渋谷区役所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渋谷区役所仮庁舎
Shibuya City Office4b.jpg区立神南小学校横より見た新区庁舎
(2018年10月16日撮影)
情報
建築主 渋谷区
事業主体 渋谷区
管理運営 渋谷区
所在地 150-8010
渋谷区渋谷1丁目18番21号
テンプレートを表示
渋谷区役所庁舎(旧庁舎)
Shibuya city office.jpg
情報
用途 渋谷区行政の中枢施設
建築主 渋谷区
事業主体 渋谷区
管理運営 渋谷区
構造形式 鉄筋コンクリート構造
階数 地上7階、地下1階
所在地 150-0771
渋谷区宇田川町1番1号
特記事項 2015年10月9日業務終了、建て替え後、2019年1月に新庁舎開庁予定
テンプレートを表示

渋谷区役所(しぶやくやくしょ)は、特別地方公共団体特別区)である渋谷区の組織が入る施設(役所)である。

概要[編集]

渋谷区が成立した1932年昭和7年)10月当時、区役所は現在の渋谷区二丁目[1]にあった旧渋谷町役場・旧渋谷村役場を引き継いで開設された[2]

その4年後となる1936年昭和11年)12月、山手線明治通りに程近い、その後東京電力・電力館となった場所(当時の住所で渋谷区神宮通一丁目)に新庁舎が完成した[3]。この庁舎は地上3階建てで、公会堂も付設されていた[4]

1964年東京オリンピックが開催された翌年である1965年昭和40年)、渋谷区役所は現在の宇田川町にあたる場所に移転した[4]。区役所の組織の他、渋谷区福祉事務所、渋谷区保健所、渋谷都税事務所水道局渋谷営業所などがあった。

2013年2月、桑原敏武区長が『施設の老朽化と震災対策のため、渋谷区役所庁舎及び渋谷公会堂を解体し、建て替えたい』という方針を表明、その後渋谷区議会で特別委員会を設置して区役所と公会堂の今後について検討を重ねた結果、2013年9月に渋谷区議会本会議に於いて『渋谷区役所庁舎及び渋谷公会堂の建て替え』を賛成多数で決議した[5]。これにより、渋谷区役所庁舎は2015年度より解体並びに建て替え工事に入るため[5]2015年10月13日より仮庁舎に移転している。建て替え後の新庁舎の開庁は2019年1月の予定[6]

なお、2015年10月25日から11月3日まで、旧庁舎を活用したデザイン・アートイベント「シブヤのタマゴ ~区役所解体。ラストフェスティバル。」が開催された。期間中、建物外観が特大の「COLORS」のカラフル文字で彩られた。

新庁舎建設工事状況

交通[編集]

渋谷区役所仮庁舎

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在の住所で、渋谷区東二丁目20-18に所在した
  2. ^ 東京散歩・東京散策 いい東京ee-tokyo.com 平成24年7月18日閲覧
  3. ^ 散策マップ No.1 『渋谷駅から渋谷のルーツをたずねて』 渋谷区歴史散歩の会 平成13年10月発行
  4. ^ a b 『渋谷の記憶II 写真でみる今と昔』 渋谷区教育委員会発行 平成21年3月10日発行
  5. ^ a b 渋谷公会堂:建て替えへ 1964年東京五輪で使用 毎日新聞 2013年9月11日閲覧
  6. ^ しぶや区ニュース No.1382 2018年3月23日号(新庁舎特集号) (PDF) - 渋谷区

外部リンク[編集]