初台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 渋谷区 > 初台
初台
—  町丁  —
初台商盛会ショッピングロード
初台の位置(東京23区内)
初台
初台
初台の位置
座標: 北緯35度40分45.09秒 東経139度41分13.16秒 / 北緯35.6791917度 東経139.6869889度 / 35.6791917; 139.6869889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Shibuya, Tokyo.svg 渋谷区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 8,330人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 151-0061[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川
初台 阿波踊り(2010年9月22日撮影)

初台(はつだい)は、東京都渋谷区町名。現行行政地名は初台一丁目および初台二丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は151-0061。

地理[編集]

東京都渋谷区の北部に位置し代々幡地域に属する。、町域北端の一部は新宿区西新宿)との区境にあたる。町域の北部は甲州街道を境に渋谷区本町に、東部は山手通りを境に渋谷区代々木に接している。町域の西から南西にかけては渋谷区西原に接し、南端は渋谷区元代々木町に接する。多くは住宅地として利用される。また、甲州街道沿いを中心とした駅周辺はオフィスビルも多い。本町に所在する代々木警察署及び神南に所在する渋谷消防署の管轄にあたる。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、初台2-8-6の地点で84万5000円/m2となっている[4]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

土井利勝の弟・土井昌勝の妻であり、徳川秀忠乳母でもある初台局領地であることが由来であるという説がある[5]代々木村太田道灌が作った8か所ののうち、一の砦(狼煙台)のあった場所から初台と呼ばれるようになったとの説もある。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
初台一丁目 2,745世帯 4,449人
初台二丁目 2,160世帯 3,881人
4,905世帯 8,330人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
初台一丁目 全域 渋谷区立幡代小学校 渋谷区立代々木中学校
初台二丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳・外国人登録による人口”. 渋谷区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 渋谷区-地名の由来,2017年8月8日閲覧。
  6. ^ 通学区域”. 渋谷区. 2017年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]