百草園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
百草園駅
Mogusaen-Sta-N.JPG
北口(2012年4月)
もぐさえん
Mogusaen
KO27 聖蹟桜ヶ丘 (1.7km)
(1.7km) 高幡不動 KO29
所在地 東京都日野市百草209
駅番号 KO28
所属事業者 京王電鉄
所属路線 京王線
キロ程 28.0km(新宿起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
7,620人/日
-2019年-
開業年月日 1925年大正14年)3月24日
テンプレートを表示

百草園駅(もぐさえんえき)は、東京都日野市百草にある、京王電鉄京王線である。駅番号KO28京王百草園の最寄駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、橋上駅舎をもつ。高幡不動方のプラットホームは、玉南電気鉄道開業時のホームが後に嵩上げされたものが現在でも使用されている。ホームがカーブしているため、乗降の際は足元に注意が必要である。

トイレは2階(橋上駅舎)改札口内にある。ユニバーサルデザインの一環として「だれでもトイレ」も設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 KO 京王線 下り 京王八王子高尾山口多摩動物公園方面
2 上り 調布明大前笹塚新宿S都営新宿線方面

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員7,620人である[3]

近年の1日平均乗降人員及び乗車人員の推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[4]
年度 1日平均
乗降人員[5]
1日平均
乗車人員[6]
出典
1955年(昭和30年) 1,002
1960年(昭和35年) 1,754
1965年(昭和40年) 3,625
1970年(昭和45年) 5,642
1975年(昭和50年) 6,957
1980年(昭和55年) 6,504
1985年(昭和60年) 6,908
1990年(平成02年) 8,060 4,115 [* 1]
1991年(平成03年) 4,199 [* 2]
1992年(平成04年) 4,271 [* 3]
1993年(平成05年) 4,455 [* 4]
1994年(平成06年) 4,479 [* 5]
1995年(平成07年) 8,957 4,585 [* 6]
1996年(平成08年) 9,002 4,614 [* 7]
1997年(平成09年) 4,581 [* 8]
1998年(平成10年) 4,510 [* 9]
1999年(平成11年) 4,208 [* 10]
2000年(平成12年) 8,176 4,112 [* 11]
2001年(平成13年) 4,123 [* 12]
2002年(平成14年) 4,036 [* 13]
2003年(平成15年) 8,003 3,967 [* 14]
2004年(平成16年) 7,806 3,868 [* 15]
2005年(平成17年) 7,933 3,964 [* 16]
2006年(平成18年) 7,727 3,896 [* 17]
2007年(平成19年) 7,859 3,989 [* 18]
2008年(平成20年) 7,906 4,025 [* 19]
2009年(平成21年) 7,734 3,937 [* 20]
2010年(平成22年) 7,627 3,879 [* 21]
2011年(平成23年) 7,550 3,828 [* 22]
2012年(平成24年) 7,510 3,814 [* 23]
2013年(平成25年) 7,541 3,830 [* 24]
2014年(平成26年) 7,524 3,811 [* 25]
2015年(平成27年) 7,919 4,003 [* 26]
2016年(平成28年) 7,943 4,016 [* 27]
2017年(平成29年) 7,823 3,951 [* 28]
2018年(平成30年) 7,967 3,888 [* 29]
2019年(令和元年) 7,620

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

南口[編集]

百草園駅

北口[編集]

百草園駅北
  • ひのミニバス
    • <O-落川路線> 金田公園経由 高幡不動駅行 / 聖蹟桜ヶ丘駅行

付記[編集]

  • 映画『ふりむけば愛』(1978年公開)では、主人公(三浦友和)の居住地という設定になっている。
  • 映画『耳をすませば』(1995年公開)では物語の舞台となったのは隣の聖蹟桜ヶ丘駅(多摩市)とその周辺であるが、主人公が住む街の最寄駅(劇中では「向原駅」)は百草園駅がモデルとなっている。(OPの駅舎やコンビニなどの位置関係は劇中とは大きく異なる。)

駅名の由来[編集]

当初の「百草」は駅設置場所の地名から。地名の由来は江戸時代に造園され、武蔵野が草深い地だったことから名付けられた「百草園」があることによる。現在の駅名は百草園に由来する。

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

京王電鉄
KO 京王線
京王ライナー特急・準特急・急行
通過
区間急行(上りのみ運転)・快速・各駅停車
聖蹟桜ヶ丘駅 (KO27) - 百草園駅 (KO28) - 高幡不動駅 (KO29)
  • 2013年3月まで百草園での「新緑まつり」・「春の百草園まつり」・「梅まつり」・「紅葉まつり」開催時は、土曜・休日のみ一部の特急・準特急・急行が臨時停車していた[注釈 1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 京王電鉄によると、「飛田給駅味の素スタジアム)や東府中駅東京競馬場)や中河原駅せいせき多摩川花火大会)と比べて利用客が少なく、新宿駅から「特急」に乗った場合、「府中駅で各停に乗り換えられるのになぜ臨時停車するのか」という意見があり、2013年4月から臨時停車は実施しないことにした」とのことである。

出典[編集]

利用状況[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]