宇田川 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇田川(うだがわ)は、東京都渋谷区を流れる河川。暗渠化されている。渋谷川支流。

概要[編集]

渋谷区代々木四丁目、初台西原大山町上原などを源頭とする複数の支流を持ち、一帯の田畑を潤していた。水源の一部には玉川上水の漏水も含まれていたとする文献もある。 最も大きな支流として河骨川があり、童謡『春の小川』の題材となったことで知られる。

各支流は代々木八幡宮の南麓あたりでひとつに合流し、現在の井の頭通りにほぼ沿って南下、渋谷駅横の宮益橋付近で渋谷川に合流していた。

1964年東京オリンピックを前に暗渠化され、現在は下水道(宇田川幹線)となっている。最下流の流路は西武百貨店渋谷店A館とB館の間に埋設されている。また、最下流流域一帯の行政区域は宇田川町と命名されている。

架かっていた橋梁[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]