渋谷インフォスタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渋谷インフォスタワー
Shibuya Infoss Tower
Shibuya Infoss Tower 2012 Tokyo.JPG
渋谷インフォスタワー(中央)
渋谷インフォスタワーの位置(東京都区部内)
渋谷インフォスタワー
渋谷インフォスタワー
施設情報
所在地 東京都渋谷区桜丘町 20-1
座標 北緯35度39分18.9秒 東経139度42分3.1秒 / 北緯35.655250度 東経139.700861度 / 35.655250; 139.700861座標: 北緯35度39分18.9秒 東経139度42分3.1秒 / 北緯35.655250度 東経139.700861度 / 35.655250; 139.700861
状態 完成
着工 1994年(平成6年)9月
竣工 1998年(平成10年)3月
用途 事務所店舗専修学校共同住宅駐車場
地上高
屋上 102.00m
各種諸元
階数 地上21階地下4階 塔屋1階
敷地面積 5,617.09
建築面積 1,893 建蔽率34%)
延床面積 39,365.64 容積率701%)
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
戸数 4戸
駐車台数 164台
関連企業
設計 芦原建築設計研究所
施工 大林組清水建設熊谷組鹿島建設・白石建設・坂田建設
デベロッパー 住友不動産

北緯35度39分18.9秒
東経139度42分3.1秒

渋谷インフォスタワー(しぶやインフォスタワー、Shibuya Infoss Tower)は、東京渋谷にある住友不動産が開発・保有する超高層複合ビルである。

概要[編集]

渋谷インフォスタワー(中央)

1998年(平成10年)3月に竣工。竣工当時の渋谷駅周辺では東邦生命本社ビル以来約23年ぶりとなる超高層ビルであり、オフィス区画にはインターキュー(現:GMOインターネット)など複数のIT系企業が入居し、ネットバブル前夜の1999年頃に生まれた新語「ビットバレー」発祥の地の一翼であった。

最上部の21階と20階は住居区画であり、高級賃貸レジデンス「渋谷インフォスタワーハイツ」として運営されている。また、地下1階にはスポーツクラブがあり、プール部分は地上までの吹き抜けとなっている。

レジデンスにはかつて元タレントの飯島愛が21階に居住しており、2008年(平成20年)12月に自宅居室で倒れているのが発見され、その後死亡が確認された。また、この報道により居住の事実が報じられた[1]

データ[編集]

  • 住所:東京都渋谷区桜丘町 20-1
  • 階数:地上21階・地下4階 延床面積 39,395.64m²(11,917.48坪)、貸室面積 17,337.84m²(5,244.83坪)
  • 竣工:1998年3月
  • 駐車場:164台(すべて月極契約)

主な施設[編集]

※階層不明:GMOクリック証券

脚注[編集]

  1. ^ 「24日午後3時15分ごろ、東京都渋谷区桜丘町の渋谷インフォスタワー21階の一室で、元タレントの飯島愛さん(36)が倒れているのを、知人女性が発見、119番通報した」 asahi.com (朝日新聞社)、2008年12月24日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]