新宿マインズタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新宿マインズタワー
SHINJUKU MAYNDS TOWER
Mayndstower.JPG
新宿マインズタワーの位置(東京都区部内)
新宿マインズタワー
新宿マインズタワー
施設情報
所在地 東京都渋谷区代々木2-1-1
座標 北緯35度41分11.83秒
東経139度41分55.95秒
座標: 北緯35度41分11.83秒 東経139度41分55.95秒
状態 完成
着工 1992年5月
竣工 1995年9月
用途 店舗事務所
地上高
高さ 161m
各種諸元
階数 地上34階、地下3階、塔屋2階
敷地面積 11,500.48
建築面積 3,804.59
延床面積 97,978.74
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター数 24基(三菱製8基、日立製7基、東芝製9基)
関連企業
設計 日本設計
施工 大成建設竹中工務店鉄建建設熊谷組安藤建設
デベロッパー レールシティ東開発
所有者 大和証券オフィス投資法人

新宿マインズタワー(しんじゅくマインズタワー、マインズは「MAYNDS」)は、東京都渋谷区代々木二丁目にある超高層オフィスビルである。

概要[編集]

隣接する旧国鉄中央鉄道病院(現:JR東京総合病院)職員寮の跡地であり、資産を承継した日本国有鉄道清算事業団(現:鉄道建設・運輸施設整備支援機構)子会社のレールシティ東開発が施主となり着工[1]、1995年に竣工。同社としては最初のテナントオフィスビルかつ、新宿駅南口界隈初の超高層ビルである。

1階と地下には飲食店がある。また、都営大江戸線新宿駅開通時に大江戸線専用のA1出口と直結されている(大江戸線・都営新宿線以外の入出場は不可)。また、南方向に徒歩5分ほどで代々木駅にも到達する。

レールシティ東開発の出資者である日本生命保険第一生命保険住友生命保険が当初区分所有していたが、2005年にダヴィンチ・ホールディングスが組成したファンドがその殆どを買収し、有限会社新宿マインズタワーを設立。一部テナントに対して賃料値上げ訴訟を提起した(対岸のタカシマヤタイムズスクエアでも同様の事態が起きる)。その後大和証券オフィス投資法人が2007年に買収し、J-REITの投資物件となっている。

テナント企業[編集]

店舗[編集]

1階
ATM
地下1階

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「新宿駅南口再生計画出そろう JR東日本が本社ビルを小田急と共同開発」『読売新聞』1992年9月9日