大橋乙羽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大橋 乙羽(おおはし おとわ、明治2年6月4日1869年7月12日) - 明治34年(1901年6月1日)は、日本小説家編集者。本名、又太郎。旧姓、渡部。羽前国米沢(現・山形県米沢市)生まれ。

硯友社に入り「こぼれ松葉」「露小袖」などを執筆。のち博文館主人大橋佐平の養子となり、博文館に入社した。著書に小説などをまとめた『花鳥集』『若菜籠』、紀行文集『千山万水』など。

経歴[編集]

明治2年(1869年)6月4日、羽前国米沢の立町二ツ橋畔に生れた。父は渡部治兵衛、母はかつといい、旅館音羽屋を営んでいた。北堤小学校に入り、この頃から作文などが得意であった。

卒業後、山形十日町の呉服商富士屋で商売の見習いをしていたが、次第に文学を志し実家へ戻った。友人と雑誌を作ったりした後、20歳のときに磐梯山爆発の記事を出羽新聞に載せ、これが出版社東陽堂主人の吾妻健三郎の目に留まり、上京し東陽堂に入社した。

風俗画報」「絵画叢誌」を編集し政治小説「霹靂一声」などを書いたが、石橋思案と知り合い硯友社に入った。「こぼれ松葉」「露小袖」「霜夜の虫」などを書き、「上杉鷹山」の挿絵を描いた寺崎広業の紹介で博文館主人の大橋佐平を知った。

大橋佐平(『大橋図書館四十年史』より)

尾崎紅葉の仲立ちでこの大橋家の養子となり、佐平の長女とき(時子)と結婚する。博文館に入り、支配人となって文筆活動を離れていった。硯友社以外にも根岸派樋口一葉らの文人、画家、政財界人への幅広い人脈を活かし、文芸誌のみならず多くの雑誌を成功させた。坪内祐三は、滝田樗陰に先立って、近代日本で編集者という職能を最初に確立した人物と評している。

樋口一葉とは1895年(明治28年)に半井桃水から紹介されて知り合い、乙羽の依頼で一葉は「ゆく雲」「にごりえ」など代表作を発表している。また乙羽の妻・ときも一葉から和歌の指導を受けるなど夫婦で親交があった。

乙羽は紀行文にも妙があり、思案と東北を旅した際の『奥州日記』、1900年に外遊した際の「欧山米水」、特に紀行文集『千山万水』は有名である。外遊から帰国後の1901年、腸チフス筋膜炎を併発し、6月1日午前6時に没した。

著書[編集]

  • 『霹靂一声』二橋散士(大橋又太郎) 松成伊三郎 1889年
  • 『こぼれ梅 金玉均遺案』蚯蚓庵主人 鳳林館 1893年(未確認)
  • 『二人若衆』駸々堂 1896年
  • 『累卵の東洋 政治小説』東京堂 1898年
  • 『若菜籠』博文館 1898年
  • 『花鳥集』博文館 1899年
  • 『千山万水』博文館 1899年
  • 『藤侯実歴』(伊藤博文)博文館 1899年
  • 『初子集』博文館 1899年
  • 『風月集』博文館 1899年
  • 『欧山米水』博文館 1900年
  • 『耶馬渓』博文館 1900年
  • 『欧米小観』博文館 1901年
  • 『大正俳家伝』国華社出版部 1924年(未確認)

編著[編集]

  • 『名流談海』編 博文館 1899年
  • 『教育戊申勅語画談 教育勅語の部』編 富田文陽堂 1910年(未確認)

翻訳[編集]

  • 『探偵小説 銀行の秘密』二橋生、刀川子訳 春陽堂 1893年

脚注[編集]

外部リンク[編集]