初台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
初台駅
Keio-HatsudaiSTATION.JPG
北口(2007年6月17日
はつだい
Hatsudai
マニュライフ生命 本社 最寄駅)
KO01 新宿 (1.7 km)
(1.0 km) 幡ヶ谷 KO03
所在地 東京都渋谷区初台一丁目53番7号
駅番号 KO02
所属事業者 京王電鉄
所属路線 京王新線
キロ程 1.7 km(新宿起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
65,172人/日
-2019年-
開業年月日 1914年大正3年)6月11日
備考 開業当初の駅名、改正橋駅より改称
1978年10月、新宿 ー 笹塚間複々線化。線増部となる京王新線側へホームを移設
テンプレートを表示

初台駅(はつだいえき)は、東京都渋谷区初台一丁目にある、京王電鉄京王線京王新線)のである。京王東管区所属[注 1]駅番号KO02

年表[編集]

駅構造[編集]

首都高速4号新宿線国道20号甲州街道)の地下に位置し、ホームは上り線と下り線で二層構造となっており、地下2階が上り線、地下3階が下り線である。階段は新宿寄りと幡ヶ谷寄りの2ヶ所にあり、エスカレーターも設置されている。加えて新宿寄りにはエレベーターも設置されている。

幡ヶ谷寄りの階段を上がると地下1階の中央口改札口で、改札内にトイレがある。この中央口改札口を西向きに出ると地下自由通路があり、右に行けば甲州街道の北側に出る北口、左に行けば南側に出る南口である。北口は新国立劇場に直結し、地下式の駐輪場ともつながっている。

新宿寄りの改札口は東口で東京オペラシティに直結している。東口はオペラシティの営業時間に合わせて7時30分から23時30分まで利用できる。東口改札口自体とオペラシティ外に通じる出口は初電から24時まで利用できる。中央口改札口は地下駅化と同時に設置、東口改札口は東京オペラシティからの要望によって設置されたものである。東口改札口が設置される前は、現在の中央口改札口が開業時からの改札口となっていた。

1978年10月31日、新宿 ー 笹塚間複々線化により甲州街道直下の線増部(通称:京王新線)側にホームを移設した。この際に相模原線の快速・通快を新線新宿発着に振り替え、当駅も停車駅としたほか、新宿駅1 - 3番線発着となる京王線側は幡ヶ谷駅と同様に各駅停車を含む全列車が通過となった。その後、京王線側の旧ホームは保線資材置き場、資材搬入口及びトンネルの緊急避難路や駅メンテナンス用の通路として残されている[4]。出口位置の偏りは、京王線側の旧ホームへ繋がる駅舎・コンコースを維持して京王新線側へ接続した名残である。

地上時代は相対式ホームであった。1964年6月7日より地下化、18メートル級6両編成対応の島式ホームであった。

複々線化後の1983年7月17日、当駅 ー 幡ヶ谷付近の京王線側を地下化、連続立体交差事業が竣工した。

1992年5月28日のダイヤ改正から、東京競馬開催時における、ハネ時の臨時特急新宿行きを急行に振り替え、その一部を新線新宿行きとして運転したことにより、急行停車駅となった。

2001年3月27日のダイヤ改正から、新線に定期急行列車を新設、停車駅となった。

駅ホーム脇に通風口がある。これは複々線化に伴い線増部の京王新線側にホームを移設した当初、列車が接近する際の風圧によりホームで待っている乗客だけでなく、集札した乗車券が舞い飛ぶなど駅掛員からも不評だったため、風を逃がすために後から設置されたものである。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 KO 京王新線 下り 幡ヶ谷笹塚明大前調布橋本方面
2 上り 新線新宿S 都営新宿線方面 新線新宿駅から S 都営新宿線へ直通

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員65,172人である[5]

近年の1日平均乗降人員と乗車人員の推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[6]
年度 1日平均
乗降人員[7]
1日平均
乗車人員[8]
出典
1955年(昭和30年) 21,224
1960年(昭和35年) 24,467
[注 2]1964年(昭和39年) 26,427
1965年(昭和40年) 26,936
1969年(昭和44年) 41,939
1970年(昭和45年) 26,853
1975年(昭和50年) 22,702
[注 3]1978年(昭和53年) 21,382
[注 4]1979年(昭和54年) 20,299
1980年(昭和55年) 21,169
1985年(昭和60年) 23,866
1990年(平成02年) 29,290 14,074 [* 1]
1991年(平成03年) 14,388 [* 2]
1992年(平成04年) 14,164 [* 3]
1993年(平成05年) 14,307 [* 4]
1994年(平成06年) 14,825 [* 5]
1995年(平成07年) 31,983 15,505 [* 6]
[注 5]1996年(平成08年) 17,488 [* 7]
[注 6]1997年(平成09年) 20,268 [* 8]
1998年(平成10年) 21,970 [* 9]
1999年(平成11年) 22,077 [* 10]
2000年(平成12年) 43,767 23,153 [* 11]
2001年(平成13年) 23,973 [* 12]
2002年(平成14年) 23,701 [* 13]
2003年(平成15年) 46,015 23,923 [* 14]
2004年(平成16年) 46,937 24,334 [* 15]
2005年(平成17年) 50,101 25,047 [* 16]
2006年(平成18年) 52,292 25,411 [* 17]
2007年(平成19年) 54,908 27,066 [* 18]
2008年(平成20年) 56,033 27,699 [* 19]
2009年(平成21年) 54,310 26,890 [* 20]
2010年(平成22年) 53,811 26,655 [* 21]
2011年(平成23年) 52,958 26,257 [* 22]
2012年(平成24年) 54,153 26,945 [* 23]
2013年(平成25年) 55,618 27,537 [* 24]
2014年(平成26年) 57,610 28,619 [* 25]
2015年(平成27年) 60,281 29,978 [* 26]
2016年(平成28年) 62,154 30,948 [* 27]
2017年(平成29年) 64,347 32,107 [* 28]
2018年(平成30年) 66,016 32,970 [* 29]
2019年(令和元年) 65,172

駅周辺[編集]

駅所在地の渋谷区と新宿区の区境に近接している。下記にある企業や施設によっては新宿区側に存在するものもある。

バス路線[編集]

駅の東側に「東京オペラシティ南」と「新国立劇場前」停留所がある。なお、後者については都営バスを除き「初台駅入口」も併せて表記している。

また、ハチ公バス春の小川ルート(本町・笹塚循環)のみが停車する「オペラ通り」と「新国立劇場(循環の都合上2ヶ所)」がある。ハチ公バスの停留所名は「前」が付かない「新国立劇場」である。

この他、中央口の南側に「初台駅」停留所がある。

1953年より1980年代後半まで、現在東京オペラシティがある敷地の一部に「京王帝都バス新宿営業所」があった。詳細は「京王電鉄バス#かつて存在した営業所」を参照。

東京オペラシティ南[編集]

都営バス
京王バス
  • 渋63:渋谷駅 - 渋谷区役所 - 東京オペラシティ南 - 中野車庫 - 中野駅
  • 渋64:渋谷駅 - 渋谷区役所 - 東京オペラシティ南 - 中野坂上駅 - 中野駅
  • 渋66:渋谷駅(→宇田川町/←神山) - 東京オペラシティ南 - 阿佐ケ谷駅
小田急バス
小田急シティバス

新国立劇場(前・初台駅入口)[編集]

都営バス
  • 渋66:渋谷駅 - 新国立劇場前 - 笹塚駅 - 代田橋 - 方南八幡通り - 堀ノ内 - 杉並車庫 - 阿佐ケ谷駅
京王バス
  • 渋61:新国立劇場(初台駅入口) - 初台駅 - 東大裏 - 渋谷駅 ※土曜日の朝1本のみ運行(祝日の場合は運休)
  • 渋63:渋谷駅 - 渋谷区役所 - 新国立劇場(初台駅入口) - 中野車庫 - 中野駅
  • 渋66:渋谷駅(→宇田川町/←神山) - 新国立劇場(初台駅入口) - 笹塚駅 - 代田橋 - 方南八幡通り - 堀ノ内 - 杉並車庫 - 阿佐ケ谷駅
小田急バス
  • 宿44:新宿駅西口 - 新国立劇場・初台駅入口 - 吉祥寺駅 - 武蔵境駅南口
小田急シティバス
  • 新宿駅西口 - 新国立劇場・初台駅入口 - よみうりランド(季節運行)
ハチ公バス
  • 春の小川ルート:本町小学校・六号大通り方面/渋谷区役所行

初台駅[編集]

京王バス
  • 渋61:初台駅→代々木八幡駅入口→<松涛通り>富ヶ谷交差点→東大裏→東急百貨店→渋谷駅 ※土曜日の朝1本のみ運行(祝日の場合は運休)

駅名の由来[編集]

初代の駅名である「改正橋」は、線路付近の玉川上水に架かっていた橋にちなんでいる。現在、改正橋に残されている親柱・欄干はモニュメントである。

現在の駅名である「初台」は、改名当時の駅南側の地域の地名「渋谷区代々木初台町」からきている。

地名の由来は、代々木村に太田道灌が作った8ヶ所のの内、一の砦(狼煙台)のあった場所から、初台と呼ばれるようになったといわれる。この地に江戸幕府二代将軍徳川秀忠の乳母であった土井昌勝の妻が、徳川家康関東転封直後の1591年天正19年)にこの地に200石を拝領したことから、「初台局(はつだいのつぼね)」と名乗るようになった。初台局の娘で、三代将軍徳川家光の乳母の梅園局が母の菩提寺として「正春寺」を現在の渋谷区代々木三丁目、当時の代々木村山谷(代々木村初台ではない)に創建した。

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

京王電鉄
KO 京王新線
急行・区間急行・快速・各駅停車
新宿駅(新線新宿駅)(KO01) - 初台駅 (KO02) - 幡ヶ谷駅 (KO03)
なお、1945年(昭和20年)7月24日以前にも新宿駅 - 初台駅間には多くの駅が存在していたが、いずれも廃止されている。詳しくは京王線の新宿駅付近の廃駅を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 新宿駅は新宿管区、京王線初台駅 - 仙川駅は京王東管区、つつじヶ丘駅 - 中河原駅・府中競馬正門前駅は京王中央管区、聖蹟桜ヶ丘駅 - 京王八王子駅・多摩動物公園駅・北野駅 - 高尾山口駅は京王西管区。京王相模原線は相模原管区。井の頭線渋谷駅 - 東松原駅は井の頭南管区、明大前駅 - 吉祥寺駅は井の頭北管区[1]
  2. ^ 駅地下化年度
  3. ^ 京王新線開通年度
  4. ^ 都営新宿線相互乗入開始年度
  5. ^ 東京オペラシティ竣工年度
  6. ^ 新国立劇場開場年度

出典[編集]

  1. ^ 京王電鉄 IR・企業情報 > 会社情報 > 会社概要 > 業務組織 京王グループ、2013年6月27日、2020年12月6日閲覧。
  2. ^ “4月1日(水)から副駅名標板を新たに6駅で設置します! 〜新生活に向けた京王線の利便性向上と、地元にゆかりある施設と京王線に親しみを〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京王電鉄, (2015年3月19日), オリジナルの2019年12月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191214182148/https://www.keio.co.jp/news/backnumber/news_release2014/nr150319_fukuekimei.pdf 2020年4月12日閲覧。 
  3. ^ a b “12月15日(火)始発からバレエ・オペラの名曲が京王線初台駅の列車接近メロディーになります!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京王電鉄, (2015年12月2日), オリジナルの2018年8月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180805203428/https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2015/nr151202_hatsudai-melody.pdf 2020年4月18日閲覧。 
  4. ^ NHK総合ブラタモリ』「新宿誕生編」(2012年3月1日放送)より
  5. ^ 1日の駅別乗降人員 - 京王電鉄
  6. ^ 渋谷区勢概要 - 渋谷区
  7. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  8. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]