岡田美知代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田(永代) 美知代(おかだ(ながよ) みちよ、1885年明治18年)4月15日 - 1968年昭和43年)1月19日)は、日本の文学者、雑誌記者。田山花袋の小説『蒲団』のヒロイン、横山芳子のモデルとして知られる。

広島県甲奴郡上下町(現・府中市上下町[1])に豪商の長女として生まれ、1898年(明治31年)9月神戸女学院に入学するが、文学への志深く、1904年(明治37年)2月退学して上京、1905年(明治38年)、花袋に師事、4月女子英学塾(現・津田塾大学)に入学する。上京の途次、既知の永代静雄と京都で会い親密な仲になる。静雄との関係が花袋に知れて帰郷するが、その後『蒲団』が発表される。再度上京して永代との間に長女千鶴子を儲け、1909年(明治42年)1月花袋の養女として永代と結婚。長女を産んだのち11月いったん永代と別れるが、翌年4月再びともに富山へ行き1911年(明治44年)3月長男太刀男出産。この間、いくつかの短篇を雑誌に発表する。花袋の『妻』、『縁』にも登場する。「ある女の手紙」は花袋への意趣返しの意味を持つ美知代の作品である。

1926年大正15年)、永代と別れ、「主婦之友」記者として太刀男を連れて渡米、花田小太郎と再婚するが、花田は結核のため単身1927年(昭和2年)帰国。1944年(昭和19年)、戦争のため帰国。実妹万寿代の嫁ぎ先の広島県庄原市に住んだ。

第一高等学校明治大学で教鞭を取り、草創期の駿台高等豫備學校講師だった岡田實麿は兄。

岡田美知代の生家は上下歴史文化資料館となっている。

発表作品(永代美知代名義)[編集]

  • 1908年(明治41年)4月「老嬢」文章世界 
  • 1910年(明治43年)9月「ある女の手紙」スバル 
  • 同年10月「里子」スバル
  • 同年12月「一銭銅貨」中央公論
  • 同月「岡澤の家」ホトトギス
  • 1911年(明治44年)4月「清のぐるり」ホトトギス
  • 1913年(大正2年)9月「冷い顔」婦人評論 
  • 1914年(大正3年)1月「郷里のをんな」婦人評論           
  • 同年6月「蛙鳴く声」新小説
  • 1915年(大正4年)12月「秋立つ頃」希望    
  • 1958年(昭和33年)7月「花袋の「蒲団」と私」婦人朝日(『日本文学研究資料叢書 自然主義文学』に所収)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

『「蒲団」をめぐる書簡集』(田山花袋記念館研究叢書 第二巻、館林市)

外部リンク[編集]