幡ヶ谷村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

幡ヶ谷村(はたがやむら)はかつて東京府南豊島郡にあった村。

1889年町村制の施行により代々木村と合併して代々幡村となり、その後単独町制し代々幡町となったのち、1932年東京市に編入され、渋谷区の一部となった。現在の東京都渋谷区の最北部にあたる。 詳細は幡ヶ谷を参照。

現在も町名で「幡ヶ谷」があるほか、土地の名刹「荘厳寺」(本町二丁目に所在)の「幡ヶ谷不動尊」にその名をとどめている。