色夜叉』の続き
  • 『無為』(『中央公論』1910年1月)。
  • 『荒尾譲介』 1912年6月、新潮社
  • 『黙従』 1913年、隆文館。
  • 『落潮』 1919年、新潮社

文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)71頁

外部リンク[編集]